にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の14回目です。

まずは、“春光~煌めく水郷“西早稲田”~”というタイトルの「立教新座中学校・高等学校 鉄道研究会」の作品です。
桜が咲く季節を、きれいに表現しています。
(写真1 立教新座中学校・高等学校 鉄道研究会)
立教新座中学校・高等学校 鉄道研究会

バスが走行する橋の下には、神田川が流れていて、とてもリアルに作られています。
(写真2 神田川)
神田川

交差点付近は、その奥の線路との兼ね合いも含め、とてもよくできています。
(写真3 交差点)
交差点

よく見ると、線路は都電が走行していて、全体を通して結ばれていてる線路とは別になっています。
実は、全体が高い位置に作られていて、モジュールとしての複線は、地下トンネルになっているところも面白いところです。
(写真4 モジュール全体)
モジュール全体

つぎは、JR函館本線・千歳線“白石駅”を再現した「北海道札幌西高等学校 鉄道研究部」の作品です。
シンプルですが、一目で“白石駅”とわかるくらいに、特徴をとらえて作られています。
(写真5 北海道札幌西高等学校 鉄道研究部)
北海道札幌西高等学校 鉄道研究部

つづいては、“焼肉鉄道”というタイトルの「神奈川県立藤沢工科高等学校 鉄道研究部」の作品です。
炭火もライトで表現されていて、とても食欲をそそるような作りになっています。
(写真6 神奈川県立藤沢工科高等学校 鉄道研究部)
神奈川県立藤沢工科高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、別の話題を入れながら続きます。