にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
グリーンマックス(鉄道模型・Nゲージ)の舗道セットと、それに合わせて作った道路(幅)見本に、線路を足して簡易配置をしてみました。
また、今回は、東海道線と川崎鶴見臨港バス(京急グループ)の組み合わせです。
(写真1 舗道セットと道路見本を使った簡易配置)
舗道セットと道路見本を使った簡易配置

どんなシーンなら飽きずに楽しむことができるか悩むところです。
(写真2 東海道線と臨港バスを使った簡易配置)
東海道線と臨港バスを使った簡易配置

ほかにも、配置を試してみたいことがいくつもあるので、情景パーツを製作しながら、また、並べてみたいと思っています。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の31回目です。

まずは、JR山陰本線“保津峡駅”を表現した「京都共栄学園中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
同駅の秘境駅感を、いろいろと工夫を凝らして再現しています。
(写真1 京都共栄学園中学校・高等学校 鉄道研究部)
京都共栄学園中学校・高等学校 鉄道研究部

このモジュールは、駅などの配置が面白く、駅を下から見上げてもいい感じです。
(写真2 保津峡駅を下から見上げる)
保津峡駅を下から見上げる

木々や岩なども丁寧に作られていて、線路には架線も張られています。
(写真3 ホームや架線など)
ホームや架線など

つづいては、JR中央線“日野駅”をモデルした「武蔵高等学校中学校 鉄道研究部」の作品です。
特徴のある駅舎など、周辺の雰囲気をそのままモジュールにまとめています。
(写真4 武蔵高等学校中学校 鉄道研究部)
武蔵高等学校中学校 鉄道研究部

駅周辺のバスなども、イメージに合わせています。
(写真5 JR中央線日野駅のモジュールから)
JR中央線日野駅のモジュールから

通路側からのぞけないところの細かい作りは、鏡を使って見えるようにしています。
(写真6 見えないところを鏡を使ってアピール)
見えないところを鏡を使ってアピール

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだ続きます。
グリーンマックス(鉄道模型・Nゲージ)の舗道セットの記事で、道路も作りたいと書きましたけれど、車道やラインの幅などを決めるために画像データを作り、家庭用インクジェットプリンターで、普通紙(コピー用紙)に印刷しました。
塗装する予定ではありますが、アスファルトの感じも出て、紙もかなりいいのではないかと思いました。
(写真1 道路幅見本と川崎鶴見臨港バス)
道路幅見本と川崎鶴見臨港バス

ちなみに、道路の幅などは、ネットで公開されている横浜市(行政)のデータと、国土交通省の道路技術基準の体系を参考にしました。
(写真2 ジオコレを使った道路幅見本)
ジオコレを使った道路幅見本

今回も、川崎鶴見臨港バス(京急グループ)との組み合わせとなりますが、ジオラマのイメージが膨らみます。
次は、道路見本を使って、線路がある簡易配置も試してみたいと考えています。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の30回目です。

1校目は、山手線・京浜東北線(東海道線)“有楽町駅~新橋駅間の赤レンガアーチ高架”を再現した「東京都立産業技術高等専門学校 品川キャンパス 鉄道総合研究会」の作品です。
道路と交差するところには橋が架かっていますが、そんな様子もみられます。
(写真1 東京都立産業技術高等専門学校 鉄道総合研究会)
東京都立産業技術高等専門学校 鉄道総合研究会

赤レンガアーチ高架脇の狭い通りや高架上の線路など、細かいところまでしっかりと作られています。
(写真2 有楽町駅~新橋駅間の風景)
有楽町駅~新橋駅間の風景

2校目は、小田急電鉄小田原線新松田駅~開成駅間にかかる“十文字橋”を再現した「東京都立総合工科高等学校 交通研究同好会」の作品です。
橋梁や河川敷など、とてもきれいに作られています。
(写真3 東京都立総合工科高等学校 交通研究同好会)
東京都立総合工科高等学校 交通研究同好会

鉄橋の下を流れる酒匂川では、釣りなどをする人々なども表現されています。
(写真4 酒匂川で釣りなどをする人々)
酒匂川で釣りなどをする人々

3校目は、JR東北本線“船岡駅~大河原駅間”を再現した「埼玉県立大宮工業高等学校 鉄道愛好会」の作品です。
線路沿いに咲く桜の様子を少しアレンジして、賑やかな夜桜見物の風景としています。
(写真5 埼玉県立大宮工業高等学校 鉄道愛好会)
埼玉県立大宮工業高等学校 鉄道愛好会

LEDによる電飾やたくさんの屋台など、華やかなモジュールとなっています。
(写真6 夜桜の屋台)
夜桜の屋台

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだ多くの参加団体(校)をご紹介できそうです。
製品の塗装ムラがひどく、一部は(塗料で)埋まっている塗装のはがしを予定の、TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)「コンビニエンスストア(ファミリーマート)」は、うすめ液、ペイントリムーバーのどちらでも塗料が落ちず、プラ素材が崩壊してしまうタイプということがテストでわかり、外壁のレンガ調モールドをすべて削ることにしました。
従来仕様というか、現在、多くの店舗でみられる、白っぽい(アイボリー)壁のコンビニエンスストアに変更としました。
(写真1 TOMIX コンビニエンスストアの外壁削り)
TOMIX コンビニエンスストアの外壁削り

外壁とあわせて、看板も削りました。
コンビニから他の業種に変更したような店舗も作れそうな感じになりましたけれど、この先どうなるか、いろいろと思案中です。
(写真2 TOMIX コンビニエンスストアの看板削り)
TOMIX コンビニエンスストアの看板削り

いろいろと試してみたいことがあるで、加工しながら、思わぬ方向へ行くかもしれません・・・。