にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18回 国際鉄道模型コンベンション」(JAM)から、モデラー出展の13回目です。

今回も、「J-TRAK Society」の皆さんのモジュール作品となります。
はじめは、工場などが並ぶ風景です。
(写真1 J-TRAK Society の皆さんのモジュールから)
J-TRAK Society の皆さんのモジュールから

木材などを扱う工場では、丸太が積み上げられて、加工しているようです。
(写真2 木材を扱う工場)
木材を扱う工場

そのとなりには、太陽光発電のパネルらしきものが、たくさん並べられています。
(写真3 太陽光パネルなど)
太陽光パネルなど

つぎは、乗り物をテーマにした公園がある街のモジュールです。
(写真4 飛行機や電車の展示がある街)
飛行機や電車の展示がある街

丁字の交差点付近には、京急デハ230形や小型の飛行機が屋外展示されています。
(写真5 京急デハ230形など)
京急デハ230形など

さらに、別の場所には、JR東日本の新幹線(E6系)の滑り台があり、お子さんなどが楽しそうに遊んでいる光景が見られます。
(写真6 新幹線の滑り台)
新幹線の滑り台

「第18回 国際鉄道模型コンベンション」のモデラー出展からは、あと1回「J-TRAK Society」の皆さんのモジュール作品を予定しています。