にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年5月20日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」からの3回目です。今回は、主工場内での展示・イベントを記録していきます。

まずは、行先方向幕やLED表示機の展示です。
不思議なのですが、興味を強く引き付けるものの一つです。
(写真1 行先方向幕・LED表示機)
行先方向幕・LED表示機

古いタイプの表示機操作は、ダイヤルを回したり、方向幕の表示が変わっていくのが楽しいものです。
(写真2 側面表示機操作体験)
側面表示機操作体験

そして、2100形の椅子を、進行方向に合わせて転換させる動作も気になります。
(写真3 転換イス操作体験)
転換イス操作体験

椅子といえば、こちらは自動で動きませんが、補助椅子のついた2000形のクロスシートも魅力的です。
(写真4 2000形のイス・補助イス付き)
2000形のイス・補助イス付き

車両の展示では、新1000形が前面ドアを開いていました。
緊急時の避難用ですので、普段はこの場面を見ることはありませんが、新町検車区などでは、ときとぎ開いている様子を見ることがあります。
(写真5 新1000形前面ドア)
新1000形前面ドア

日頃、見ることがないというところでは、主制御装置もカバーを外して、内部を見られました。
(写真6 主制御装置)
主制御装置

床下の機器も、内部を子会して、動作しているところを見ることができました。
(写真7 空ノッチ操作体験)
空ノッチ操作体験

あと、車両工場といえば、定番の空気圧縮機や主電動機なども、もちろんありました。
このほか、連結器やパンタグラフの展示・操作体験、また、時間帯により、車体上げ作業実演など、見所がいっぱいです。
(写真8 空気圧縮機・主電動機)
空気圧縮機・主電動機

京急ファミリー鉄道フェスタ2018は、別の話題を入れて、次に続きます。
2018年5月20日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」からの2回目です。

車両撮影コーナーのとなりは、「正面方向幕実演コーナー」で、京急800形 リバイバルカラーの車両でした。
(写真1 京急800形 リバイバルカラー)
京急800形 リバイバルカラー

懐かしい表示で、エアポートではない“急行”の記憶がよみがえります。
(写真2 京急800形「急行 11D 新町」表示)
京急800形「急行 11D 新町」表示

さらに、そのとなりは、「運転台撮影コーナー」で、1500形です。
LED表示ではありますが、変わった表示をみなさんが楽しんでいました。
(写真3 運転台撮影)
運転台撮影

また、イベント設定はないものの、新1000形アルミ車などがありました。
(写真4 京急 新1000形アルミ車)
京急 新1000形アルミ車

そして、イベントではすっかりおなじみとなった“デトのヘルメット”です。
(写真5 デトのヘルメット)
デトのヘルメット

背後の窓から、救援機材のコンテナを積んだ「デト15-16」が、昨日掲載の「車両撮影コーナー」に並んでいるのが見えます。
(写真6 デト15-16)
デト15-16

このほか、少しだけ場所を移動して、主工場のわきには、旧1000形の花電車がありました。
(写真7 旧1000形 花電車)
旧1000形 花電車

並べば、もっときちんと撮影できたのですが、横着して手すりの間から、ことでんにラッピングを行った記念のヘッドマークが、旧1000形に取り付けられているのが見えました。
(写真8 ことでんとのコラボヘッドマーク)
ことでんとのコラボヘッドマーク

JR東日本をはじめ、関東の鉄道は新形式の車両が続々と登場するなか、京急は新1000形をマイナーチェンジしながら、ひたすら投入していますので、ラッピングや引退していく車両で、イベントをがんばって盛り上げたという感じもあります・・・。

京急ファミリー鉄道フェスタ2018の話題は、さらにに続きます。
2018年5月20日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」からの1回目です。
※昨年の開催時は、京急ファインテック久里浜事業所でした。
(写真1 京急ファミリー鉄道フェスタ2018)
京急ファミリー鉄道フェスタ2018

まずは、人気の「車両撮影」コーナーからです。
今年も、赤(2100形)・青(600形・KEIKYU BLUE SKY TRAIN)・黄(新1000形・KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN)の各車両が並びました。
(写真2 車両撮影~京急2100形・600形・新1000形)
車両撮影~京急2100形・600形・新1000形

KEIKYU YELLOW HAPPY TRAINは、やはり、幸せになりそうです。
(写真3 京急ブルースカイ・イエローハッピー)
京急ブルースカイ・イエローハッピー

そして、こちらは、奇抜なラッピング(1500形)やステンレス車体への塗装(新1000形)と、引退が迫る(800形)車両です。
(写真4 車両撮影~京急1500形・新1000形・800形)
車両撮影~京急1500形・新1000形・800形

