にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年5月20日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」からの4回目です。今回は、特修工場を中心に、プラレール(鉄道おもちゃ)の話題なども記録していきます。

毎年、更新中の車両が気になる特修工場は、新1000形などが入場中でした。
(写真1 特修工場内の新1000形)
特修工場内の新1000形

引退した2000形も、生き残りの車両はきれいになるようです。
(写真2 特修工場内の2000形)
特修工場内の2000形

車内も座席の一部などが取り外され、作業が行わているところです。
(写真3 2000形の車内)
2000形の車内

そして、特修工場と主工場の間にあるトラバーサーです。
お約束なので、2018年も記録しておきます。
(写真4 トラバーサー)
トラバーサー

さらに、特修工場(手前)も同様に記録しておきます。
(写真5 特修工場)
特修工場

ちなみに、工場内の隅には、昨年と同じ場所に、メーカー協賛の「プラレール広場」がありました。
京急オリジナル(事業者限定)の“プラレール”がたくさん並んでいます。
他社では見られないほど、種類が充実しています。
(写真6 特修工場内のプラレール広場)
特修工場内のプラレール広場

なお、このイベントでは、2000形プラレールのダブルセットが、数量限定で先行発売されましたけれど、予想に反して、“プラレール広場”と物販コーナーの“おとどけいきゅう”のどちらも、最後まで売り切れずに残っていました。
(写真7 物販コーナーの“おとどけいきゅう”)
物販コーナーの“おとどけいきゅう”

あと、限定物といえば、鉄道模型メーカー“KATO”も出店して、先頭車差し替え用で“けいきゅん”の2100形(Nゲージ)を販売しました。
こちらは、数量がかなり少なかったこともあり、完売となりました。
(写真8 物販コーナーの“KATO”)
物販コーナーの“KATO”

京急ファミリー鉄道フェスタ2018は、次回まとめとなります。
今年も、2015年12月26日(土)より、京急線上大岡駅にある“京急百貨店”7階で「第7回 京急鉄道フェア」が開催されています。
イベントは、明日30日(水)まで行われます。
(写真1 第7回京急鉄道フェア 京急百貨店)
第7回京急鉄道フェア 京急百貨店

年末恒例の鉄道コレクションは、すでに発表があったように、「京急700形 非冷房車 高運転台」です。
(写真2 鉄コレ 京急700形 非冷房車 高運転台)
鉄コレ 京急700形 非冷房車 高運転台

販売ブースは閑散としていて、過去2回で発売の230形、600形非冷房車と共に、入手可能です。
(写真3 京急鉄道コレクション販売ブース ほか)
京急鉄道コレクション販売ブース ほか

鉄コレといえば、こちらも電車市場から発表のあった「東急8000系」です。
見本品が展示されていて、ぜひ宣伝・購入して下さいとのことでした。
(写真4 電車市場 鉄コレ 東急8000系 見本展示)
電車市場 鉄コレ 東急8000系 見本展示

基本4両セットと中間2両セットになるようで、東急のバリエーションが増えるのは楽しみです。
(写真5 鉄コレ 東急8000系 見本)
鉄コレ 東急8000系 見本

鉄道模型関連では、京浜急行バスを含む京急のN・HOゲージなどを集めて展示していました。
(写真6 京浜急行関連の模型展示 N・HOゲージなど)
京浜急行関連の模型展示 N・HOゲージなど

さりげなく、“けいきゅん”もいました。
(写真7 けいきゅん)
けいきゅん

そして、いつもの「巨大ジオラマNゲージ鉄道模型運転会」もあります。
(写真8 巨大ジオラマNゲージ鉄道模型運転会)
巨大ジオラマNゲージ鉄道模型運転会

京急の車両中心ですが、京浜東北線などJR東日本などの車両も、たくさん見られます。
(写真9 京浜東北線・京急800形 ほか Nゲージ)
京浜東北線・京急800形 ほか Nゲージ

ジオラマも、みなみとみらい地区(横浜)、品川駅周辺エリア、羽田空港など、見所いっぱいでした。
(写真10 品川駅周辺エリア)
品川駅周辺エリア
(写真11 羽田空港)
羽田空港

ステージでは、「日本鉄道党年末納会」が行われていて、この後、開始にあたり撮影・録画・録音が禁止となりました。
禁止の説明が、柔らかく伝えるための冗談かと思っていましたら、案外本当でした・・・。
(写真12 ステージイベント)
ステージイベント

