にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京浜東北線・横浜線などを想定した旧型国電(72系)は、新たに、TOMYTEC(鉄道模型・Nゲージ)鉄道コレクション「国鉄70系中央東線 4両セット」を入手しました。
この4両セットの中には、モハ72形850番台(低屋根)や台車のDT20など、改造パーツとして魅力的なものが含まれています。

また、先日入手したTOMIX「国鉄72・73形 御殿場線セット」~クハ79-300を含む編成を組めることから、今後の展開にもつなげていけるものとなります。
(写真1 Nゲージ クハ76とクハ79 スカ色)
Nゲージ クハ76とクハ79 スカ色

当初は、改造の種車や部品取りと考えていましたが、実際に並べてみると、とても気に入ってしまったため、本来の目的はどこかに行ってしまい、早速N化(車輪・パンタグラフの交換とウエイト設置)となりました。
(写真2 TOMYTEC 鉄コレ 国鉄70系中央東線 4両セット)
TOMYTEC 鉄コレ 国鉄70系中央東線 4両セット

72系の旧製品に取り付けられている線ばねタイプのBMTNカプラーが、新型への交換でたくさん余っているため、カプラーも交換しました。
なお、暫定的に、前回の鶴見線で使用した動力を、当面は共用することからも、カプラーのTN化は必要なります。
(写真3 鉄コレ BMTNカプラー化)
鉄コレ BMTNカプラー化

さて、その魅力的な70系・中央東線は、まず、湘南形(2枚窓・非貫通で、斜めに傾斜した顔)の前面が、奇数向きと偶数向きで作り分けられています。
(写真4 鉄コレ クハ76 偶数・奇数向きの作り分け)
鉄コレ クハ76 偶数・奇数向きの作り分け

また、中間車のモハは、3扉のモハ71(70系)と4扉のモハ72形850番台(72系)の2種類となっています。
(写真5 鉄コレ モハ71とモハ72 低屋根車)
鉄コレ モハ71とモハ72 低屋根車

パンタグラフを備えるモハは、いずれも低断面トンネル対応の低屋根車で、クハ76との高さの差もはっきりとしています。
(写真6 鉄コレクハ76とモハ71の屋根の高さ比べ)
鉄コレクハ76とモハ71の屋根の高さ比べ

さらに、台車もすべてちがうものとなっていて、中間車は、モハ71形はDT17、モハ72はDT20となっています。
(写真7 鉄コレ 台車 DT17・DT20)
鉄コレ 台車 DT17・DT20

そして、先頭車のクハ76も、奇数車はTR48、偶数車はTR45とちがいを楽しむことができます。
(写真8 鉄コレ 台車 TR48・TR45)
鉄コレ 台車 TR48・TR45

今回のNゲージ化では、鶴見線との動力(DT17台車)を共用するためと、DT20の動力ユニット用台車枠を別のものに使うためということもあって、モハ71形のほうを動力車としました。

気がつくと、すっかり旧型国電に魅せられてしまっている今日この頃です。
TOMYTEC(鉄道模型・Nゲージ)鉄道コレクション「国鉄72系仙石線アコモ改造車 4両セット」~モハ72形970番台で、改造・塗装変更した鶴見線のモハ72・アコモ改造車を、動力・室内灯点灯化しました。
これにより、TOMIXブランド(同じ、トミーテック)のクモハ73形とクハ79形の原型に挟まれ、モハ72形が登場時のカラーの編成が、室内灯を点灯させて走行できるようになりました。
(写真1 TOMIX 72・73形通勤電車 鶴見線)
TOMIX 72・73形通勤電車 鶴見線

まず、今回の動力化は、適合する中古品の安価な動力を入手できたことから、これを使用して、動力台車には、鉄コレ用“DT17”台車枠を使いました。
また、室内灯については、点灯化を予定していましたので、改造時に、ライトが透けないように塗装を行っています。
(写真2 TOMYTEC 72系アコモ改造車 室内灯点灯化)
TOMYTEC 72系アコモ改造車 室内灯点灯化

さらに、室内灯については、いつものテープLEDを使った自作で、ボディをはめるだけで集電できるように、スプリングの位置や長さを調整してあります。
あと、両端の車両がHG仕様のためBMTNカプラーですが、鉄コレ動力には、BM式はそのまま取り付けられないため、アーノルドからBMではないTNカプラーに交換しています。
(写真3 鉄コレ 72系アコモ改造車 動力・室内灯点灯化)
鉄コレ 72系アコモ改造車 動力・室内灯点灯化

