にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年5月20日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」からの5回目です。今回は、廃車解体中の車両やグループのバスの話題などを記録していきます。

まずは、ホームドア設置で、4扉のためドアの位置が合わず、前倒しで入れ替えが進められている800形です。
解体中の車両は、いつもながらさみしく感じます。
(写真1 廃車解体中の800形)
廃車解体中の800形

2000形は、先に登場した800形よりも、わずかに早くすべてが引退してしまいました。
草木の間から見ると、より、さみしさが増します。
(写真2 廃車解体中の2000形)
廃車解体中の2000形

その2000形には、車端部にクロスシートが残っていましたので、廃車により、鉄道部品として販売されました。
椅子は、実用的ですので、人気があります。
(写真3 配送準備中の2000形の椅子)
配送準備中の2000形の椅子

ここからは、いつものお約束といった感じの記録になりますが、旧形車の保存車両は、いまところ同じ場所にありました。
(写真4 保存車両)
保存車両

そして、事業用車関連では、保線に使用するマルチプルタイタンパー(08-16U)が、その存在感を示しています。
(写真5 マルチプルタイタンパー)
マルチプルタイタンパー

また、軌陸両用車も、いつもと同じように、展示されていました。
(写真6 軌陸両用車)
軌陸両用車

それから、いったん別の場所に飛びますが、「踏切非常ボタン操作体験」が、物販などが行われるグランドにありました。
(写真7 踏切非常ボタン操作体験)
踏切非常ボタン操作体験

再び、事業用車と同じところにもどり、通路を挟んで反対側に、グループ内の「川崎鶴見臨港バス」が、新しいキャラクターのラッピングバス(神明町営業所・所属)を展示・乗車体験していました。
(写真8 川崎鶴見臨港バス)
川崎鶴見臨港バス

さらに、京浜急行バスは、運転士募集のラッピングでした。
(写真9 京浜急行バス)
京浜急行バス

最後は、名称がかわり、新しくなった久里浜工場の看板で締めくくります。
(写真10 京浜急行電鉄久里浜工場の看板)
京浜急行電鉄久里浜工場の看板

5回にわたって掲載した「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」は、これで終わりです。来年の開催も、楽しみにしています。

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」(JR東日本・JR貨物)は、、鉄道模型の話題をもう一つ先に入れた後に、続きを掲載する予定です。
2018年5月26日(土)に、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)大宮支社、さいたま市、(共催:JR貨物大宮車両所)による「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」が開催されました。
このイベントに行った話題の4回目で、115系新潟色やリニアドア展示・体験コーナーなどです。

車掌体験コーナーに使用されていたのは、115系新潟色の車両でした。
(写真1 115系 新潟色)
115系 新潟色

新潟車両センター所属のクモハ115-1008です。
台車は仮のもので、作業中の車両を使用していることがうかがえます。
(写真2 車掌体験)
車掌体験

その前では、リニアドア(リニアモータ式側引戸用戸閉装置)展示・体験コーナーです。
従来の空気式から、電気式+リニアモータ式へとドア装置も変わってきています。
(写真3 リニアドア展示・体験)
リニアドア展示・体験

ここで、別の棟に移りますが、車両センター会場の案内も各所に置かれていました。
なお、このタイプは、入口で来場者に配られていたものと同じです。
(写真4 車両センター会場案内)
車両センター会場案内

つづいて、鉄道部品をはじめとする物販やプラレールコーナーなどがある建物内にも、休憩車両として115系がありました。
使用されていたのは、先ほどの115系と同じ(N34)編成の中間車で、モハ114-1013でした。
(写真5 115系の休憩車両)
115系の休憩車両

なお、東海道線で使用されていた“サボ”は、かなり魅力的でしたが、お値段は結構するものでした…。
(写真6 販売コナー~サボ)
販売コナー~サボ

ほかにもいろいろと魅力的なものがありましたけれど、貨物関係も見たいので先を急ぎます。
(写真7 工場の建物 部品A棟)
工場の建物 部品A棟

工場の建物や貯蔵タンクなどの設備など、鉄道模型の資料としても、押さえておきたいものがたくさんあります。
(写真8 屋外タンク貯蔵所)
屋外タンク貯蔵所

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」は、いったん、「京急ファミリー鉄道フェスタ」の話題を掲載した後につづきます。
2018年5月26日(土)に、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)大宮支社、さいたま市、(共催:JR貨物大宮車両所)による「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」が開催されました。
このイベントに行った話題の3回目で、209系2100番台や台車組立実演コーナーなどです。

前回は、間近で見られた入場中の車両でしたが、近くまではいけないものの、更新後に、京浜東北線から房総地区へ活躍の場を移した209系2100番台の姿もありました。
(写真1 209系2100番台)
209系2100番台