今回は、“ぐでたま”と京急のコラボもあり、別の階の5階には、特設コーナーがありました。
(写真13 ぐでたまとコラボのコーナー 5階)
ぐでたまとコラボのコーナー 5階

最後は、いつもと同じ、上大岡駅改札から直結の京急百貨店3階入口の案内板です。
(写真14 京急百貨店3階入口の案内板)
京急百貨店3階入口の案内板

冒頭にも記載しましたが、明日(2015年12月30日)まで開催しています。
2015年1月3日(土)~5日(月)に(一部内容は4日まで)開催された、BIG FUN 平和島(平和島競艇場など/京急線平和島駅、JR京浜東北線大森駅からバス)での「京急鉄道フェスタ in BIG FUN 平和島」より、2日目の様子から2回目です。

ステージで行われた、京急電鉄(広報課)の飯島さんによるトークショー・4日(日)の2回目は、「てつどうもけい」がテーマでした。※トークショーは、2日間で計6回あり、それぞれ違う内容で行われました。
(写真1 トークショーの様子)
トークショーの様子

会場内にも「ジオラマ展示会」として、鉄道模型(Nゲージ)のレイアウトがありました。
話題の“KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN”をはじめ、京急の車両が大集合です。
(写真2 ジオラマ展示会・鉄道模型)
ジオラマ展示会・鉄道模型

そんな中、お子さんたちが気になっていたのが、京急の車両に混ざって、高架を走行する新幹線です。
とても違和感がありますが、これは、トークショーの内容とも関係があり、京急と新幹線の実車が、同じ線路幅“1435mm(標準軌)”ということを言いたかったようです。
(写真3 新幹線と京浜急行の車両 Nゲージ)
新幹線と京浜急行の車両 Nゲージ

鉄道模型に関するトークショーでは、鉄道模型と実物(実車)との違いについて、いろいろな話がありました。
たとえば、カーブに関する話があって、鉄道模型(Nゲージ)で多く使用されているTOMIXのR280(半径280mm)は、実物の場合はどんなイメージかということです。
実物に換算するとR=45(m ※メートル)に相当するということで、京急線で2番目にきつい、八ツ山(品川-北品川)のカーブが“R=100”で、そのイメージよりもきついカーブになるということでした。
(写真4 京急線 八ツ山のカーブ)
京急線 八ツ山のカーブ

これに関連して、鉄道で最もきついカーブ(路面電車を除く)では、箱根登山鉄道のR=30がり、これにちかいイメージではという話もありました。
(写真5 箱根登山鉄道のカーブ)
箱根登山鉄道のカーブ

このほかにも、スケール速度についてや、HO(16番)ゲージ、原鉄道模型博物館の1番ゲージなど、いろいろなとおもしろかったです。
(写真6 京急 旧600形のHOゲージ)
京急 旧600形のHOゲージ

また、会場内の展示では、湘南電気鐵道 デ1形(後の京急230形)の1/20縮尺の大きな模型もありました。
(写真7 湘南電気鐵道 デ1形 1/20)
湘南電気鐵道 デ1形 1/20

あと、トークショーの中で、紙の(おりがみ)模型として“○○○系”も登場しました。
“けいきゅん”の後ろに見える、京急にはない“ウグイス色”の車両から、何のことだかは想像がつくと思います。
(写真8 ステージ上のけいきゅん)
ステージ上のけいきゅん

時間終了後には、お子さんたちからの質問に熱心に答えられていて、とてもお忙しそうでした。
もちろん、小さなお子さん限定というわけでもなく、とてもすてきなイベントで、次回も、開催されるといいなと思いました。

「京急鉄道フェスタ in BIG FUN 平和島」のイベント全体については、前回の記事をご覧いただければと思います。
2015年1月3日(土)~5日(月)の予定で開催中(一部内容は4日まで)の、BIG FUN 平和島(平和島競艇場など/京急線平和島駅、JR京浜東北線大森駅からバス)で開催された「京急鉄道フェスタ in BIG FUN 平和島」の2日目の様子から1回目です。

まだ、あまり知られていないイベントですが、指令器を設定して、方向指示器(方向幕)をかえる体験ができるなど、かなり充実した内容となっていました。
(写真1 京急表示器たいけんコーナー)
京急表示器たいけんコーナー
(写真2 方向幕の指令器)
方向幕の指令器

会場は、平和島競艇場などと一体となっているレジャー施設のBIG FUN 平和島です。
(写真3 平和島競艇場・BIG FUN 平和島)
平和島競艇場・BIG FUN 平和島

