にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
このところ、103系といえば高運転台非ATC車の話題が多かったので、屋根上(屋根・クーラー・ベンチレーター)の塗り替えと、JRマーク・自作方向幕の貼り付け作業が済んだKATO(鉄道模型・Nゲージ)103系高運転台ATC車を全5色並べて撮影してみました。
(写真1 KATO 103系高運転台ATC車 JRマーク)
KATO 103系高運転台ATC車 JRマーク

左から、オレンジ:武蔵野線、カナリア:南武線、ウグイス:山手線で次に続きます。
(写真2 Nゲージ 武蔵野線・南武線・山手線)
Nゲージ 武蔵野線・南武線・山手線

エメラルドグリーン:常磐線快速、スカイブルー:京浜東北線です。
ちなみに、掲載済みですが、中央線快速(国鉄)と、中央・総武線各駅停車(JR)は、非ATC車で仕上げています。
このほか、KATO 103系高運転台ATC車は、JRマークなしの国鉄仕様で、山手線、京浜東北線、横浜線が完成しています。
(写真3 Nゲージ 山手線・常磐線快速・京浜東北線)
Nゲージ 山手線・常磐線快速・京浜東北線

おまけに、線路を敷いて載せてみましたけれど、実車で並んだらきれいで迫力がありそうです。
(写真4 KATO 103系高運転台ATC車 全5色)
KATO 103系高運転台ATC車 全5色

ちなみに、正面からの線路付き全体写真がないのは、 複線レールだと間隔が広く撮りづらいからです。
KATOの単線レールも、もう少し欲しいと思いました。
(写真5 KATOの複線線路幅)
KATOの複線線路幅

KATOの103系も少し手を入れると、古い設計とはいえ、まだまだ楽しく遊べそうです。