にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
KATO(鉄道模型・Nゲージ)「205系南武線色6両セット」~クハ204・クハ205の両先頭車を、ASSYパーツなどから組み上げたもので、昨年(2019年)開催の“第20回 国際鉄道模型コンベンション”にて、テーマに合わせて出展した車両の一つを、ようやく記録できることになりました。
(写真1 KATO 205系南武線色 ASSY組先頭車)
KATO 205系南武線色 ASSY組先頭車

南武線の205系は、実車も模型製品も、いろいろなバリエーションがある中から、一般的な前面に、山手線などとはちがい、横浜線ほかと同じ、側面のドア窓が大きいタイプの車両です。
(写真2 KATO 205系南武線色 クハ205・クハ204)
KATO 205系南武線色 クハ205・クハ204

また、KATOの205系としては、アンテナの位置がちがう屋根を製品化したもので、このほかでは、ホビーセンターカトー限定の京葉線(差し替え用先頭車・ASSY)くらいではないかと思います。
(写真3 他の205系とちがう無線アンテナ位置)
他の205系とちがう無線アンテナ位置

なお、出展の際は、前面の方向幕シールを貼らないままでしたけれど、後に、「205系 南武線 シングルアームパンタグラフ 6両セット」のASSYパーツのシールを利用して、運行番号が幕でなくなった晩年の姿を表現することにしました。
(写真4 205系南武線 シングルアームパンタグラフのシール)
205系南武線 シングルアームパンタグラフのシール

シーンを作るための車両として入手したので、当面は編成化を目指しませんが、よい条件の中間車と出会うことがあれば、6両編成にするかもしれません。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、KATO(鉄道模型・Nゲージ)「トヨタ プロボックス1 (JR東日本)」を入手しました。
商品名に“JR東日本”とありますので、車両基地(センター)のような簡易ジオラマにしてみました。
(写真1 トヨタ プロボックスを使った車両基地の簡易ジオラマ)
トヨタ プロボックスを使った車両基地の簡易ジオラマ

この製品は、だいぶ以前に発売されたものですが、新品・販売店からの入手で、パッケージもきれいな状態のものでした。
(写真2 KATO トヨタ プロボックス1 JR東日本)
KATO トヨタ プロボックス1 JR東日本

JR東日本のほか、トヨタ プロボックスの色違いで、計4台入っています。
(写真3 KATO トヨタ プロボックス1に入っている4台の車両)
KATO トヨタ プロボックス1に入っている4台の車両

車種が増えましたので、街の情景を作るときも、より楽しいものになると期待しています。
先頭車両とパンタグラフのついたモハ205の3両だったKATO(鉄道模型・Nゲージ)205系埼京線は、モハ204を追加して、イベント用の4両編成化しました。
(写真1 KATO 205系埼京線 イベント用4両編成)
KATO 205系埼京線 イベント用4両編成

新たに入手したモハ204はモーターなしの車両であったことから、予備で持っていた動力ユニットと動力台車一式と、床下を交換して、走行可能な編成にしています。
(写真2 KATO 205系 モハ204と動力の追加)
KATO 205系 モハ204と動力の追加

これで、京浜東北線などに加えて、4両で楽しむイベント用編成が増えたことになります。
(写真3 KATO 205系埼京線 モハ204の追加と4両編成化)
KATO 205系埼京線 モハ204の追加と4両編成化

車両については、昨年(2019年)の国際鉄道模型コンベンションに出展済みで、まだ記録できていないものもありますので、できるだけ近いうちに掲載したいと思っています。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、新しいシリーズとして、TOMYTEC(鉄道模型・Nゲージ)建設機械コレクション「COBELCO PANTHER-X 250」を入手しました。
(写真1 TOMYTEC 建設機械コレクション vol.1 より)
TOMYTEC 建設機械コレクション vol.1 より

建設機械コレクション vol.1の「COBELCO PANTHER-X 250」は2種類で、今回のクレーンを伸ばしたものと、収納して道路を走行できる状態のものがあります。
(写真2 建機コレ COBELCO PANTHER-X 250)
建機コレ COBELCO PANTHER-X 250

作業中にバランスを崩さないよう安定させる“アウトリガ”も、しっかりと再現されていています。
(写真3 コベルコ建機 ホイールクレーン パンサーX250)
コベルコ建機 ホイールクレーン パンサーX250

油圧ショベルに、ホイールクレーンと、建設車両が揃ってくると、工事現場の情景パーツも充実させたくなってくるところです。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、再生産・販売されたばかりのグリーンマックス(鉄道模型・Nゲージ)「舗道セット
を入手しました。
これまでのイメージから、多少多めに使うことになりそうなため、4セット用意しました。
(写真1 グリーンマックス 舗道セット×4)
グリーンマックス 舗道セット×4

前回の生産分では1セット入手していて、すでに、歩道(舗道)とガードレールの塗装を済ませたものを、他の情景パーツと合わせて掲載しています。
また、セットということで、郵便ポストや看板なども含まれていますので、いろいろと活用できる便利なものだと思います。
(写真2 グリーンマックス 舗道セット 組立・加工・塗装)
グリーンマックス 舗道セット 組立・加工・塗装

なお、今回分にも、パッケージの紙部分の印刷とは別に、シールも入っています。
(写真3 舗道セット 付属のシール)
舗道セット 付属のシール

ある程度の数があると、電柱とも気軽に組み合わせて固定できますので、順次、製作を進めていくつもりです。