にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の23回目です。

まずは、小田急線“相模大野駅”を再現した「日本大学第三中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
通学に利用する駅ということで、製作には力が入ります。
(写真1 日本大学第三中学校・高等学校 鉄道研究部)
日本大学第三中学校・高等学校 鉄道研究部

小田急線のホームは照明も点灯し、さらに、床のマーク類や発車案内など、随所にこだわりが見えます。
(写真2 小田急線相模大野駅のモジュールから)
小田急線相模大野駅のモジュールから

つぎは、~幻の草軽軽便鉄道~“THE SPA Kusatsu”というタイトルの「群馬県立高崎高等学校 鉄道研究部」の作品です。
本物の水が流れるという、凝った作りになっています。
(写真3 群馬県立高崎高等学校 鉄道研究部)
群馬県立高崎高等学校 鉄道研究部

たまには、温泉につかってゆっくりするのもいいなと思わせてくれます。
(写真4 温泉のある情景より)
温泉のある情景より

つづいては、JR八戸線沿線の“八戸三嶋神社の例大祭”をモチーフにした「千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
実際の情景をもとに、風景をアレンジしたモジュールとなっています。
(写真5 千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部)
千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部

線路を挟んだ奥には、お祭りとは対照的に、のどかな農村の風景が作られていています。
(写真6 JR八戸線の沿線風景から)
JR八戸線の沿線風景から

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、できるかぎり多くの参加団体(校)をご紹介したいと思っています。
先日、トミックス(鉄道模型・Nゲージ)103系の部品取り用先頭車が手に入ったことを記事にしました。
そこで、買いだめておいたグリーンマックス・エボリューションシリーズ(EVO)103系のうち、先頭車のクモハ103とクハ103を新たに製作することにしました。
(写真1 GM EVO 103系/TOMIX 103系 床下・台車)
GM EVO 103系/TOMIX 103系 床下・台車

すでに、屋根の塗装と車体の下地剤(サーフェイサー)までは終えていて、室内灯照明用の穴は、今回の製作では先にあけおくことにしました。
(写真2 トミックス用の照明穴)
トミックス用の照明穴

前回製作済みの同じ冷改車・京浜東北線は、KATOの足回りを使っての予備車か、別の色の103系へと更新作業を並行して進めていきます。
(写真3 GM EVO 103系 前回作の更新)
GM EVO 103系 前回作の更新

塗装作業は少しずつしかできないことと、前灯と方向幕の点灯に検討が必要なため、完成までは時間がかかると思いますので、進捗状況を都度掲載できればと考えています。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の22回目です。

1校目は、鹿島臨海鉄道“大洗駅”を再現した「上野学園中学校高等学校 鉄道部」の作品です。
東日本大震災からの復興をテーマにしています。
(写真1 上野学園中学校高等学校 鉄道部)
上野学園中学校高等学校 鉄道部

このため、津波が襲った時の状況なども再現されています。
(写真2 鹿島臨海鉄道 大洗駅)
鹿島臨海鉄道 大洗駅

震災当時や復興の様子など、聞き取り調査を含めて、いろいろと製作に生かしているとのことで、随所にこだわりが見られます。
そのひとつ、ホームについても、モジュールから取り外して説明しくださいました。
(写真3 ホームの屋根と柱)
ホームの屋根と柱

2校目は、“玉電物語”というタイトルの「目黒学院中学・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
玉川線(現:東急田園都市線)を偲びます。
(写真4 目黒学院中学・高等学校 鉄道研究部)
目黒学院中学・高等学校 鉄道研究部

併用軌道の二子橋など、昔を思い出す光景を作り上げています。
(写真5 二子橋と玉電)
二子橋と玉電

2校目は、“菜の花ラインで行こう”というタイトルの「昭和第一学園高等学校 建築デザイン部」の作品です。
いすみ鉄道の沿線をモデルにしていますが、農作業をしている人々など、細かく丁寧に情景が作られています。
(写真6 昭和第一学園高等学校 建築デザイン部)
昭和第一学園高等学校 建築デザイン部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだ、しばらく続きます。
最後に、1棟修正が残っていたグリーンマックス(鉄道模型・Nゲージ)公団住宅(現製品名:集合住宅)は、塗装を終えて2箱分・4棟すべてが完成しました。
完成記念として、TOMIX E217系(横須賀線・総武快速線など)とKATO E259系(成田エクスプレス)を使って、沿線風(架空)のシーンを撮影してみました。
(写真1 GM公団住宅とTOMIX E217系横須賀線)
GM公団住宅とTOMIX E217系横須賀線

このようなタイプの集合住宅は、南武線や相鉄線の沿線で特にみられるような印象があるほか、バスの終点などとなっている団地などで、今でも見られるのではないかと思います。
(写真2 公団住宅・集合住宅 4棟完成)
公団住宅・集合住宅 4棟完成

過去記事でも掲載しましたように、照明対応にしていますので、いずれ設置する日が来た時には、活用していきたいと考えています。
(写真3 公団住宅・集合住宅 ベランダ側)
公団住宅・集合住宅 ベランダ側

少しずつではありますが、車両製作と並行して、ジオラマも引き続き手掛けていく予定です。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の21回目です。

今回は、“郊外のベットタウン”というタイトルの「灘中学校灘高等学校 鉄道研究部」の作品です。
普通を極めるという目標を立てて作られたモジュールは、いろいろな場面が見られます。
(写真1 灘中学校灘高等学校 鉄道研究部)
灘中学校灘高等学校 鉄道研究部

まずは、メインの線路をくぐるアンダーパスです。
バスが行きかう様子や手前の交差点など、とてもリアルです。
(写真2 アンダーパス)
アンダーパス

同じ場所を上から見ても、実際の景色に似たようなところが多々あるかと思います。
(写真3 道路との交差部分)
道路との交差部分

そして、ちらりと見えていた緑の構築物は、工事中の建物にも見えたりしますが、実はゴルフ練習場で、ボールの配置などもこだわりを感じます。
(写真4 ゴルフ練習場)
ゴルフ練習場

つづいて、1枚目の写真一からですと手前側になりますが、ホームの裏側付近に立体駐車場が作られています。
(写真5 立体駐車場)
立体駐車場

このほか、集合住宅などは、床などもきちんと作られていて、どこを見ても楽しい場面設定となっています。
(写真6 集合住宅)
集合住宅

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、さらに続きます。