にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の17回目です。

1校目は“羽田空港国際線ターミナル”を再現した「東京大学教育学部附属中等教育学校 鉄道研究部」の作品です。
地上と地下の両方が作られています。
(写真1 東京大学教育学部附属中等教育学校 鉄道研究部)
東京大学教育学部附属中等教育学校 鉄道研究部

ターミナルビルは、バスの発着なども見られます。
(写真2 ターミナルビル)
ターミナルビル

地下部分には、京浜急行電鉄の地下ホームがあります。
ここが、モジュール同士がつながっている線路になっているため、停車している車両は中央線(E233系)になっています。
(写真3 京急線の地下ホーム)
京急線の地下ホーム

2校目は、山陰本線の“保津峡駅”付近を再現した「埼玉県立浦和高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
新・旧の保津峡駅がつくられています。
(写真4 埼玉県立浦和高等学校 鉄道研究同好会)
埼玉県立浦和高等学校 鉄道研究同好会

旧保津峡駅(トロッコ保津峡駅)には、人々の姿もみられます。
(写真5 保津峡駅付近のモジュールから)
保津峡駅付近のモジュールから

2校目は、“田舎の駅”というタイトルの「奈良女子大学附属中等教育学校 鉄道同好会」の作品です。
近鉄奈良線の大和西大寺~西大宮間を再現していますが、まさにそんな感じという風に特徴を表現しています。
(写真6 奈良女子大学附属中等教育学校 鉄道同好会)
奈良女子大学附属中等教育学校 鉄道同好会

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、別の話題を入れながら、まだまだ続きます。
グリーンマックスのエボリューションシリーズ(EVO)103系・未塗装キットの車体と、トミックス 国鉄103系通勤電車(現行バージョン)の床下・台車を組み合わせた京浜東北線(鉄道模型・Nゲージ)への室内灯組み込みが完了しました。
以前掲載した記事の続きで、その後の完成報告です。
(写真1 GM EVO 103系とTOMIX 103系 京浜東北線)
GM EVO 103系とTOMIX 103系 京浜東北線

モハ103-モハ102のMM'ユニットで、TOMIXのスカイブルーとしては、まだ発売されていない同ユニットの“初期型冷改車”です。
※サハ103は、スカイブルーの初期型冷改車が製品化されています。
(写真2 GM EVO 車体+TOMIX 床・台車 103系)
GM EVO 車体+TOMIX 床・台車 103系

EVOキットを塗装したモハ102と、屋根を再塗装したTOMIXのサハ103・非冷房車を連結した様子です。
ともに、BMTNカプラーですので、EVO側の妻面(貫通路)に幌をつければ、よりいい感じになると思います。
(写真3 モハ102 GM-サハ103 TOMIX)
モハ102 GM-サハ103 TOMIX

車体側・グリーンマックス103系の加工については、すでに掲載済みですので、続きとしてLEDテープを加工した自作室内灯を取り付けたところのみの写真とします。
なお、TOMIX側は、無加工です。
(写真4 GM EVO+TOMIX 103系 室内灯取付)
GM EVO+TOMIX 103系 室内灯取付

この流れで、先頭車、クモハ103やクハ103も、うまく組み合わせられるといいのですが・・・。
続きの作業も、少しずつ進めていきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の16回目です。

今回は、“秋葉原”を再現した「土浦日本大学中等教育学校 鉄道研究サークル」の作品です。
JR山手線・京浜東北線・総武線の秋葉原駅付近で、中央通りと総武線の高架との交差地点にスポットを当てています。
(写真1 土浦日本大学中等教育学校 鉄道研究サークル)
土浦日本大学中等教育学校 鉄道研究サークル

まずは、ローアングルで、中央通りを秋葉原駅方面に見てみます。
そのままといった感じで、再現されています。
(写真2 秋葉原 中央通りと総武線の交差地点)
秋葉原 中央通りと総武線の交差地点

つづいて、高架下のドラッグストア・マツモトキヨシ方面を見てみます。
こちらも、現地にいるような光景です。
(写真3 秋葉原駅側から薬局方面)
秋葉原駅側から薬局方面

そして、中央通りから、秋葉原駅方面へ向かう通りに面している秋葉原電波会館も、特徴をとらえて再現されています。
(写真4 秋葉原電波会館)
秋葉原電波会館

また、モジュールを上から見ても、“あの場所”と思わず言ってしまいそうです。
(写真5 総武線の線路を上から)
総武線の線路を上から

あと、建て替えのため、工事を行っている様子なども作られていたりします。
総武線の高架に沿ってつくられたモジュールでした。
(写真6 工事中の用地)
工事中の用地

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、別の話題を入れながら続きます。
京浜東北線や横浜線をイメージしてそろえたTOMIX(鉄道模型・Nゲージ)国鉄 72・73形通勤電車は、室内灯の取り付けが残っていた4両編成(モハ72・M含む)+1両(モハ72・T)へも、LEDテープから自作した室内灯の取り付けを完了しました。
これで、差し替え用のクモハ73形・近代化改造車も含めて、在籍している72系の10両すべてに室内灯が点灯するようになりました。
(写真1 TOMIX 国鉄 72・73形通勤電車 室内灯)
TOMIX 国鉄 72・73形通勤電車 室内灯

8両編成の長い編成にしても、暗いところで室内灯が点灯すると、茶(ぶどう)色の車体が昭和な雰囲気を、いい感じで出してきます。
(写真2 TOMIX 国鉄 72・73形通勤電車 8l両編成)
TOMIX 国鉄 72・73形通勤電車 8l両編成

4+4、3+5の編成に組み替えるなどして、京浜東北線などとしても、より楽しくなりそうです。
(写真3 クハ79形ほか 72系8両)
クハ79形ほか 72系8両

72系電車は、ひとまず落ち着きましたけれど、クモハ73以外の全金車や、クハ79のバリエーションなど、今後も気にかけていきたいと思っています。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の15回目です。

1校目は、“JR東海浜松工場”を再現した「浜松学院中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
車両基地の新幹線や作業する人々など、動きを感じるつくりになっています。
(写真1 浜松学院中学校・高等学校 鉄道研究部)
浜松学院中学校・高等学校 鉄道研究部

また、工場には、トラバーサーなど、車両工場の特徴ある設備なども再現されています。
(写真2 JR東海浜松工場のモジュールより)
JR東海浜松工場のモジュールより

このほか、工場付近の踏切などもあります。
(写真3 踏切付近の情景)
踏切付近の情景

2校目は、“秋近き兵どもの夢”というタイトルの「福岡大学附属大濠中学校・高等学校 模型部」の作品です。
色づく山の木々や石垣などがしっかりと作られています。
(写真4 福岡大学附属大濠中学校・高等学校 模型部)
福岡大学附属大濠中学校・高等学校 模型部
※コンテストでの参加団体名表記は、「福岡大学付属大濠中学校・高等学校 模型部」となっています。

トンネルの入口付近などもリアルな感じに仕上がっているほか、各所に細かなこだわりが見られます。
(写真5 トンネル付近)
トンネル付近

3校目は、JR京浜東北線(東急大井町線、東京臨海高速鉄道りんかい線)の“大井町駅”を表現した「本庄東高校 鉄道研究同好会」の作品です。
駅舎のほか、京浜東北線の線路やホームを中心に、素材の加工方法などを工夫しています。
(写真6 本庄東高校 鉄道研究同好会)
本庄東高校 鉄道研究同好会

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだ多くの参加団体(校)を記録していきます。