にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2020年2月10日(月) 横浜ハンマーヘッドにて、連節バスの国産1号車となる「BAYSIDE BLUE」の車両発表会があり、第2駐車場では、「日野ブルーリボンハイブリッド連節バス BAYSIDE BLUE」に乗車もできる展示がありました。
(写真1 BAYSIDE BLUE車両発表会)
BAYSIDE BLUE車両発表会

展示車両の行先表示器には、「2020年6月運行開始」と出ていました。
(写真2 日野ブルーリボン ハイブリッド連節バス)
日野ブルーリボン ハイブリッド連節バス

メタリックなブルーは、長い連節バスとの相性もピッタリではないかと思います。
(写真3 BAYSIDE BLUE)
BAYSIDE BLUE

車両は、新港ふ頭客船ターミナルなどがある「横浜ハンマーヘッド」の前に展示されました。
(写真4 新港ふ頭客船ターミナル 横浜ハンマーヘッド)
新港ふ頭客船ターミナル 横浜ハンマーヘッド

車内も見学してきましたが、BAYSIDE BLUEの紹介が、しっかりとされていました。
(写真5 BAYSIDE BLUEの紹介)
BAYSIDE BLUEの紹介

車内後方などには、ボックス席も設けられています。
(写真6 BAYSIDE BLUE 車内後方)
BAYSIDE BLUE 車内後方

また、連接部分は広くとられているという感じで、電車の車内を思わせるような雰囲気もあります。
これからの運行が楽しみなところです。
(写真7 BAYSIDE BLUE 連接部付近)
BAYSIDE BLUE 連接部付近

さて、“ハンマーヘッド”とは何だろうという疑問もわきますが、日本で最初の湾港荷役専用クレーンとして、新港ふ頭の突堤に設けられたクレーンのことだそうです。
そんなわけで、ハンマーヘッドと横浜市営バス“ピアライン”を一緒に撮ってみました。
(写真8 ハンマーヘッドと横浜市営バス ピアライン)
ハンマーヘッドと横浜市営バス ピアライン

向きを変えると、ベイブリッジと大黒ふ頭が見えますけれど、今話題のクルーズ船の姿がありました。
実は、訳あって、数日前には間近で見ていたりします・・・。何事もなければ、諸事情を気にすることなく、近くで撮影したくなる本当にきれいな客船です。
(写真9 大黒ふ頭のクルーズ船)
大黒ふ頭のクルーズ船

それから、横浜ハンマーヘッドの中には、いろいろなショップが入っています。
ありあけハーバースタジオもその一つで、焼きたてハーバーなるものもあったり、その他のお店もすてきなところがたくさんあります。
※写真は、確認をとって撮影しています。
(写真10 ありあけハーバースタジオの商品)
ありあけハーバースタジオの商品

車両展示会は1日限りでしたが、横浜ハンマーヘッドへは、昨年10月にオープンしてから初めてでしたので、よい機会となりました。

★横浜ハンマーヘッドへのアクセス
*JR根岸線(京浜東北線)・横浜市営地下鉄ブルーライン
 桜木町駅から徒歩15分程度 または ピアライン乗車
*横浜高速鉄道みなとみらい線(東急東横線直通)
 馬車道駅 または みなとみらい駅から徒歩10~12分程度
2019年5月19日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」からの7回目で、京急車両部品等販売コーナーなどです。

まずは、会場一番奥の方の「京急車両部品等販売」コーナーです。
時間が早いこともあって、車両の座席など、人気の車両部品がたくさんあります。
(写真1 車両の座席など)
車両の座席など

別のテント下には、方向幕がずらりと並んでいる様子も見られました。
(写真2 方向幕など)
方向幕など

事前応募(抽選)の優先時間内ですので、混乱なく順番に選ぶことができます。
(写真3 京急車両部品等販売コーナー)
京急車両部品等販売コーナー

つづいては、「運転台撮影」コーナーです。
今年は、新1000形アルミ車が使用されていました。
(写真4 運転台撮影 新1000形)
運転台撮影 新1000形

その手前、「信号機操作体験」コーナーは、運転台撮影と同じく、小学生以下と保護者のペア限定ですが、こちらも賑わっています。
(写真5 信号機操作体験コーナー)
信号機操作体験コーナー

そして、地味ながら人気の復元車両は、デ1形からです。
(写真6 デ1形復元車両)
デ1形復元車両

そのとなりは、鮮やかになったデ51形です。
(写真7 デ51形復元車両)
デ51形復元車両

さらに、鉄道模型を作る方などは、特に気になるであろうOK18台車です。
(写真8 OK18台車)
OK18台車

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の話題は、あと1~2回の予定です。
2019年5月19日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」からの6回目で、京急ミュージアムや物販コーナー(川崎鶴見臨港バス)などです。

