にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の23回目です。

1校目は、“祭りでにぎわう地方の町”というタイトルの「神奈川県立神奈川工業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
朝・昼・夜を演出するためのLED点灯切り替えスイッチなども備えています。
(写真1 神奈川県立神奈川工業高等学校 鉄道研究部)
神奈川県立神奈川工業高等学校 鉄道研究部

電柱などから、人々の配置まで、街全体に動きを感じられる表現となっています。
(写真2 祭りでにぎわう地方の町)
祭りでにぎわう地方の町

このモジュールは“地方”がテーマとなっていますが、地元の東急線や京急線などのイメージもどこかに感じられる気がします。
(写真3 モジュール全体)
モジュール全体

2校目は、“瀬戸内の希望”というタイトルの「広島城北中学・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
瀬戸大橋をモデルに、3Dプリンターも駆使してつくられています。
(写真4 広島城北中学・高等学校 鉄道研究部)
広島城北中学・高等学校 鉄道研究部

道路の下には、鉄道も通る本四連絡橋を、限られたスペースの中で上手に再現しています。
(写真5 瀬戸大橋)
瀬戸大橋


3校目は、“神と共にある駅”というタイトルの「甲南高等学校中学校 鉄道研究部」の作品です。
屋根を突き抜ける御神木のある阪急電鉄の駅をモデルにしたものです。
(写真6 甲南高等学校中学校 鉄道研究部)
甲南高等学校中学校 鉄道研究部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、まだ、つづきます。