にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の11回目です。

はじめは、“1/10サイズの115系電車”の中を線路が通る「芝浦工業大学柏中学高等学校 鉄道研究サークル」の作品です。
高崎線や両毛線などをイメージした115系がモジュールの全体を占めています。
(写真1 芝浦工業大学柏中学高等学校 鉄道研究サークル)
芝浦工業大学柏中学高等学校 鉄道研究サークル

インパクトのある車両の中には、規定のNゲージ幅の線路が通っているほか、座席なども作られています。
(写真2 1/10スケール115系)
1/10スケール115系

つづいては、115系電車の貫通扉部分とつながっているお隣のモジュールで、東海道・山陽新幹線をイメージした「都立西高等学校 CR東日本」の作品です。
切通し区間を表現しています。
(写真3 都立西高等学校 CR東日本)
都立西高等学校 CR東日本

住宅の少ない区間を通る様子や高いフェンスなど、高速で通過する新幹線の格好よさを楽しめそうです。
(写真4 新幹線をイメージした切通し区間)
新幹線をイメージした切通し区間

3校目は、“石器時代遺跡”を表現した「芝学園 技術工作部」の作品です。
面白いテーマですが、モジュールは、しっかりと作りこまれています。
(写真5 芝学園 技術工作部)
芝学園 技術工作部

怪しげな感じもありますが、遺跡ですから、設定は現在のようで、公園のようなところに人々がたくさん集っています。
(写真6 石器時代遺跡を表現したモジュール)
石器時代遺跡を表現したモジュール

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、別の話題を入れて、まだたくさんの参加団体の作品が続きます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の10回目です。

1校目は、“山手線の踏切や立体交差”を再現した「日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会」の作品です。
立体交差のシーンは、まるで実際の景色を見ているような構成です。
(写真1 日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会)
日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会

山手線に唯一残る第二中里踏切です。
(写真2 第二中里踏切)
第二中里踏切

限られたスペースに、踏切と立体交差のシーンをうまくまとめています。
(写真3 山手線と湘南新宿ラインの交差があるモジュール)
山手線と湘南新宿ラインの交差があるモジュール

2校目は、“さらば平成。”というタイトルの「東京都立科学技術高等学校 鉄道研究部」の作品です。
東京都庁やレインボーブリッジなど、東京のシンボル的なものを配置し、大きく迫力のあるモジュールとなっています。
また、線路の上には架線もはられているなど、細かなところもしっかりと作られています。
(写真4 東京都立科学技術高等学校 鉄道研究部)
東京都立科学技術高等学校 鉄道研究部

3校目は、信越本線の“横川駅”を再現した「立正大学付属立正高等学校 鉄道研究部」の作品です。
軽井沢駅と列車が結ばれていた時の時代としています。
(写真5 立正大学付属立正高等学校 鉄道研究部)
立正大学付属立正高等学校 鉄道研究部

すっかりお約束となった写真を撮影する人々のシーンもホーム上に作られています。
(写真6 横川駅のホームで写真を撮影する人々)
横川駅のホームで写真を撮影する人々

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだまだ続きます。
京浜東北線や横浜線をイメージしてそろえたTOMIX(鉄道模型・Nゲージ)国鉄 72・73形通勤電車で、4両+4両(ともに動力車あり)のうち、初めに集めた4両分に室内灯を入れました。
模型だと暗く感じる茶(ぶどう)色の車両が、室内灯を点灯させることにより、ノスタルジックな雰囲気がよくでるかと思います。
(写真1 TOMIX 国鉄 72・73形通勤電車 室内灯)
TOMIX 国鉄 72・73形通勤電車 室内灯

室内灯ユニットは、これまでと同じく、LEDテープを加工した自作のものです。
(写真2 TOMIX Nゲージ サハ78形ほか 室内灯)
TOMIX Nゲージ サハ78形ほか 室内灯

テールライトとの組み合わせも、情緒的で旧形国電の魅力を引き立てます。
(写真3 TOMIX クハ79形 室内灯とテールライト)
TOMIX クハ79形 室内灯とテールライト

72系電車は、残りの4両1編成と、予備車のクモハ73・近代化改造車、モハ72も順次取り付けていく予定です。
ご訪問いただいているのに、多忙とそれに伴う疲労で、更新ができない日が多くなっていて申し訳ありません。
できるだけ体調を整えて、少しでもかんばれるように努めますので、よろしくお願いいたします。

さて、2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の9回目です。

1校目は、JR中央線などの“御茶ノ水駅”を再現した「聖徳学園中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
神田川や聖橋などがしっかりと表現されています。
(写真1 聖徳学園中学高等学校 鉄道研究部)
聖徳学園中学高等学校 鉄道研究部

中央線快速と中央・総武線各駅停車(緩行線)の乗り換えホームも雰囲気が出ています。
(写真2 JR御茶ノ水駅のモジュールから)
JR御茶ノ水駅のモジュールから

さらに、地上に一瞬出てくる東京メトロ丸ノ内線との交差も見どころの一つで、地下の千代田線も一部作られていたように思います。
(写真3 東京メトロ丸ノ内線との交差)
東京メトロ丸ノ内線との交差

2校目は、“JR尾頭橋駅の日常”というタイトルの「聖徳学園中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
JR東海道本線(中央本線)、名鉄線の各線が並走する様子を表現しています。
(写真4 鶯谷中学・高等学校 地歴サークル)
鶯谷中学・高等学校 地歴サークル

ホームから見えるグランドや高架下など、いろいろと工夫されています。
(写真5 JR尾頭橋駅のモジュールから)
JR尾頭橋駅のモジュールから

3校目は、千葉県の“佐原・小野川”付近を表現した「千葉県立京葉工業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
手作りの建物で沿線の様子を作り上げています。
(写真6 千葉県立京葉工業高等学校 鉄道研究部)
千葉県立京葉工業高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、他の話題を入れながら続きます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の8回目です。

はじめは、“金閣寺-思い出に映る日本の美”というタイトルの「青陵中学校・高等学校 鉄道自動車部」の作品です。
水面とレールの兼ね合いもよく、まさに“美”を感じます。
(写真1 青陵中学校・高等学校 鉄道自動車部)
青陵中学校・高等学校 鉄道自動車部
※コンテストの参加団体名表記は、「青陵中学校高等学校 鉄道自動車部」となっています。

別の角度から見てもリアルで、しっかりと作られています。
(写真2 金閣寺)
金閣寺

つぎは、“都電荒川線(東京さくらトラム)”をイメージした「東京都立産業技術高等専門学校 荒川キャンパス 鉄道ジオラマ同好会」の作品です。
路面電車の軌道区間の沿線をモジュールにしています。
(写真3 東京都立産業技術高等専門学校 荒川キャンパス)
東京都立産業技術高等専門学校 荒川キャンパス

線路わきには、いろいろな建物があり、中には、建設中のシーンもあります。
(写真4 鉄道ジオラマ同好会の作品から)
鉄道ジオラマ同好会の作品から

また、学校は、グランド中が見える教室もすてきです。
(写真5 教室の中)
教室の中

つづいては、駅前に“観覧車”のある「日本大学豊山高等学校 日大豊山有志」の作品です。
駅名は“希望ヶ丘NT”となっていますが、実際の情景からも、相鉄線の希望ヶ丘駅とは関係ないようです。
なお、本物の葉っぱを使っているのではないかと思われる木の作り方も面白いところです。
(写真6 日本大学豊山高等学校 日大豊山有志)
日本大学豊山高等学校 日大豊山有志

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだたくさんの作品があります。