このフェスタをモデルにした鉄道模型(Nゲージ)のジオラマが展示されていましたけれど、ここは、今後、オープン予定の「京急ミュージアム」(仮称)の紹介コーナーです。
(写真1 京急ファミリー鉄道フェスタのジオラマ)
京急ファミリー鉄道フェスタのジオラマ

みなとみらい21地区(神奈川県横浜市西区)に建設中の京急グループ本社ビル(仮称)内にオープン予定の、京急ミュージアム(仮称)の概要がわかりるようになっていました。
(写真2 京急ミュージアムの紹介)
京急ミュージアムの紹介

歴代の車両の鉄道模型や鉄道おもちゃ(プラレール)なども充実するようです。
(写真3 京急の鉄道模型)
京急の鉄道模型

また、16.5mm 1/80サイズ(HO/16番)の鉄道模型は、ジオラマにも力を入れるようです。
(写真4 1/80サイズのジオラマ)
1/80サイズのジオラマ

なお、こちらの会場の大部分は、物販コーナーになっていて、相互乗り入れをしている東京都交通局や京成電鉄などから、関係の深い、東急や小田急、さらには関西方面から、阪神など多くの鉄道事業者の出店がありました。
(写真5 物販コーナー)
物販コーナー

なかでも、京急電鉄のグッズショップ「おとどけいきゅう」の野外ブースでは、長蛇の列となっていました。
(写真6 おとどけいきゅう 屋外ブース列の最後尾)
おとどけいきゅう 屋外ブース列の最後尾

このほか、グループ会社の「川崎鶴見臨港バス」の物販コーナーも賑わっていました。
(写真7 川崎鶴見臨港バス)
川崎鶴見臨港バス

バス関連グッズに加えて、バス停で使われていた名票など、気になるものが多く見られました。
(写真8 臨港バスのバス停名)
臨港バスのバス停名

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の話題は、別の話題を入れて、あと数回、記録していく予定です。
2019年5月19日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」からの5回目で、特修工場見学などです。

特修工場見学といっても、中に入れるわけではなく、作業中の車両を外側から見るだけですが、注目のコーナーの一つです。
(写真1 特修工場内の新1000形)
特修工場内の新1000形

新1000形アルミ車や800形などの姿が見られました。
(写真2 特修工場内の800形)
特修工場内の800形

ここで見る車両は、製作中の鉄道模型と同じような感じです。
(写真3 特修工場見学から)
特修工場見学から

次第に珍しいものになって行くであろう“東急車輌”の銘板にも目がいきます。
(写真4 銘板)
銘板

ここ数年は、主工場と特修工場の間が休憩スペースになっています。
(写真5 休憩スペースと特修工場)
休憩スペースと特修工場

ここは、トラバーサーが移動するところで、それ自体は見学通路としても使われているので、このイベントでは、残念ながら稼働している様子は見ることができません。
(写真6 トラバーサー)
トラバーサー

なお、トラバーサーには、一旦停止の文字が書かれているところがあります。
(写真7 トラバーサーに書かれた一旦停止の文字)
トラバーサーに書かれた一旦停止の文字

それから、こちらも数年前から定位置となった、タカラトミー公式協賛の「プラレール広場」です。
ジオラマをはじめ、プラレールの販売や“くじ”なども行われています。
(写真8 プラレール広場)
プラレール広場

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の話題は、次回も続けて記録していく予定です。
2019年5月19日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」からの4回目で、主工場内のイベント、車体上げ作業実演などです。

このフェスタでは、お子さんとその家族のみというイベントが多い中、誰もが間近で見ることができるものの一つです。
(写真1 車体上げ作業実演)
車体上げ作業実演

普段は見ることがない、2100形の車体がジャッキアップされた様子は迫力があります。
(写真2 ジャッキアップされた2100形)
ジャッキアップされた2100形

実演が行われていないときは、リフチングジャッキだけが目立ちます。
(写真3 リフチングジャッキ)
リフチングジャッキ

一方、車輪などは、工場内の配置の関係からか、自由に見学できるところからは、少し離れたところにあります。
(写真4 車輪)
車輪

そして、この実演が行われた近くには、工場内で使われている作業用の車両なども展示されていました。
(写真5 主工場内の作業用車両)
主工場内の作業用車両

また、一部のクーラーカバーは、鉄道模型の製作などでも参考にできるほど、近くでゆっくりと見られるようにもなっています。
(写真6 クーラーのカバー)
クーラーのカバー

このほか、見過ごしてしまいそうなところでは、天井に、久里浜、品川、海、山の各方向を表す表示があります。
(写真7 天井の方向を示す看板)
天井の方向を示す看板

あと、キャラクターの“けいきゅん”と写真撮影できる場所があり、お子さんたちに、とても人気がありました。
(写真8 けいきゅんと写真撮影)
けいきゅんと写真撮影

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の話題は、他の話題を入れながら、もうしばらく記録していく予定です。