にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の24回目です。

まずは、“お台場”をテーマにした「芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
なかでもこだわったという観覧車は、お台場では注目のスポットの一つです。
(写真1 芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部)
芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部

そして、メインともいうべきテレビ局は、球体をはじめ、特徴ある構造を再現しています。
(写真2 お台場)
お台場

建物の前には都営バスも見られますが、まだ、13号地と呼ばれ、局舎も建設中だったころもバス停があって、早い段階で運行していたことを思い出します。
(写真3 都営バス)
都営バス

つづいては、“お城のある風景~秋”というタイトルの「横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部」の作品です。
島原城がモデルとなっています。
(写真4 横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部)
横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部

小さな医院付近の情景は、なかなかいい感じです。
また、秋祭り中ということで、屋台もみられます。
(写真5 医院と屋台)
医院と屋台

手作りの紅葉した木々や、市販品などを上手に組み合わせてモジュールを作り上げています。
(写真6 お城のある風景~秋より)
お城のある風景~秋より

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、さらに続きます。