209系の車両が収まっている建物の前には、「トラバーサー」があります。
ここ、大宮総合車両センターでの公開では、動くところを見られるほか、実際にトラバーサーに乗っての移動を体験することができます。
かなり速い速度で移動していくのは意外でした。
(写真2 トラバーサー)
トラバーサー

このトラバーサーが移動する場所は、鉄道博物館までの道にある「RAILWAY GARDEN PROMENARDE」からも、日ごろ自由にみられるところです。
(写真3 RAILWAY GARDEN PROMENARDE から)
RAILWAY GARDEN PROMENARDE から

さて、再び建物内にもどり、台車組立実演コーナーです。
台車が吊り上げられて、工場内を移動していきます。
(写真4 205系台車のつり上げ)
205系台車のつり上げ

時間帯によって内容を変えながら、作業の様子も解説付きで見ることができます。
(写真5 台車組立実演)
台車組立実演

台車関連の作業を行うところですので、車輪などもたくさんあります。
(写真6 車輪などがある工場内の様子)
車輪などがある工場内の様子

大きな車輪を、お子さんたちが引っ張る体験のできる企画もありました。
(写真7 車輪を引っ張る体験コーナー)
車輪を引っ張る体験コーナー

このほか、209系の台車枠(DT61/TR246)も、すぐ手前で見ることができ、鉄道模型の資料などにも大変役立ちます。
(写真8 209系の台車枠)
209系の台車枠

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」の話題は、さらに、つづきます。
(京急ファミリー鉄道フェスタは、少し後になりますが、続きを掲載の予定です。)
2018年5月26日(土)に、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)大宮支社、さいたま市、(共催:JR貨物大宮車両所)による「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」が開催されました。
このイベントに行った際の話題の2回目で、公開エリアの工場内に入場中の車両です。

JRの車両センターですが、小田急電鉄の4000形の姿があり、注目を集めていました。
(写真1 鉄道ふれあいフェア~入場中の小田急4000形)
鉄道ふれあいフェア~入場中の小田急4000形

並んでいる順に、つぎは、255系の中間車で、近畿車輛の銘板が気になるところです。
(写真2 255系中間車)
255系中間車

また、特急形車両の座席を、貫通路から、いつもとはちがった視点で見られました。
(写真3 255系の車内)
255系の車内

そのとなりは、成田エクスプレスなどとして使用されているE259系です。
妻面から見る裾の絞り具合が、なかなかキュートです。
(写真4 E259系)
E259系

つづいては、通勤形電車のE231系のうち、中央・総武線各駅停車(緩行線)で使用されている車両です。
(写真5 E231系)
E231系

近くで見られる連結器や乗務員室も気になりますが、所属表記が消されているのもポイントの一つです。
(写真6 所属表記が消されているE231系)
所属表記が消されているE231系

そして、一番入口側にあったのは、255系の先頭車です。
製作・改造中の鉄道模型のような塗装具合も、興味をひかれます。
(写真7 255系先頭車)
255系先頭車

おまけになりますけれど、近くあったたくさんのフォークリフトもいい感じです。
(写真8 工場内のフォークリフト)
工場内のフォークリフト

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」の話題は、さらに、つづきます。
(京急ファミリー鉄道フェスタは、少し後になりますが、続きを掲載の予定です。)
2018年5月26日(土)に、東日本旅客鉄道株式会社大宮支社、さいたま市、(共催:JR貨物大宮車両所)による「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」が開催され、イベントに行ってました。
今回は、車両センター会場から、車両展示と試乗会車両です。
(写真1 鉄道ふれあいフェア~車両展示)
鉄道ふれあいフェア~車両展示

人気のコーナーの一つ、「車両展示広場」には、EF64-1023、EF64-37、DD51-842の各車両が並びました。
とても、懐かしい感じの塗装車両が並びました。最近、国鉄自時代の塗装が増えていると思います。
(写真2 EF64-1023・EF64-37・DD51-842)
EF64-1023・EF64-37・DD51-842

はじめてで、なれない会場で全体を収めるのは、なかなか難しいという感じでした。
(写真3 DD51-842 側面)
DD51-842 側面

それでも、電気機関車などが並んでいるところを撮れるのは、嬉しいところです。
(写真4 EF64-37・EF64-1023)
EF64-37・EF64-1023

そして、こちらも注目されていたようですが、試乗会車両は、特急「草津」や「スワローあかぎ」で使用されている651系でした。
(写真5 651系試乗会車両)
651系試乗会車両

会場の外になりますけれど、橋の上からも、その姿を見ることができました。
(写真6 651系試乗会車両を橋の上から)
651系試乗会車両を橋の上から

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」の話題は、次回につづきます。
(京急ファミリー鉄道フェスタの続きも、後日、掲載します。)