にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の27回目です。

1校目は、“東京湾アクアライン”というタイトルの「本郷中学校・高等学校 技術工作研究会」の作品です。
神奈川県の川崎と千葉県の木更津を結ぶ有料道路に、実際にはない鉄道と入れ替えたモジュールです。
(写真1 本郷中学校・高等学校 技術工作研究会)
本郷中学校・高等学校 技術工作研究会

木更津の「海ほたる」、川崎の「風の塔」など、人工島を中心にして構成されて、高さもかなりあり、迫力のある作品となっています。
(写真2 東京湾アクアライン)
東京湾アクアライン


2校目は、JR北海道の“釧網本線”をモデルにした「江戸川学園取手高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
田植えが始まる直前の季節を表現しています。
(写真3 江戸川学園取手高等学校 鉄道研究同好会)
江戸川学園取手高等学校 鉄道研究同好会

のどかな風景の中に作られている駅のホーム上には、ミラーもしっかりと再現されています。
(写真4 再現されたプラットホームのミラー)
再現されたプラットホームのミラー

2校目は、JR山手線などの“上野駅”をテーマにした「日々輝学園高等学校 東京校 鉄道・パソコン部」の作品です。
特徴ある駅舎を、面白い作りで再現しています。
(写真5 日々輝学園高等学校 東京校 鉄道・パソコン部)
日々輝学園高等学校 東京校 鉄道・パソコン部

その下には、常磐線の発着ホームをイメージしたものかと思われる照明の点灯する情景も作られています。
(写真6 上野駅のジオラマから)
上野駅のジオラマから

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、さらに作品を紹介していきたいと思っています。