にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18回 国際鉄道模型コンベンション」(JAM)から、モデラー出展の14回目・最終回です。

今回も、「J-TRAK Society」の皆さんの作品からです。
まずは、車庫がメインとなっているモジュールからで、車両の点検や清掃する作業員の姿も見えます。
(写真1 J-TRAK Society の皆さんのモジュールから)
J-TRAK Society の皆さんのモジュールから

そして、ここからは、個別のモジュールとつながっている大きな車両基地の展示です。
山手線などの車両がとまっていますが、手前の有名なうどん店も気になるところです。
(写真2 車両基地)
車両基地

奥には、房総方面の特急や京急の車両などもありました。
(写真3 京浜急行の車両など)
京浜急行の車両など

かなりたくさんの車両を配置できるようになっていて、メンバーの皆さんのジオラマだけではなく、車両もたくさん展示できそうです。
(写真4 ヤード)
ヤード

第18回 国際鉄道模型コンベンションのモデラー出展からは、自らが出展している関係で写真を撮る余裕があまりなく、近隣を中心にごく一部しかご紹介できませんでしたが、イベントの楽しさが伝わればうれしく思います。

今年度、「第19回 国際鉄道模型コンベンション」は、2018年8月17日(金)~19(日) 東京ビッグサイト(東京国際展示場)東1ホールにて、「北海道」をテーマに開催されます。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18回 国際鉄道模型コンベンション」(JAM)から、モデラー出展の13回目です。

今回も、「J-TRAK Society」の皆さんのモジュール作品となります。
はじめは、工場などが並ぶ風景です。
(写真1 J-TRAK Society の皆さんのモジュールから)
J-TRAK Society の皆さんのモジュールから

木材などを扱う工場では、丸太が積み上げられて、加工しているようです。
(写真2 木材を扱う工場)
木材を扱う工場

そのとなりには、太陽光発電のパネルらしきものが、たくさん並べられています。
(写真3 太陽光パネルなど)
太陽光パネルなど

つぎは、乗り物をテーマにした公園がある街のモジュールです。
(写真4 飛行機や電車の展示がある街)
飛行機や電車の展示がある街

丁字の交差点付近には、京急デハ230形や小型の飛行機が屋外展示されています。
(写真5 京急デハ230形など)
京急デハ230形など

さらに、別の場所には、JR東日本の新幹線(E6系)の滑り台があり、お子さんなどが楽しそうに遊んでいる光景が見られます。
(写真6 新幹線の滑り台)
新幹線の滑り台

「第18回 国際鉄道模型コンベンション」のモデラー出展からは、あと1回「J-TRAK Society」の皆さんのモジュール作品を予定しています。
2018年1月21日(日)に、鉄道模型メーカーのホビーセンターカトー(東京都新宿区西落合)で行われた“ホビセンフェスティバル”から、同時開催の「ベスト オブ ジオラマ コンテスト T-TRAKジオラマコンテスト部門」の続きです。

T-TRAKジオラマコンテスト2018出展説明会では、モジュール作品を海外などに持ち出す例の説明もありました。
(写真1 海外への作品持ち出しの例)
海外への作品持ち出しの例

これは、アメリカで開催されていてる鉄道模型のイベント紹介に関連してものものです。
今年から、一部要項が変更となることについての案内もありました。
※ホームページで詳細を確認することができます。
 KATO T-TRAK DIORAMA CONTEST
 https://www.t-trak.jp/
なお、説明会については、今後も開催の予定があるようです。
(写真2 アメリカでのイベント紹介)
アメリカでのイベント紹介