大師線で活躍の「京急120年の歩み号」は、久里浜工場でもひときわ目立ちます。
(写真5 京急120年の歩み号)
京急120年の歩み号

また、1201編成の前面には、京急120年とけいきゅんのマークがついています。
なんか、数字が足されているようですが…。
(写真6 京急120年とけいきゅん)
京急120年とけいきゅん

そして、京急2000形リバイバルカラーも並びました。
(写真7 京急2000形リバイバルカラー)
京急2000形リバイバルカラー

ブルーリボン賞を受賞した2扉車での登場は、強烈なインパクトがありましたが、3扉車としての活躍も終えて寂しくなります。
(写真8 ブルーリボン賞のヘッドマーク付き)
ブルーリボン賞のヘッドマーク付き

京急ファミリー鉄道フェスタ2018の話題は、次回に続きます。
明日(2017年6月4日)まで東京ビッグサイトで開催されている「東京おもちゃショー」の商談見本市で、ある出展企業様の謎のスペースに2日間ほど隠っていた関係で徹夜作業が続き、しばらく更新などできず、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

さて、2017年5月28日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」からの5回目・最終回です。

京急で活躍するいろいろな形式の車両が並ぶ車両撮影コーナーには、新1000形1800番台や2000形リバイバルカラーなどの姿もありました。
(写真1 車両撮影コーナー)
車両撮影コーナー

いちばん工場の建物に近いところには、800形がとまっていました。
(写真2 京急800形)
京急800形

さらに、線路よりには、いつものところに、事業用車(電動貨車)のデトも並んでいました。
(写真3 事業用車 デト)
事業用車 デト

そして、今回の物販で注目を集めたものの一つに、鉄道おもちゃの「プラレール」で、新1000形ステンレス車と新1000形1800番台がありました。
今回は何セット用意されたのか把握していませんが、遅い時間まで残っていたようです。
(写真4 プラレール ダブルセット)
プラレール ダブルセット

また、少し前に話題となったけいきゅんや停止目標のキーホルダーのガチャもありました。
(写真5 けいきゅん・停止目標 キーホルダー)
けいきゅん・停止目標 キーホルダー

このほかのイベントとしては、2100形のイスの転換やパンタグラフの上げ下げなどを体験する機会などが今年も設けられました。
(写真6 主工場内のイベントから)
主工場内のイベントから

やがて、終了時間も近づき、列車と太陽との関係も変わってきました。
(写真7 新1000形ステンレス車の白帯ラッピング)
新1000形ステンレス車の白帯ラッピング

最終のお帰り臨時列車の“けいきゅん”の表示見て、久里浜工場とお別れです。
(写真8 お帰り臨時列車とけいきゅんの表示)
お帰り臨時列車とけいきゅんの表示

来年もまた、楽しいイベントが開催されることを願っています。
5回にわたって掲載した「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」の話題は、これで終わりです。
2017年5月28日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」からの4回目です。

前回の記事で、2年続いた鉄道模型の実演がなくなたことを書きましたけれど、特修工場の裏側で、ほかにも、そっと消えていったイベントがいくつかあります。
それは、SUPER BELL''Zのトークショー(2013年)や、クイズ大会(2015年まで)で、昨年からは、キャラクターが集合するイベントになりました。
今年は、同じ場所で、埼玉県川口市の青木町公園から、里帰りする230形・236号の引継式も行われました。
(写真1 230形記念式典 236号引継式会場)
230形記念式典 236号引継式会場

そのとなりは、大きな変化はなく、京急リムジンバスや川崎鶴見臨港バスの展示が行われました。
なお、京浜急行バスは、レトロ調バスの“京急りんどう号”、臨港バスは、浜川崎営業所に所属の車両でした。
(写真2 バス展示 川崎鶴見臨港バスほか)
バス展示 川崎鶴見臨港バスほか

一方、ステージ正面付近では、こちらも継続している軌道補修作業実演が行われました。
(写真3 特殊車両展示・軌道補修作業実演)
特殊車両展示・軌道補修作業実演

マルチプルタイタンパーを使用した実演です。
(写真4 軌道補修作業実演より)
軌道補修作業実演より

セットで活躍するバラストフィニッシャーも控えています。
(写真5 バラストフィニッシャー)
バラストフィニッシャー

このほか、特殊車両展示として、架線作業車やクレーン付延線巻取車(軌陸兼用作業車)もあり、前者は、架線作業車乗車体験としてお子さんたちが高い位置からの眺めを楽しんでいました。
(写真6 架線作業車)
架線作業車

ちなみに、特殊車両もずらりと並ぶと、かなり格好いいと思います。
(写真7 特殊車両展示)
特殊車両展示

反対側の奥には、地味ながら、レール運搬車両も、いつもどおりありました。
(写真8 レール運搬車両)
レール運搬車両

京急ファミリー鉄道フェスタ2017の話題は、もう少し続きます。