にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
今年(2018年)5月に訪問で、年末の掲載となってしまいましたが、鉄道模型のジオラマ作りの参考にもなりそうな、「東京ガス 横浜ショールーム」の話題です。

※写真撮影とブログ等ネットへの掲載について、個人かつ非営利という条件で、事前に許可を得ています。
(写真1 東京ガス 横浜ショールーム)
東京ガス 横浜ショールーム

面白いところがあるという紹介で、みなとみらい線(東急東横線直通)みなとみらい駅からすぐの、“MARK IS みなとみらい”にある「東京ガス 横浜ショールーム」へ出かけました。
(写真2 横浜高速鉄道みなとみらい線みなとみらい駅)
横浜高速鉄道みなとみらい線みなとみらい駅

ショールームといっても、商品が並んでいるだけではなく、家や庭などもいくつか作られていています。
(写真3 ビルの中に家や庭がつくられている様子)
ビルの中に家や庭がつくられている様子

中をのぞくと、室内もきちんと設定されていて、おしゃれな空間となっています。
(写真4 デザイナーによってつくられた室内)
デザイナーによってつくられた室内

別のコーナーでは、部屋の中を中心に年代設定がされていて、当時をしっかりと再現したところもあります。
(写真5 なつかしさを感じられる設定の部屋)
なつかしさを感じられる設定の部屋

ガスを使った日常を便利にする様々な商品の紹介・体験コーナーもたくさんありますが、これからの時代を先取りするようなものもあり、詳細なつくりをすることが多くなった鉄道模型のジオラマづくりにも、これからの建物と周辺の機器など、何かと参考になるのではないかと思いました。
(写真6 ガスを使って電気を作る装置)
ガスを使って電気を作る装置

住まいもどんどん進化してきていますけれど、快適な生活を考えるうえでも、とても楽しく勉強になるところではないでしょうか。
相鉄・東急直通線(仮称)新横浜駅工事の進捗は、相鉄線羽沢横浜国大駅と同じく、約7ヶ月ぶりの2018年12月下旬の様子です。

今回も、横浜市営バス、川崎鶴見臨港バス(京急グループ)のホテル前バス停付近から見ていきます。
(写真1 川崎鶴見臨港バスとホテル前バス停)
川崎鶴見臨港バスとホテル前バス停

平成も終わろうとしていますが、工事の終わりは、上から修正されていて、平成33年2月に予定されています。
(写真2 相鉄・東急直通線工事の案内板)
相鉄・東急直通線工事の案内板

このあたりの地上付近は、これまでと大きく変わったようには見えませんでした。
(写真3 ホテル前バス停付近)
ホテル前バス停付近

ただし、交差点に近いところ(地下は、横浜市営地下鉄との交差)では、作業員の姿もみられ、重機も使われていました。
(写真4 歩道橋からホテル前バス停付近)
歩道橋からホテル前バス停付近

公式からの工事の進捗状況発表は、11月末のもとなっていました。
(写真5 相鉄・東急直通線 新横浜駅 工事の進捗状況)
相鉄・東急直通線 新横浜駅 工事の進捗状況

サークル状の歩道橋から、さらに、交番跡地なども見てみます。
(写真6 旧交番跡地)
旧交番跡地

そして、向かいのコンビニエンスストア側へと続きますが、見えないところ(地下)で工事が進んでいるようで、以前よりも音が頻繁に聞こえてきました。
(写真7 コンビニエンスストア側)
コンビニエンスストア側

JR横浜線・東海道新幹線の新横浜駅前も、地上に限って言えば同じような状況です。
(写真8 交差点付近の東急バスほか)
交差点付近の東急バスほか

また、様子を見ながら記録していきたいと思っています。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の42回目です。

まずは、“工場が並ぶ”モジュールの「世田谷学園 鉄道研究同好会」の作品です。
山手線との組み合わせ自体は作品と無関係ですが、E235系が妙にあっているようにも見えます。
(写真1 世田谷学園 鉄道研究同好会)
世田谷学園 鉄道研究同好会