競艇場入口の手前の建物がイベント会場で、わかりやすいように、たくさんの案内がありました。
(写真4 BIG FUN 平和島 入口付近)
BIG FUN 平和島 入口付近

建物内に入ると、いきなり、本物の菱形パンタグラフが展示されていました。久里浜工場のイベントで見るときよりも、大きく感じます。
(写真5 1階のパンタグラフ展示会)
1階のパンタグラフ展示会

エレベーターまたは階段で3階に上がるとメイン会場です。まず、京急ミニ電車のコーナーが見えました。
(写真6 京急ミニ電車)
京急ミニ電車

このエリアでは、京急ファインテック久里浜事業所に関するパネル展示があり、電車の構成や、工場での作業など、かなり詳しく紹介していました。このほか、京急電車おりがみコーナーなどもありました。
(写真7 京急ファインテックの紹介から)
京急ファインテックの紹介から

ここから、“制服を着てさつえいしよう”というお子さん向けのコーナーを進んでいくと、ステージのあるエリアに入ります。そのステージと反対側には、“制服展示”や“プラレールで遊ぼう”のコーナーがありました。
なお、プラレールのコーナーは、メーカー推奨(基準)の小さなお子さん向けの遊び場となっていました。
(写真8 プラレールで遊ぼうのコーナー)
プラレールで遊ぼうのコーナー

ステージでは、京急電鉄広報課の飯島さんのトークショーがあり、「てつどうもけい」をテーマにお話をされました。
展示されていた鉄道模型(ジオラマ展示会)とともに、次回の記事に掲載する予定です。

※一部の催し物を除き、明日(2015年1月5日)まで開催されています。
2014年12月26日(金)より、京急線上大岡駅にある“京急百貨店”で「第6回 京急鉄道フェア」が開催されています。
このうち、29日(月)の様子からです。イベントは、明日30日(火)まで開催されています。

イベント会場は、例年通り、京急百貨店の7階催事場にて開催されています。
(写真1 第6回 京急鉄道フェア)
第6回 京急鉄道フェア

ステージイベントでは、ちょうど「第2回 京急チャンピオン大会」(京急に関するクイズ大会)が行われていました。
(写真2 第2回 京急チャンピオン大会)
第2回 京急チャンピオン大会

今回、とても注目していたのは、RFCによる「 鉄道運行を再現する模型走行実演」です。前回の西武鉄道から、京急電鉄に変わり、八ッ山橋付近も再現されていて、JR線には山手線なども見られました。
この実演については、別の記事で詳しくご紹介したいと思っています。
(写真3 RFC 鉄道運行を再現する模型走行実演)
RFC 鉄道運行を再現する模型走行実演

いつもの「巨大ジオラマ Nゲージ 鉄道模型 運転会」もありました。
車両は、1/80(HO・16番)もあり、走行していました。
(写真4 巨大ジオラマ Nゲージ 鉄道模型 運転会)
巨大ジオラマ Nゲージ 鉄道模型 運転会

このほか、京急をはじめとする鉄道グッズもたくさん販売されていますが、中でも注目は、鉄道コレクションの「京急230形 2両セット」です。
ただ、昨年に続き、この時点でまだ販売していました。しかも、昨年の限定品「旧600形・非冷房車」も一緒に販売されていました。
(写真5 鉄道コレクション 京急230形 2両セット)
鉄道コレクション 京急230形 2両セット

一方、先行販売で早々に姿を消した「プラレール 新1000形 KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」は、会場内やおもちゃ売り場にもなく、プラレールのコーナー自体も今年はありませんでした。また、プラレールの展示が一つ姿を消してしまいました。
なお、イエローハッピートレインのプラレールについては、来年(2015年)1月7日より、再度販売が開始されることになっています。
(写真6 京急プラレール完売と再販売の案内 屏風浦駅)
京急プラレール完売と再販売の案内 屏風浦駅

あと、夏に東京ビッグサイト(東京国際展示場)で行われた「全国高等学校 鉄道模型コンテスト」から、(県内の)優秀作品展示などもありました。
(写真7 全国高等学校 鉄道模型コンテスト 優秀作品展示)
全国高等学校 鉄道模型コンテスト 優秀作品展示

京急線上大岡駅の改札から直結の京急百貨店3階入口には、「第6回 京急鉄道フェア」の案内が、門松と一緒においてありました。
(写真8 京急百貨店3階入口の案内)
京急百貨店3階入口の案内

このイベントは明日30日(火)が最終日で、15:00まで開催されています。