にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
新年早々からいろいろとありまして、予告なく更新が滞ってしまい、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
また、本年も引き続き、皆様にご訪問いただいていますことを感謝しております。
さて、更新再開は、鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門の続きからです。

2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の45回目です。

1校目は、“思い出の車両へ~ありがとう~”というタイトルの「東京都立小石川中等教育学校 物理研究会鉄道班」の作品です。
長瀞(秩父鉄道)や西国分寺(中央線)付近などを参考にして制作されたものです。
(写真1 東京都立小石川中等教育学校 物理研究会鉄道班)
東京都立小石川中等教育学校 物理研究会鉄道班

地方の風景の中、長年活躍した車両が最後の走行となる様子をモジュールにしたものです。
(写真2 中央線などをイメージしたモジュール)
中央線などをイメージしたモジュール

2校目は、アメリカ合衆国のカルフォルニア州“サン・クレメンテ・ピア”を再現した「八洲学園高等学校 創造分野アートプログラム」の作品です。
建物や植物などから、おおよその地域も伝わってきます。
(写真3 八洲学園高等学校 創造分野アートプログラム)
八洲学園高等学校 創造分野アートプログラム

色鮮やかなピーチと、そこで楽しんでいる人々などを見ていると、とても明るい気分になってきます。
(写真4 サン・クレメンテ・ピアをイメージした風景)
サン・クレメンテ・ピアをイメージした風景

3校目は、“鉄道と夏”をテーマにした「鶴見大学附属中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
山には、大文字焼きの“大”の字も見られます。
(写真5 鶴見大学附属中学校・高等学校 鉄道研究部)
鶴見大学附属中学校・高等学校 鉄道研究部

線路沿いでは夏祭りが開かれていて、屋台なども数多く出店しています。
(写真6 大文字のある山やお祭りと屋台など)
大文字のある山やお祭りと屋台など

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、あと残り僅かとなりました。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」のJAM公式記録集(ネコ・パブリッシング)が、昨年(2018年)末に、今回も発売されました。

出展団体は、例年よりも遅れての発売後になりましたが、実行委員会(株式会社 井門コーポレーション)様より、掲載誌を1部いただくことができました。
(写真1 第19回 国際鉄道模型コンベンション JAM公式記録集)
第19回 国際鉄道模型コンベンション JAM公式記録集

参加した「Panda NEKO No.1・mr0123ma・た625 共同チーム」も、掲載していただいています。
(写真2 国際鉄道模型コンベンション 出展団体掲載ページ)
国際鉄道模型コンベンション 出展団体掲載ページ

なお、この発刊とほぼ同じころに、2019年の開催についても発表がありました。
次回、第20回 国際鉄道模型コンベンション(JAM)は、2019年8月16日(金)~18(日) 東京ビッグサイト(東京国際展示場)西1ホールにて、「東京」をテーマに開催されることになります。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の44回目です。

1校目は、“JR上野駅”を再現した「東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部」の作品です。
東北本線や高崎線など、北の玄関口ともいわれていた上野駅の特徴ある部分を上手に作り上げています。
(写真1 東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部)
東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部

上野駅は各階にホームが分かれていますが、モジュールとしてメインになっているのは、1階の地上ホームです。
(写真2 上野駅地上ホーム)
上野駅地上ホーム

特注ある駅舎も、駅名の文字を含めて、しっかりと再現されています。
(写真3 上野駅・駅舎)
上野駅・駅舎

常磐線や地下の新幹線ホームなどまで、見事に全体を収めています。
(写真4 地下を含む上野駅モジュール全体)
地下を含む上野駅モジュール全体

2校目は、“或る田舎の風”というタイトルの「日々輝学園高等学校神奈川校 鉄道模型部」の作品です。
駅近くの山の上にはお祭りの会場を設定するなど、空想の田舎の駅をモジュール化しています。
(写真5 日々輝学園高等学校神奈川校 鉄道模型部)
日々輝学園高等学校神奈川校 鉄道模型部


