にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)国鉄72・73形通勤電車(可部線)セットは、やはり、2編成目を向かい入れることになりました。
少なくとも、どちらか一編成は、横浜線や鶴見線の72系として、後に塗り替えを考えています。
(写真1 TOMIX 国鉄72・73形 通勤電車 可部線 2編成目)
TOMIX 国鉄72・73形 通勤電車 可部線 2編成目

しかしながら、可部線色の2編成のままの姿も魅力的です。
(写真2 Nゲージ 可部線 クハ79とクモハ73×2編成)
Nゲージ 可部線 クハ79とクモハ73×2編成

また、4両1編成に組み替えても、楽しめそうです。
(写真3 TOMIX 72系 可部線 4両編成)
TOMIX 72系 可部線 4両編成

旧型国電は、改造のことを考えると、もう少し増やしたいところです。
先日のTOMIX(鉄道模型・Nゲージ)「国鉄 72・73形通勤電車(鶴見線・全金車編成)セット」と合わせられるように、KATO(鉄道模型・Nゲージ)「101系鶴見線 3両セット」を入手しました。
また、クハ100側の連結器は、南武線のことも考慮して、早々に「クハ101カプラー(前面用)」に交換しました。
(写真1 KATO 101系鶴見線 3両セット)
KATO 101系鶴見線 3両セット

3両編成のセットは、4両タイプのブックケースに入っています。
(写真2 KATO 101系鶴見線 説明書・ケースなど)
KATO 101系鶴見線 説明書・ケースなど

それと、“弁天橋”を含む交換用の方向幕なども付属しています。
(写真3 101系鶴見線付属パーツ)
101系鶴見線付属パーツ

非冷房の懐かしい編成を楽しみことができます。
(写真4 Nゲージ 101系鶴見線 3両編成)
Nゲージ 101系鶴見線 3両編成

なお、クモハ101にはジャンパを取り付けたり、72系と一緒に並べるには、シールドビーム改造前で1灯のヘッドライトにもしたいとこなので、こちらも少しずつ作業を進めていきたいと思っています。
1/80 16.5mm(鉄道模型・16番/HO) カツミ 103系京浜東北線は、モハユニットのうち、モハ102の台車を本来のDT33に交換しました。
この車両は、旧製品のため、DT21で代用されていたものを、TR62に仮交換していたものです。
(写真1 1/80 16.5mm KTM 103系京浜東北線)
1/80 16.5mm KTM 103系京浜東北線

1/80の台車なので、1両分でも結構いいお値段となります。
(写真2 KTM DT33 台車 黒・ピボット軸受)
KTM DT33 台車 黒・ピボット軸受

塗装済みで、しっかりとできていますが、構成はとても簡単です。
(写真3 KTM DT33 構成)
KTM DT33 構成

まだ、手を入れていきたいところがたくさんありますけれど、少しずつ進めていきます。
(写真4 1/80 16.5mm KTM モハ102)
1/80 16.5mm KTM モハ102

ちなみに、モハ103は、動力化を考えているので、今回はDT21からTR62に仮交換したままとなっています。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)「国鉄 72・73形通勤電車(鶴見線・全金車編成)セット」は、3両1編成の自作室内灯の取り付けを完了しました。
(写真1 TOMIX 国鉄 72・73形鶴見線 自作室内灯)
TOMIX 国鉄 72・73形鶴見線 自作室内灯

クハ79形、クモハ73形の両先頭車両の方向幕は、過去の同形式(可部線など)の製品とちがい、白色点灯するようになっています。
(写真2 TOMIX 鶴見線 クモハ73形 自作室内灯)
TOMIX 鶴見線 クモハ73形 自作室内灯

自作室内灯の取り付けに合わせて、付属の方向幕・運行番号のシールも貼りました。
(写真3 TOMIX 鶴見線 クハ79形 方向幕シール)
TOMIX 鶴見線 クハ79形 方向幕シール

これで、暗くした環境での走行も楽しめるようになりました。
(写真4 TOMIX 国鉄72・73形通勤電車 鶴見線・全金車編成)
TOMIX 国鉄72・73形通勤電車 鶴見線・全金車編成

次は、付属のサボを取り付けるなどして、さらに鶴見線らしくしていきたいと思っています。
鶴見線の混色編成や、京浜東北線の塗り替え用として、KATO(鉄道模型・Nゲージ)「101系中央線4両増結セット」を入手しました。
(写真1 KATO 101系中央線4両増結セット)
KATO 101系中央線4両増結セット

本来、中央線の編成を組む仕様なので、それに関連した方向幕などが付属しています。
(写真2 101系の付属パーツ)
101系の付属パーツ

増結セットには、パンタグラフの台があるサハ100形200番台が1両含まれています。
(写真3 パンタグラフの台があるサハ100)
パンタグラフの台があるサハ100

10両集めるには大変そうなので、当面は鶴見線として使うことになると思うことから、まずは、中間車のモハ100を動力車化しようと考えています。
(写真4 101系中央線4両とケース)
101系中央線4両とケース

先に、オレンジ色からになってしまいましたけれど、肝心のカナリヤ(イエロー)の101系(現行品)を入手しなくてはというところです。
次の展開に進みましたら、また、掲載したいと思います。