建物の錆や汚れなどをしっかりと再現するほか、煙突からの煙などの表現も面白いところです。
(写真2 工場)
工場

つぎは、“隅田川沿いの桜並木”というタイトルの「東大寺学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
桜の木の先に見えるガード下の交差点付近など、とてもリアルな感じです。
(写真3 東大寺学園高等学校 鉄道研究部)
東大寺学園高等学校 鉄道研究部

タイトルにもある墨田川も、それにかかる鉄橋とともに作られています。
(写真4 隅田川と桜並木)
隅田川と桜並木

つづいては、JR武蔵野線の“新小平駅”と再現した「城北埼玉高校 鉄道研究部」の作品です。
「新小平駅の日常」というタイルがつけられています。
(写真5 城北埼玉高校 鉄道研究部)
城北埼玉高校 鉄道研究部

駅舎とホームの位置関係に特徴のあるところを、上手に作り上げています。
(写真6 新小平駅のモジュールより)
新小平駅のモジュールより

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、あと、もう少し続きます。
相鉄・JR直通線/相鉄・東急直通線(新横浜線)「羽沢横浜国大駅」工事とセットで記録しているJR貨物 横浜羽沢駅の2018年12月下旬の様子です。
(写真1 JR貨物 横浜羽沢駅 2018年12月下旬)
JR貨物 横浜羽沢駅 2018年12月下旬

今回は、貨車を移動していましたので、その様子を見てきました。
(写真2 作業中のディーゼル機関車)
作業中のディーゼル機関車

連結していた貨車を切り離して、単機でポイントを渡ってくるところなどは、なかなかおもしろいところです。
(写真3 ポイントを渡るディーゼル機関車)
ポイントを渡るディーゼル機関車

そして、謎?の踏切は、一連の作業で動作していました。
(写真4 作動中の踏切)
作動中の踏切

一般車が通るわけではありませんが、警報機に遮断機と、しっかりとした設備になっています。
なお、背後には、建設中の相鉄線羽沢横浜国大駅も見えます。
(写真5 踏切と相鉄線羽沢横浜国大駅)
踏切と相鉄線羽沢横浜国大駅

それから、保線車両も止まっていましたが、軌道モーターカーには、桜とひまわりが描かれていました。
(写真6 保線車両)
保線車両

JR貨物の横浜羽沢駅も、少しずつ変化してきています。
(今回は、プラットホーム側の記録は省略しています。)
また、機会を見て、横浜羽沢駅、羽沢横浜国大駅を記録していきたいと思っています。
横浜羽沢駅(JR貨物)の記録の前に、2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の41回目です。

1校目は、“鉄道✕ロケット”というタイトルの「英数学館高等学校 科学部」の作品です。
発射台や運搬車両など設定がしっかりとしています。
(写真1 英数学館高等学校 科学部)
英数学館高等学校 科学部

角度も変えることができるなど、全体として、とてもリアルな作りになっています。
(写真2 鉄道✕ロケット)
鉄道✕ロケット

2校目は、JR大阪環状線・桜島線、阪神電車の“西九条駅”を再現した「淳心学院中・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
立体交差やホームの看板など、ポイントを押さえて特徴を出しています。
(写真3 淳心学院中・高等学校 鉄道研究部)
淳心学院中・高等学校 鉄道研究部

道路との交差や交差点なども作られています。
(写真4 西九条駅のモジュールより)
西九条駅のモジュールより

3校目は、“無人駅や牧場”などが見られる「開成学園高等学校 模型部」の作品です。
山間部の駅を中心とした風景は、コーナーを生かした配置になっています。
(写真5 開成学園高等学校 模型部)
開成学園高等学校 模型部

3校目は、“小さな駅や公園など”がある「開成学園高等学校 模型部」の作品です。
作業中の車両や駅前のバスのシーンをはじめ、のどかな感じのするモジュールです。
(写真6 片山学園中学校・高等学校 鉄道研究会)
片山学園中学校・高等学校 鉄道研究会

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、もうしばらく続きます。