なかなか手が回らなくて、久しぶりの室内灯点灯化作業となりました。
走行もするようになりましたので、ますます、楽しくなりそうです。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)一般建物の「マンション (ブラウン)」を入手しましました。
いろいろなところで似たような建物を見ることができ、都市型のジオラマにはピッタリな情景パーツの一つではないかと思います。
(写真1 TOMIX マンション ブラウン)
TOMIX マンション ブラウン

パッケージのタイトルの英語表記は、“Condominium”(集合住宅)となっています。
(写真2 TOMIX マンション ブラウン パッケージ)
TOMIX マンション ブラウン パッケージ

付属のシールを貼り付けると、もう少しリアルになるかもしれません。
(写真3 TOMIX マンション 説明書とシール)
TOMIX マンション 説明書とシール

また、各階ごとや駐車場など、分割できるようになっていますので、塗り替えや改造をして、より、リアルに見せる工夫もしやすそうです。
(写真4 分割できるパーツ)
分割できるパーツ

集合住宅も、いろいろな種類が集まってきましたので、時間のあるときに、簡易配置をしてイメージを膨らませようと考えています。
京浜東北線・横浜線などを想定した旧型国電(72系)は、新たに改造用として、TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)「国鉄 72・73形通勤電車(御殿場線)セット」~クハ79-300(ライト埋め込みタイプ)を入手しました。
クハ79形は、原型を除くと、全金車の920番台(鶴見線セット)、ライトが屋根上の300番台(写真の車両は、片町線からの塗り替え車両)につづき、3種類目となります。
(写真1 TOMIX 国鉄72系 クハ79-920・300)
TOMIX 国鉄72系 クハ79-920・300

この車両は中古品となりますが、とても状態がよく、1両単独で比較的安いものに出会えたのは、とてもラッキーだった思っています。
(写真2 TOMIX 72・73形御殿場線セット~クハ79-300)
TOMIX 72・73形御殿場線セット~クハ79-300

手持ちの雑誌などの資料から、ぶどう色(茶色)では、ひとまず南武線で使用されていたのを確認しました。
また、製品としては、300番台のライト埋め込みかつ奇数向き車両という新しい型での登場となったものです。
(写真3 国鉄 72・73形 御殿場線セット~クハ79-300)
国鉄 72・73形 御殿場線セット~クハ79-300

前記のほかにも、塗り替え予定のぶどう色では房総方面で、また、製品の横須賀色では中央東線などで活躍していたようなので、もう少し詳しく調べてみて、活用を考えていくつもりです。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、横浜市営バスの5台目となるTOMYTEC(鉄道模型・Nゲージ)「バスコレクション 第28弾~横浜市交通局」を入手しました。
第28弾は、日野ブルーリボンシティハイブリッドで、東京都交通局・名古屋市交通局・京都市交通局・京成バスなど、12種類+シークレット1種類が発売となりました。
(写真1 トミーテック バス営業所と横浜市営バス)
トミーテック バス営業所と横浜市営バス

今回は、某ショップの開封売りでの入手となりました。
(写真2 TOMYTEC バスコレ 第28弾 横浜市交通局)
TOMYTEC バスコレ 第28弾 横浜市交通局

なお、モデルとなっているのは、浅間町営業所に所属の現役車両(2020年6月現在)で、「36系統 横浜駅西口」ゆきです。
(写真3 バスコレ 第28弾 横浜市営バス 36系統)
バスコレ 第28弾 横浜市営バス 36系統

36系統は、横浜駅西口と緑営業所を結ぶ(西菅田団地、菅田町 経由または止まりを含む)路線であることから、浅間町と緑の両営業所のバスで運行されています。
(写真4 バスコレ 第28弾 横浜市営バス 側面)
バスコレ 第28弾 横浜市営バス 側面

また、入手のテーマとなっているJR京浜東北線(東海道線・横須賀線・京急線など)とも、横浜駅-東神奈川駅の間は、短い距離ではありますが併走もします。
(写真5 バスコレ 横浜市営バス 36系統横浜駅西口ゆき)
バスコレ 横浜市営バス 36系統横浜駅西口ゆき

テーマに合わせて、準備したかった車両の一つですので、無事に入手できてよかった思っています。