にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
再び、しばらくの間、更新ができず、ご心配をおかけしました。
四十九日法要に、お盆、それに手続きもたくさんあって、なかなか大変な毎日です。
こんな状態にもかかわらず、いつも、ご訪問・ご支援いただき、本当にありがとうございます。

そんなこともあり、撮影から少し時間が経ってしまいましたけれど、旧・田町車両センター(跡地)の再開発工事(新駅・高輪ゲートウェイ駅付近)の進捗状況は、2019年6月下旬の様子で、上野東京ライン・常磐線直通列車の車内からです。
(写真1 旧・田町車両センター再開発の進捗 2019年6月下旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2019年6月下旬

いつもながら、高輪ゲートウェイ駅も屋根が出てからは、品川駅からもきれいな感じです。
(写真2 先頭車から見える高輪ゲートウェイ駅)
先頭車から見える高輪ゲートウェイ駅

また、品川駅付近の工事もどんどん進んでいます。
(写真3 品川駅付近)
品川駅付近

たくさんのポイントを通過していくと、すぐに高輪ゲートウェイ駅に差し掛かります。
(写真4 高輪ゲートウェイ駅)
高輪ゲートウェイ駅

ホームの先端部分は完成が見えてきています。
(写真5 ホーム先端)
ホーム先端

また、ホーム中程には、ホームドアも準備できていて、階段なども、よりはっきりとしてきています。
(写真6 ホームドアの準備)
ホームドアの準備

ホームの田町方も同様です。
(写真7 ホーム 田町方)
ホーム 田町方

駅を通過して、高架部分も、側壁の架線柱付近が覆われました。
東北縦貫線(上野東京ライン)工事のときを思い出させます。
(写真8 架線柱の周りも覆われた側壁)
架線柱の周りも覆われた側壁

完成が近づき、変化のペースが速くなってきていますので、また、機会を見つけて記録したいと思っています。

鉄道模型や京急のフェスタの記録など、すっかりたまってしまっていますので、なんとかしなくてはと、少し焦っているところです。
時間が確保できなかったため、約1週間ほど更新が滞ってしまい、申し訳ありませんでした。いつもながら、ご訪問などありがとうございます。

さて、途中になっていました、相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅(付近)の工事、 2019年6月中旬の進捗状況の続き4日目で、相鉄線羽沢横浜国大駅から、JR東海道貨物線(横須賀線方面)と東急線方面へと進んだところより、それぞれをさらに見ていきます。

まず、JR東海道貨物線との接続付近では、信号機とエアセクションの標識が見えます。
(写真1 エアセクション)
エアセクション

その手前には、中継信号機があり、こちらも点灯しています。
(写真2 中継信号機)


そして、JR貨物横浜羽沢駅の鶴見駅方では、線路脇にフックのついた工事車両がありました。資材をつり上げたりしているのかもしれません。
(写真3 JR貨物 横浜羽沢駅)
JR貨物 横浜羽沢駅

また、東海道貨物線の新しい架線柱も目立ちます。
(写真4 JR東海道貨物線の新しい架線柱)
JR東海道貨物線の新しい架線柱

このほか、工事車両用のスロープも、まだあります。
(写真5 工事車両用のスロープ)
工事車両用のスロープ

最後は、東急線方面ですが、地下トンネル工事の地上の様子を、ゲートから少しのぞくことができて、「構内徐行」という看板が見えました。
なお、内部の進捗状況は、新横浜駅(仮称)同様に、ここの様子も写真で一部公開しています。
(写真6 相鉄・東急直通線の工事 構内徐行)
相鉄・東急直通線の工事 構内徐行

相鉄・JR直通線(相鉄・東急直通線)、羽沢横浜国大駅の工事の進捗2019年6月中旬の記録は終わりです。
引き続き、様子を見ながら、工事の様子を見ていきたいと思っています。
相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅(付近)の工事、 2019年6月中旬の進捗状況の続き3日目です。
前回までは、羽沢横浜国大駅とその付近について、相鉄・JR直通線と相鉄・東急直通線など、タイトルを細かく分けましたけれど、今回は、相鉄・JR直通線として、羽沢横浜国大駅とその付近の工事のタイトルを一緒にします。

相鉄線羽沢横浜国大駅前の歩道橋からは、JR東海道貨物線や東急線方面の線路やトンネルが見えます。
(写真1 相鉄・JR直通線工事 羽沢横浜国大駅 2019年6月中旬)
相鉄・JR直通線工事 羽沢横浜国大駅 2019年6月中旬

