にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の25回目です。

今回は、“川越の立体交差”というタイトルの「慶応義塾大学志木高等学校 鉄道研究会」の作品です。
川越のJR川越線、東武東上線、西武新宿線が交差するところを表現しています。
(写真1 慶応義塾大学志木高等学校 鉄道研究会)
慶応義塾大学志木高等学校 鉄道研究会

1枚目の写真と同じところを別角度から見ると、先には東武東上線、また、下には単線の西武新宿線の線路が見えます。
(写真2 プラ棒で一部自作の橋と西武新宿線など)
プラ棒で一部自作の橋と西武新宿線など

このシーンは、モジュール全体を見たときには、一番左側に作られています。
(写真3 川越の立体交差モジュール全体)
川越の立体交差モジュール全体

さらに細か所を見ていきますと、バラストから、線路わきの草、機器のボックスまで、とても丁寧につくられています。
(写真4 JR東日本の車両と設備機器のボックス)
JR東日本の車両と設備機器のボックス

場面はかわって、右側に位置する公園も、とてもリアルです。
(写真5 公園付近)
公園付近

このほか、見過ごしてしまいそうな小さなトンネルにもライトが点灯するという、とても考えられた作品となっています。
(写真6 ライトが仕込まれた小さなトンネル)
ライトが仕込まれた小さなトンネル

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだ、たくさんの参加団体(校)の作品を紹介できればと思っています。