さて、ここからは、ホビーセンターカトーの展示品を一部掲載します。まずは、雪景色のミニジオラマです。
(写真3 雪景色のジオラマ)
雪景色のジオラマ

スノーペーストの商品紹介で展示されているものです。
(写真4 スノーペーストの説明)
スノーペーストの説明

このほか、入口付近には、京浜急行電鉄関連の展示もありました。
(写真5 京浜急行電鉄関連の展示)
京浜急行電鉄関連の展示

駅や崖など、いかにも京急らしいジオラマが楽しめました。
(写真6 京急線のジオラマ)
京急線のジオラマ

鉄道模型のファンを増やすために、いろいろとがんばっているようです。
2018年1月21日(日)に、鉄道模型メーカーのホビーセンターカトー(東京都新宿区西落合)で行われた“ホビセンフェスティバル”から、同時開催の「ベスト オブ ジオラマ コンテスト T-TRAKジオラマコンテスト部門」の話題を2回に分けて掲載します。

「ベスト オブ ジオラマ コンテスト T-TRAKジオラマコンテスト部門」は、“入賞者プレゼンテーション”と“T-TRAKジオラマコンテスト2018出展説明会”が゜行われました。
(写真1 T-TRAKジオラマコンテスト2018出展説明会)
T-TRAKジオラマコンテスト2018出展説明会

先に行われた“入賞者プレゼンテーション”では、2017年開催で1位になった作品の作者の方の講演ということで、作品も展示されました。
この作者は、「とある保存鉄道の記憶~あの情景をもう一度。。。」(https://enjoyscenery.blog.fc2.com/)というブロクを書かれている(HN)“たいやきやいた”さんで、いつも、ブログでお世話になっているほか、2年前の国際鉄道模型コンベンション(JAM)で、出展ブースにお越しいただき、お話をさせていただいていました。
(写真2 入賞者プレゼンテーション)
入賞者プレゼンテーション

機会あれば、作品ほか、日頃の制作活動などについて、もっと詳しくお伺いたしいと思っていましたが、今回も、快くいろいろとお話してくださいました。
(写真3 イベント後に作品側面部分の説明)
イベント後に作品側面部分の説明

また、“たいやきやいた”さんの作品のほかにも、コンテスト当日に見たすてきな作品の一部が展示されていました。
(写真4 T-TRAKジオラマコンテストの作品から)
T-TRAKジオラマコンテストの作品から

さらに、片付けているところをお邪魔する形になってしまいましたが、声をかけていただき、面白い車両をご紹介いただきました。
出展関係者の方々の謙虚で楽しませてくれる対応に感謝です。
(写真5 不思議な車両)
不思議な車両

そして、続きの予告のようになりますが、イベントが開催されたホビーセンターカトーには、JR東日本のクルーズトレイン E001形などの新商品もありましたので、コンテスト2018の出展説明会の話題と併せて掲載したいと思っています。
(写真6 KATO Nゲージ TRAIN SUITE 四季島)
KATO Nゲージ TRAIN SUITE 四季島

KATO T-TRAKジオラマコンテスト2018出展説明会は、別の話題を入れて、次回に続きます。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18回 国際鉄道模型コンベンション」(JAM)から、モデラー出展の12回目です。

今回も、「J-TRAK Society」の皆さんのモジュール作品となります。
まずは、周囲を鏡のようもので囲って、奥行きを出しているモジュールからです。
(写真1 周囲を鏡のように映し出したモジュール)
周囲を鏡のように映し出したモジュール

郊外の景色といった感じのところに川が流れていて、鉄橋がかかっています。
下から見上げた様子は、とてもリアルです。
(写真2 鉄橋と川)
鉄橋と川

この先には、野外でも食事をとれるような店らしきシーンがあります。
このような環境であれば、会話も弾み美味しくごちそうになれそうです。
(写真3 ガーデン)
ガーデン

つづいては、地方の門前町らしきモジュールです。
左にお寺、右に神社という設定のようです。
(写真4 地方の門前町)
地方の門前町

神社側では、露店や神輿など、お祭りが行われているシーンとなっています。
(写真5 お祭り)
お祭り

前回の中央線をイメージしたのではないかと思うジオラマと同じく、地方鉄道との接続駅が作られています。
(写真6 接続駅)
接続駅

「第18回 国際鉄道模型コンベンション」のモデラー出展からは、あと数回の予定です。