にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
相鉄・東急直通線工事の進捗、2020年1月中旬の日吉駅付近の様子の続きで2回目です。

日吉第一架道橋があった地点から日吉駅に向かっていきます。
はじめに隙間から見えるところは、上下線の間にフェンスがあって、同じ高さではなくなっています。
(写真1 相鉄・東急直通線工事 日吉駅 2020年1月中旬)
相鉄・東急直通線工事 日吉駅 2020年1月中旬

さらに、日吉駅方面に向かって、線路の様子が見えるところでは、引き上げ線として使われている2線も含めて、4線が平行に並んでいます。
(写真2 日吉駅折り返しの目黒線車両)
日吉駅折り返しの目黒線車両

なお、綱島街道沿いの歩道の壁には、大きさはちがうものの、新横浜駅の工事同様に“工事概要と進捗状況”の案内があります。
(写真3 工事概要と進捗状況の案内)
工事概要と進捗状況の案内

ここからは、バスターミナルや駅の下となり、見えなくなってしまいますので、東急東横線の改札内に入り、まずは下り線ホームから、新綱島駅方面を見てみます。
(写真4 日吉駅下り線ホームから)
日吉駅下り線ホームから

つづいて、上り線ホームから同じように見てみますと、冒頭の写真(写真1)で、同じ高さではなかったところは、地下方面に下がっていくところであることが、はっきりとわかります。
(写真5 日吉駅上り線ホームから)
日吉駅上り線ホームから

そして、日吉駅の目黒線は、現在も一部ホームにかかる形で、都営三田線や東京メトロ南北線・埼玉高速鉄道方面の折り返しを待ちます。
(写真6 都営三田線と南北線・埼玉高速鉄道方面の折り返し待ち)
都営三田線と南北線・埼玉高速鉄道方面の折り返し待ち

おまけになりますが、分岐方面がつながっていないポイントも記録しておきます。
鉄道模型のジオラマ作りの参考にもなりそうです。
(写真7 途中で切れているポイント)
途中で切れているポイント

今回の最後は、新横浜線が東横線の真下(地下)となる直線区間の写真です。
一番先のカーブのところが、日吉第一架道橋があったあたりとなります。
(写真8 新横浜線は地下となる直線区間)
新横浜線は地下となる直線区間

相鉄・東急直通線(新横浜線)が開業すると、日吉駅-田園調布駅間は、東横線と目黒線で、横浜高速鉄道・東京メトロ・東武鉄道・西武鉄道、東京都交通局・埼玉高速鉄道・相模鉄道(相鉄)の車両と、複雑さに拍車がかかるという、すごい(楽しみな)状況になるかと思います。

相鉄・東急直通線(新横浜線)については、引きつづき記録していきたいと思っています。

[2020/01/22]
横浜高速鉄道(みなとみらい線)の記載漏れがあったため追記しました。お知らせありがとうございます。
相鉄・東急直通線工事の進捗から日吉駅付近の様子は、前回記事より約9ヶ月ぶりとなる2020年1月中旬の1回目です。
まずは、東急東横線の地下へ潜るあたり(日吉第一架道橋)、日吉駅-新綱島駅間からです。
(写真1 相鉄・東急直通線工事 日吉駅 2020年1月中旬)
相鉄・東急直通線工事 日吉駅 2020年1月中旬

鉄道新設工事の案内板は、2020年3月末までとなっていますが、さらに書き換えられるのか、それとも一部完了するのか気になるところです。
(写真2 工事の案内板)
工事の案内板

すでに、前回記事の時点で架道橋は閉鎖されていて、仮設の歩行者通路になっていましたが、少し雰囲気が変わったような気がします。
(写真3 歩行者通路の入口付近)
歩行者通路の入口付近

歩行者通路には、東急線と相鉄線がつながるアピールとともに、キャラクターの“のるるん”がいろいろな姿で描かれています。
(写真4 歩行者通路)
歩行者通路

そして、歩行者通路を抜けて、山側から日吉駅方面を見てみます。
橋脚なども形になって、全体的にスッキリしてきたように見えますが、またまだ、大がかりな工事が進められているようです。
(写真5 日吉駅方面)
日吉駅方面

あとねこちら側の歩行者通路の入口付近は、何回か折り返すスロープになっています。
(写真6 工事区間山側からの歩行者通路入口付近)
工事区間山側からの歩行者通路入口付近

