にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)は、「国鉄電車 サハ103形(ユニットサッシ・ウグイス)」の追加で、あと1両となっていた山手線の高運転台ATC車2編成目がそろいました。
関連の前回記事の後に購入済みでしたが、記録の方は順番が前後して、だいぶ遅れてしまいました。
(写真1 TOMIX 103系 山手線2編成目)
TOMIX 103系 山手線2編成目

今回の追加車両は、量販店からの新品ですので、きれいな状態でケース入りです。
(写真2 TOMIX 国鉄電車 サハ103形 ユニットサッシ・ウグイス)
TOMIX 国鉄電車 サハ103形 ユニットサッシ・ウグイス

ユニットサッシのサハは、2両目になるかと思いますが、横浜線としてのサハは初期型(非ユニット窓)中心なので、山手線専用になりそうです。
また、ウグイス色の103系は、山手線、横浜線と共用するので、これから増備した場合は、編成の組み替えをする可能性が考えられます。
(写真3 TOMIX サハ103 ユニットサッシ・ウグイス色)
TOMIX サハ103 ユニットサッシ・ウグイス色

かなりTOMIXの103系が増えてきましたが、あらためて103系が好きな形式の一つだなと思うところです。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、TOMYTEC(鉄道模型・Nゲージ)ジオコレ ザ・カーコレクション 第12弾R~「トヨタクラウンセダン 白(タクシー/フリー)」も入手しています。
駅前などの表現用に、タクシーもだいぶ充実してきました。
(写真1 TOMYTEC トヨタクラウンセダン タクシー・白)
TOMYTEC トヨタクラウンセダン タクシー・白

第12弾Rには、このほかに2種類の銀色タクシーがラインナップされています。
(写真2 TOMYTEC ザ・カーコレクション Vol.12R より)
TOMYTEC ザ・カーコレクション Vol.12R より

街中のタクシーをよく見ていますと、白ベースの車は意外と多く見かけますので、改造の種車としても面白そうです。
(写真3 TOMYTEC トヨタクラウンセダン タクシー・フリー)
TOMYTEC トヨタクラウンセダン タクシー・フリー

しかしながら、すぐに手を入れる予定はないので、集まってきたタクシーを集めて、並べてみたいと思っています。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、KATO(鉄道模型・Nゲージ)ジオタウン~「ビジネスビル1(グレー) 」を入手しています。
今回のジオラマも、パッケージから、建物の分解まで掲載します。
(写真1 KATO ジオタウン ビジネスビル1 グレー)
KATO ジオタウン ビジネスビル1 グレー

このビルは、だいぶ前の製品となりますので、パッケージはしっかりとしていますが、未使用の中古品です。
箱から本体のビルを取り出しましたが、なかなか完成度が高いと思います。
(写真2 ビジネスビル1 グレー 本体)
ビジネスビル1 グレー 本体

付属品として、看板やシールが付いています。
(写真3 ビジネスビル1 グレー 本体 付属品)
ビジネスビル1 グレー 本体 付属品

なお、建物は、2階ずつ切り離すことができます。
(写真4 KATO ビジネスビル1 ビルの分解)
KATO ビジネスビル1 ビルの分解

土台から屋上のパーツまですべて分解してみました。
これだけ分けることができると、再塗装などがしやすく、手を入れるのも便利です。
(写真5 ビジネスビル1 分解したすべてのパーツ)
ビジネスビル1 分解したすべてのパーツ

こちらの建物も、後日、他のジオラマパーツなどと組み合わせて、街の風景を作ってみようと考えています。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)103系は、営団地下鉄(現 東京メトロ)東西線乗り入れ用の「JR 103-1000系通勤電車(三鷹電車区)基本セット」を入手しています。
エメラルドグリーンに塗り替えられ、営団地下鉄・千代田線直通から常磐線快速用となった、103系1000番台の中間車はありましたけれど、地下鉄乗り入れ仕様は、はじめて迎え入れることとなりました。
(写真1 TOMIX 103-1000系 三鷹電車区 基本 ケース)
TOMIX 103-1000系 三鷹電車区 基本 ケース

セット内容は、1編成10両のうち、クハ103-1009(奇)、モハ103-1034(M)、モハ102-1034、クハ103-1010の4両です。
(写真2 TOMIX JR 103-1000系 三鷹電車区 基本セット)
TOMIX JR 103-1000系 三鷹電車区 基本セット

実車の東西線直通(中央・総武緩行線)の103系1000番台は1編成のみで、黄色帯から青色帯に変更後の車両ということで、JRマークや車番などが印刷済みとなっています。
(写真3 TOMIX 103-1000系 三鷹電車区 基本4両)
TOMIX 103-1000系 三鷹電車区 基本4両

このほか、窓のHゴムは黒、ドア窓の金属押さえは銀色で再現されて、運行番号も他の103系セットのものとはちがう、LEDタイプを表現したものとなっています。
(写真4 TOMIX 103-1000系 三鷹電車区 方向幕パーツ)
TOMIX 103-1000系 三鷹電車区 方向幕パーツ

今回の103系1000番台は、10両そろえるというよりも、改造の種車として準備しました。
しかしながら、見ていると、いつものように、このままの1000番台もいいなと思てしまい、いろいろと迷うところです。
KATO(鉄道模型・Nゲージ)の205系は、埼京線の 6ドア車「サハ204」を入手しました。
埼京線の205系は、先頭車2両とモハユニットの計4両ありますが、今回は編成の充実ではなく、部品取り用として確保したものとなります。
(写真1 KATO 205系 埼京線 クハ204・サハ204)
KATO 205系 埼京線 クハ204・サハ204

転用されるまで、クハ204と一緒に6ドア編成を楽しむことにしたいと思っています。
先頭車の6ドアマークも、短い間ですが、生かされることになります。、
(写真2 KATO 205系 埼京線 サハ204 6ドア車)
KATO 205系 埼京線 サハ204 6ドア車

埼京線用のサハ204は、初めての入手となりましたけれど、小窓にあるLED行先表示(方向幕)が特徴的です。
(写真3 KATO 205系 サハ204 6ドア車の行先表示)
KATO 205系 サハ204 6ドア車の行先表示

部品取りされて、新しい車両に生かされることになりましたら、また、掲載しようと考えています。