にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」から、モデラー出展の3回目です。

今回は、出展ブース斜めお隣の「黒柳鉄道」の皆さんで、戦後の昭和時代を象徴するレトロなジオラマです。
(写真1 第19回 国際鉄道模型コンベンション~黒柳鉄道)
第19回 国際鉄道模型コンベンション~黒柳鉄道

茶色い(ぶどう色の)旧形国電や、それから改造された配給車など、古い街並みがなつかしさを感じさせます。
(写真2 昭和な情景と配給車)
昭和な情景と配給車

広いレイアウトの奥には、目立つ色の箱根登山鉄道の電車も見えます。
(写真3 旧形国電と箱根登山鉄道)
旧形国電と箱根登山鉄道

登山電車が走っているのは、平地ばかりではなく、高低差のある山の情景もあるためです。
(写真4 山から見下ろした風景)
山から見下ろした風景

ロープウェイもあって、実際の高さをより感じさせます。
(写真5 ロープウェイ)
ロープウェイ

びっしりと詰まった情景から、平地に目を向けると、線路際に建つ家々とそこに暮らす人々の姿があります。
(写真6 線路際に建つ家々)
線路際に建つ家々

釣り堀などもあり、どのシーンも本当に細かいところまで仕上げてあります。
(写真7 釣り堀)
釣り堀

駅も何か所かありますが、都会の駅から地方の駅まで、いろいろな様子を楽しむことができます。
このほかにも、小動物なども配置されていたり、遊び心たっぷりの大きなジオラマです。
(写真8 駅とガソリンスタンド)
駅とガソリンスタンド

第19回 国際鉄道模型コンベンション~モデラー出展よりは、ご紹介できるのは一部ではありますが、もう少し続きます。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」から、モデラー出展の2回目です。

今回は、出展ブースから見えるところの「芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部」の皆さんです。
1/80 16.5mm(16番/HO)の展示です。
(写真1 芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部)
芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部

比較的広いブースには、スケールに合わせた“芝浦駅”が作られていて、都営バスや東急バスなどのバスターミナルとなっていました。
(写真2 芝浦駅のジオラマ)
芝浦駅のジオラマ

このほかにも、沿線の家や都営バスの車庫など、市販されていない大きめの情景が作られていました。
(写真3 家屋や都営バスの車庫など)
家屋や都営バスの車庫など

また、周回しないエリアには、車庫のような感じで、車両がたくさん置かれていました。
(写真4 211系や電気機関車など)
211系や電気機関車など

通勤・近郊型から、特急・客車などいろいろな1/80サイズの車両が見られました。
これらは、寄付でいただいたものも結構あるとのことでした。
(写真5 103系や113系など)
103系や113系など

そして、個人的にお気に入りのプラ製の03系京浜東北線もありました。
大きな会場では、1/80サイズの車両は、見ごたえがあると思います。
(写真6 103系京浜東北線 1/80 16.5mm)
103系京浜東北線 1/80 16.5mm

第19回 国際鉄道模型コンベンション~モデラー出展よりは、別の話題を入れながら続きます。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」から、モデラー出展の一部を、何回かにわたってご紹介したいと思います。

自らが出展していたことから、訪問・撮影をできたブースは限られていますが、写真が撮れているものについて、いくつかの団体を順次掲載します。今回は、出展ブースのおとなり「ポッポ屋」の皆さんの作品です。

はじめは、石炭運搬の貨車や蒸気機関車の転車台などがあるジオラマです、今では見られない、昭和の時代を象徴するような風家のひとつが作られています。
(写真1 石炭の運搬と転車台のあるジオラマ)
石炭の運搬と転車台のあるジオラマ

次も、なつかしさを感じさせるシーンです。単線の線路に、短い編成の車両が停車できるホームがあります。
地方ののどかな様子が伝わってきます。
(写真2 なつかしさを感じる駅)
なつかしさを感じる駅

ここからは、少し現在にもつながる風景で、江ノ電(江ノ島電鉄)の景色です。
手前は、鎌倉高校前駅、後ろは、JR横須賀線と接続する鎌倉駅に見えますが、実際はどうでしょうか。
(写真3 江ノ電の風景 )
江ノ電の風景

そして、江ノ電の本社をテーマに、江ノ島駅付近のモジュールもありました。
(写真4 江ノ島駅付近)
江ノ島駅付近

このほか、都会のビルなども見られました。
(写真5 都会のビル)
都会のビル

このあたりから、また、地方の風景を見ていきたいと思います。
“漁港モジュール”とタイトルがつけられていて、漁港に架かる鉄橋がポイントととなっています。
(写真6 漁港のモジュール)
漁港のモジュール