羽沢横浜国大駅を後にして、地上の線路やトンネルの様子を見ていきます。
(写真2 相鉄線羽沢横浜国大駅付近)
相鉄線羽沢横浜国大駅付近

まず、JR東海道貨物線から相鉄線方面のトンネル出口付近です。
「横浜羽沢駅」の文字が見えます。
(写真3 JR貨物線から相鉄線方面のトンネル出口付近)
JR貨物線から相鉄線方面のトンネル出口付近

その出口を出たところには、信号機が設置されていて、点灯もしています。
(写真4 点灯している信号機)
点灯している信号機

さらに、その先には、真ん中に挟まれるように、東急線方面とを結ぶ羽沢トンネルがあります。
こちらは、「羽沢」の文字が見えます。
(写真5 東急線方面・羽沢トンネル出口付近)
東急線方面・羽沢トンネル出口付近

相鉄新横浜線(東急線直通)から羽沢横浜国大駅方面にも、信号機(第1場内)が設置されていていて、同じく点灯しています。
(写真6 相鉄新横浜線の場内信号機)
相鉄新横浜線の場内信号機

相鉄・JR直通線(相鉄・東急直通線)、羽沢横浜国大駅の工事の進捗2019年6月中旬は、あと1回の予定で続きます。
相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅(名称決定済)の工事、 2019年6月中旬の進捗状況の続きです。

羽沢横浜国大駅と歩道橋の関係がわかるところも記録しておきます。
手前すら、環状2号線、相鉄・JR直通線(羽沢横浜国大駅)、JR貨物線と横浜羽沢駅、横浜国大(相鉄バス 横浜駅-釜台-上星川駅)方面の順になります。
(写真1 相鉄線 羽沢横浜国大駅 2019年6月中旬)
相鉄線 羽沢横浜国大駅 2019年6月中旬

再び駅付近にもどりまして、歩道橋と駅を結ぶ階段のそばには、形状から、エレベーターと思われる設置工事が行われていました。
(写真2 歩道橋のエレベーターと思われる工事)
歩道橋のエレベーターと思われる工事

ほぼ同じ場所の歩道橋上から、JR東海道貨物線や羽沢横浜国大駅の反対側などです。
駅舎の周囲は、前回同様、まだ整備が完了していないようです。
(写真3 羽沢横浜国大駅・貨物線側)
羽沢横浜国大駅・貨物線側

あと、こちらも大きな変化は感じませんでしたけれど、西谷駅方面の様子も記録しておきます。
(写真4 羽沢横浜国大駅 工事用ゲートから西谷駅方面)
羽沢横浜国大駅 工事用ゲートから西谷駅方面

そういえば、駅工事の案内板も、元号が、平成から“令和”に書き換えられていました。
また、完成は12月16日となっていました。※開業予定日は、2019年11月30日。
(写真5 相鉄・JR直通線 駅工事の案内板)
相鉄・JR直通線 駅工事の案内板

それから、JR貨物の横浜羽沢駅も、また少し変化がありました。
詳細は、次の訪問のときを予定していますが、新しいバラストと合成枕木の組み合わせが、鉄道模型の最近のポイントを思い出しましたので、きれいなうちに写真を残しておきます。
(写真6 JR貨物 横浜羽沢駅のポイント)
JR貨物 横浜羽沢駅のポイント

相鉄・JR直通線、羽沢横浜国大駅の工事の進捗2019年6月中旬は、さらに、相鉄・JR直通線/相鉄・東急直通線の線路の様子などへと続きます。
相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅(名称決定済)の工事は、 前回記事から約5ヶ月となる2019年6月中旬の進捗状況です。
3月下旬には、相鉄・JR直通線については締結式も行われていて、報道公開もされています。
(写真1 相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅 2019年6月中旬)
相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅の工事 2019年6月中旬

今回は、横浜市営バス・相鉄バスの三枚町バス停から羽沢横浜国大駅へ向かいましたので、相鉄・東急直通線も先に見てきていますが、いつもと同じく、同駅から順に記録していきます。
(写真2 横浜市営バス・相鉄バス 三枚町バス停)
横浜市営バス・相鉄バス 三枚町バス停

さて、駅にもどりますが、相鉄のマークも入った相鉄線羽沢横浜国大駅は、開業が迫っていることを感じさせます。
(写真3 相鉄線羽沢横浜国大駅)
相鉄線羽沢横浜国大駅

駅の中は、まだ工事しているところが多く残りますが、ホームへの階段などは、すでにできあがっています。
(写真4 階段)
階段

反対側には、エスカレータも見えます。
(写真5 エスカレーター)
エスカレーター

また、駅舎の脇には、歩道橋からの階段も作られています。
(写真6 歩道橋)
歩道橋

相鉄・JR直通線、羽沢横浜国大駅の工事の進捗2019年6月中旬は、次回に続きます。

※京急ファミリー鉄道フェスタ2019の続きは、少し間を開けた後に掲載予定です。