3校目は、“都電荒川線”をイメージした「神奈川県立平塚中等教育学校 鉄道研究同好会」の作品です。
東京さくらトラムらしく、満開の桜のシーズンを表現しています。
(写真6 神奈川県立平塚中等教育学校 鉄道研究同好会)
神奈川県立平塚中等教育学校 鉄道研究同好会

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、いよいよ、あと数回の掲載予定となてきました。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の43回目です。

1校目は、“王子駅~上中里駅間”をモジュールにした「駿台学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
新幹線をはじめ、山手線、京浜東北線など、多くの路線が見られます。
(写真1 駿台学園高等学校 鉄道研究部)
駿台学園高等学校 鉄道研究部

新幹線と貨物の交差も再現されていて、迫力のある作りになっています。
(写真2 王子駅~上中里駅間のモジュールより)
王子駅~上中里駅間のモジュールより

2校目は、JR中央本線“上野原駅付近”の景色を表現した「城西大学附属城西高等学校 科学部」の作品です。
切通しのようなところから、橋梁へとつながる様子がすてきです。
(写真3 城西大学附属城西高等学校 科学部)
城西大学附属城西高等学校 科学部

川の上の道路あたりから見た眺めもよく、中央本線の魅力が伝わります。
(写真4 橋梁付近からの眺め)
橋梁付近からの眺め

2校目は、“桜と季節外れの雪の御茶ノ水駅”というタイトルの「藤沢翔陵高等学校 地歴・交通研究部」の作品です。
JR中央線の御茶ノ水駅に、うっすらと雪が積もる様子を表現しています。
(写真5 藤沢翔陵高等学校 地歴・交通研究部)
藤沢翔陵高等学校 地歴・交通研究部

神田川と東京メトロ丸の内線を意識つつ、桜と雪のコラボした御茶ノ水駅となっています。
(写真6 季節外れの雪の御茶ノ水駅)
季節外れの雪の御茶ノ水駅

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、新年も、もう少し続きます。
今年(2018年)5月に訪問で、年末の掲載となってしまいましたが、鉄道模型のジオラマ作りの参考にもなりそうな、「東京ガス 横浜ショールーム」の話題です。

※写真撮影とブログ等ネットへの掲載について、個人かつ非営利という条件で、事前に許可を得ています。
(写真1 東京ガス 横浜ショールーム)
東京ガス 横浜ショールーム

面白いところがあるという紹介で、みなとみらい線(東急東横線直通)みなとみらい駅からすぐの、“MARK IS みなとみらい”にある「東京ガス 横浜ショールーム」へ出かけました。
(写真2 横浜高速鉄道みなとみらい線みなとみらい駅)
横浜高速鉄道みなとみらい線みなとみらい駅

ショールームといっても、商品が並んでいるだけではなく、家や庭などもいくつか作られていています。
(写真3 ビルの中に家や庭がつくられている様子)
ビルの中に家や庭がつくられている様子

中をのぞくと、室内もきちんと設定されていて、おしゃれな空間となっています。
(写真4 デザイナーによってつくられた室内)
デザイナーによってつくられた室内

別のコーナーでは、部屋の中を中心に年代設定がされていて、当時をしっかりと再現したところもあります。
(写真5 なつかしさを感じられる設定の部屋)
なつかしさを感じられる設定の部屋

ガスを使った日常を便利にする様々な商品の紹介・体験コーナーもたくさんありますが、これからの時代を先取りするようなものもあり、詳細なつくりをすることが多くなった鉄道模型のジオラマづくりにも、これからの建物と周辺の機器など、何かと参考になるのではないかと思いました。
(写真6 ガスを使って電気を作る装置)
ガスを使って電気を作る装置

住まいもどんどん進化してきていますけれど、快適な生活を考えるうえでも、とても楽しく勉強になるところではないでしょうか。