海に続いては、川のシーンの大井川鉄道の風景です。
鉄橋を通過する列車がすてきな感じです。
(写真7 大井川鉄道)
大井川鉄道

さらに、ローカルで、1両編成の列車が行く単線のモジュールです。
心が和むワンシーンだと思います。
(写真8 ローカルな景色)
ローカルな景色

ポッポ屋さんの出展は多くのモジュールがあったため、やむなく、いくつかのモジュールを抜粋して掲載しました。

掲載団体は限られてしまいますが、第19回 国際鉄道模型コンベンション~モデラー出展よりは続きます。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」への出展は、お陰様で無事に終了することができまた。
同じメンバー“Panda NEKO No.1mr0123maた625 共同チーム”での出展は3連続となり、た625さんの作品は、lofthonsenさん(Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記)、親爺ぃさん(親爺ぃの鉄道模型制御はArduinoであ~る)も、昨年に続きご参加いただきました。

今年の展示を簡単に振り返りますと、まず、mr0123maさんの外国型車両を中心としたNゲージ車両は、新作4編成を加えて、さらに充実したラインナップとなりました。
(写真1 ヨーロッパやアジアのNゲージ車両)
ヨーロッパやアジアのNゲージ車両

あまりなじみのなかった海外の車両も、今では、お子さんでも車両がわかるようになり、いろいろな方々に楽しんでいただきました。
(写真2 外国型車両 mr0123maさんの展示から)
外国型車両 mr0123maさんの展示から

そして、ジオラマ製作から、さらに一歩踏み込んで、電気的な要素を加えた、た625さんの展示は、lofthonsenさん、親爺ぃさんとの協力で、目標までの完成へとあと一歩のところまで来ました。
お子さんに・・・ということでしたけれど、意外にも?一般の大人や製作者サイドの方々にも、たくさん遊んでいただきました。
今回は、私も少しだけ協力させていただき、Arduinoに初チャレンジとなり、大きな一歩を踏み出すことができました。
(写真3 自動ループ運転 た625さんの展示から)
自動ループ運転 た625さんの展示から

一方、担当の鉄道おもちゃ(プラレール)展示は、そろそろ引っ込めたほうがよいのではないかと思う“自動踏切警報機・遮断機”は、まだまだ、実物を初めて見る方も多く、また、毎年楽しみにしてきてくれる方もいることから、次回どうするか、とても悩むところです。
いずれにしても、皆さんにかわいがっていただき、本当に感謝しています。
(写真4 自動踏切警報機・遮断機 鉄道おもちゃ)
自動踏切警報機・遮断機 鉄道おもちゃ

また、並べただけの各種ゲージやショーティーサイズ(Bトレ/16番)の鉄道模型は、意外にも好評で、いろいろな楽しみ方をお伝えできたのではないかと考えています。
(写真5 16番/HO・Bトレ・鉄道おもちゃなど)
16番/HO・Bトレ・鉄道おもちゃなど

さらに、いつも苦戦を強いられている箱根登山鉄道をモデルにした自動往復・スイッチバック運転(システム)は、今回、ほぼ安定した動きとなり、もう間もなくできあがる新システムへの移行も見えてきた感じです。
(写真6 自動往復・スイッチバック運転 鉄道おもちゃ)
自動往復・スイッチバック運転 鉄道おもちゃ

あと、ついに公開に踏み切った〇〇出願中の謎のものは、お子さんを中心に、裏メニューでありながら順番を待っていただくなど、多くの方々に体験していただきました。
ブログへの掲載は、まだ時期尚早と考えましたので、またの機会をお楽しみいただければと思います。

最後になりましたタイトルにもある来年・2019年、「第20回 国際鉄道模型コンベンション」の開催は、同じ、東京ビックサイト(東京国際展示場)を予定していると公式より発表がありました。
ただ、西ホールに変わることと、具体的な日程はこれからの発表となっています。

(会場ブースにお越しくださいました皆様へ)
お声掛けくださったり、そっと作品を見ていただいたり、ありがとうございました。
直接、ごあいさつできない方もいらっしゃると思い心苦しい点もありますが、皆様のお心遣いに感謝して、作品作りや出展に生かしていきたいと思っています。
本日、2018年8月17日(金)~8月19日(日)の3日間にわたって、「第19回 国際鉄道模型コンベンション」が、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)にて開催されます。
昨日の記事でもお知らせしましたように、“Panda NEKO No.1・mr0123ma・た625 共同チーム”で出展いたします。
(写真1 国際鉄道模型コンベンション出展ブースと参加団名板)
国際鉄道模型コンベンション出展ブースと参加団名板

メイン担当のプラレールは縮小出展ですが、同じく、前日、出展を決めた鉄道模型と一部鉄道おもちゃに関する〇〇出願中の隠れ出展については、お声をかけていただければお見せできるようにする予定です。
(写真2 出展ブースの準備中の様子から)
出展ブースの準備中の様子から

なお、私とmr0123maさんは全日・終日、また、た625さんは17日の終日と18日の昼頃まで、一部の時間帯を除き、ブースにて皆様をお待ちしております。ご来場の際は、順番にお話などさせていただきますので、対応中であっても、ぜひともお声掛けください。