にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
中央線の車両が所属するJR東日本の豊田車両センターは、一般公開なども行われることから人気の場所の一つですが、周辺に大きな変化が起きています。
(写真1 豊田車両センター 2018年1月)
豊田車両センター 2018年1月

それは、中央線をまたぐ道路の建設が進み、これまで更地だったところに大きな橋脚が出来上がってきました。
(写真2 新しい道路の橋脚)
新しい道路の橋脚

ここは、豊田車両センターの裏側でもあり、撮影スポットとしても知られている中央線の平山第三踏切の脇です。
(写真3 踏切を通過する武蔵野線205系)
踏切を通過する武蔵野線205系

踏切の先にも、橋脚がつくられていて、あっという間に道路ができそうな感じになってきました。
おそらく、このあたりの風景が大きく変わることになるかと思います。
(写真4 平山第三踏切)
平山第三踏切

ちなみに、なぜここに行ったかといいますと、ブログなどでお世話になっている「ロケッこがゆく」のrockeccoさんが、雪が積もったので、ご家族とご近所の皆さん向けに、鉄道おもちゃの“プラレール”を広げます!ということで、お誘いをうけて近くまで出かけたからでした。
(写真5 雪の中のプラレール)
雪の中のプラレール

ラッセル車や現美新幹線など、雪にピッタリの車両が走行します。
そして、雪像も楽しみにしていたのですが、そちらは、流石に解けてしまったとのことでした・・・。
(写真6 プラレール 現美新幹線)
プラレール 現美新幹線

また秋に、センターまつりに行くことができれば、またちがった景色を見ることになると思います。