にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の18回目です。

1校目は、山陰本線(嵯峨野線)“保津峡駅”をテーマにした「広島城北中・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
紅葉のシーズンを、色鮮やかに表現しています。
(写真1 広島城北中・高等学校 鉄道研究部)
広島城北中・高等学校 鉄道研究部

完全再現というわけではありませんが、イメージをしっかりと保って、細かいところまでしっかりと作られています。
(写真2 保津峡駅のジオラマから)
保津峡駅のジオラマから

コーナーを生かしての配置で、旧線のイメージと切り離して、カーブ区間の迫力も楽しめます。
(写真3 コーナーを生かした配置)
コーナーを生かした配置

レジンを使った川の流れもすてきで、川下りの様子も再現されています。
(写真4 きれいな川の表現)
きれいな川の表現

2校目は、ドイツの都市リューディスハイムと“ライン川”を再現した「穎明館中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
ヨーロッパの雰囲気を楽しめるつくりになっていて、テーマになっているライン川は、いくつかのシーンで構成されています。
(写真5 穎明館中学高等学校 鉄道研究部)
穎明館中学高等学校 鉄道研究部

3校目は、東海道線(JR東日本)“早川駅~根府川間”を再現した「関東学院中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
遠近法とハンドメイドにこだわって、海と山の美しい同区間の景色を表現しています。
(写真6 関東学院中学高等学校 鉄道研究部)
関東学院中学高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだ、しばらき続きます。