相鉄・JR直通線(東海道貨物線・横須賀線)が開業して、早くもなれてきた感じがありますが、相鉄・東急直通線(新横浜線)も、だいぶ現実のものとなってきたように思います。

次回は、続きで、もう少し日吉駅に近いところと、日吉駅の様子を記録する予定です。
旧・田町車両センター再開発の進捗状況は、2020年最初の記録となる1月上旬の様子です。
まずは、上野東京ライン(東海道線)のホームから、東京方面を見ておきます。
(写真1 旧・田町車両センター再開発の進捗 2020年1月上旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2020年1月上旬

今回は、京浜東北線(前回は東海東線)の車内からです。
品川駅を出ると、線路切換後ですので、右方向に大きくカーブしていきます。
(写真2 線路切換後の京浜東北線車内から)
線路切換後の京浜東北線車内から

新駅の手前にはポイントがあります。
(写真3 新駅と田町センターの車両)
新駅と田町センターの車両

そして、新駅・高輪ゲートウェイ駅です。
(写真4 高輪ゲートウェイ駅)
高輪ゲートウェイ駅

いよいよ、開業も迫ってきたことから、各種案内看板なども設置済みとなっています。
(写真5 高輪ゲートウェイ駅ホーム)
高輪ゲートウェイ駅ホーム

開業前の新駅を通過後は、あっという間に新ルートになれた高架区間へと続きます。
(写真6 新しい高架区間)
新しい高架区間

駅のホームは、ほぼ完成に近いので、開業までに時間が取れれば、駅の周辺の様子などを見てみたいと思っています。
相鉄・東急直通線工事の(東急新横浜線)新綱島駅付近の進捗は、約2ヶ月ぶりとなる2020年1月上旬の様子です。
前回、鉄骨がむき出しだったところは、しっかりと囲われていました。
(写真1 相鉄・東急直通線工事 新綱島駅 2020年1月上旬)
相鉄・東急直通線工事 新綱島駅 2020年1月上旬

中では、すでに、工事が行われているようです。
(写真2 建物の中となったゲート入口付近)
建物の中となったゲート入口付近

ゲートから見て真正面は、建物などはなくクレーン車が稼働していましたけれど、両サイドは大きな建物が目立ちます。
(写真3 ゲート付近)
ゲート付近

今回は、鶴見川近くの工事箇所も見てみましたが、トンネルの側壁のようなものが運び込まれていました。
(写真4 鶴見川近くの工事箇所)
鶴見川近くの工事箇所

一方、東急東横線の綱島駅は、高架下の施設の完成が少し見えてきました。
(写真5 東急東横線綱島駅)
東急東横線綱島駅

また、駅内の掲示板に、すっかり恒例となった「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」のポスターも見られました。
(写真6 2020年2月のヨコハマ鉄道模型フェスタのポスター)
2020年2月のヨコハマ鉄道模型フェスタのポスター

相鉄・東急直通線の工事の進捗は、後日、日吉駅付近の様子も掲載する予定です。
旧・田町車両センター再開発の進捗状況は、品川駅線路切換工事後が行われてから最初の記録となる2019年12月上旬の様子です。
今回は、上野東京ライン(東海道線)車内からとなります。
(写真1 旧・田町車両センター再開発の進捗 2019年12月上旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2019年12月上旬

品川駅を出るとすぐに、大きな柱の間を通り抜けていきます。
(写真2 品川駅の柱)
品川駅の柱

同駅付近も、工事が進んでいる感じです。
(写真3 品川駅付近)
品川駅付近

少し進みまして、新駅・高輪ゲートウェイ駅付近です。
ホームの先端部分は、完成したのと変わらないように見えます。
(写真4 完成が近づいている新駅)
完成が近づいている新駅

ホーム中央のエレベーター付近も、細かなところの工事へと進んでいるようです。
(写真5 ホームドアとエレベーター)
ホームドアとエレベーター

また、屋根からの“高輪ゲートウェイ駅”の駅名標も見られます。
(写真6 高輪ゲートウェイ駅の駅名標)
高輪ゲートウェイ駅の駅名標

さらに、田町駅方面に進むと、新しい京浜東北線の高架の先に、使われなくなった高架が見えてきます。
(写真7 新・旧の京浜東北線高架区間)
新・旧の京浜東北線高架区間

思いのほか、違和感がない新しい高架が、時の流れの速さを感じさせます。
(写真8 新しく使用が開始された京浜東北線の高架)
新しく使用が開始された京浜東北線の高架

年内か、新年早々には、次の記録ができればと思っています。