にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月17日(金)から、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催中の「第19回 国際鉄道模型コンベンション」は、本日8月19日(日)が最終日となります。
“Panda NEKO No.1・mr0123ma・た625 共同チーム”で出展中です。
モデラーによる作品展示のほか、物販や講演など楽しい企画がいっぱいです。

展示作品から、少しだけ紹介させていただくと、「海でん☆やま電」箱根登山鉄道大平台駅です。
(写真1 海でん☆やま電)
海でん☆やま電

そして、「上州モントレーライン」さんは、新たに完成したモジュールを展示されていました。
(写真2 上州モントレーライン)
上州モントレーライン

当方も、現在のことろ、箱根登山鉄道の鉄道おもちゃは、なんとか運行中です。
(写真3 プラレール 箱根登山鉄道)
プラレール 箱根登山鉄道

また、終わって落ち着きましたら、何かご報告できればと思っています。
前回の記録、2018年7月上旬から約1か月ほど経過した「旧・田町車両センター(跡地)の再開発工事」の進捗状況・2018年8月上旬の様子です。
今回も、東海道線(上野東京ライン・高崎線直通列車)からで、新駅付近を中心に記録します。

まずは、品川駅を出発してすぐの、京浜急行線が見える辺りで、京浜東北線・南行の線路が変更になった様子にも少し慣れたところです。
(写真1 旧・田町車両センター再開発の進捗 2018年8月上旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2018年8月上旬

新駅のホームができ始めてからは、やはり、品川駅と新駅の間がより近く感じます。
(写真2 新駅付近 品川方)
新駅付近 品川方

そして、前回もすでにできていた新駅ホームの階段付近は、この1か月は、思っていたよりも変化がなかったように見えます。
(写真3 新駅の階段付近)
新駅の階段付近

しかし、田町駅寄りのホーム先端は、屋根など、変化があるように見えました。
(写真4 新駅付近 田町方)
新駅付近 田町方

さらに、高架区間も同様に、完成を感じる姿になってきています。
(写真5 高架の一部)
高架の一部

また、機会をみながら、記録していきたいと思います。
カツミ(1/80 16.5mm 16番/HO)103系京浜東北線は、ベーカー型カプラーの取り外しに続き、2種類のカプラー交換のテストへ進みました。
(写真1 KTM 1/80 16.5mm 京浜東北線 カプラーテスト)
KTM 1/80 16.5mm 京浜東北線 カプラーテスト

まず、メーカー製の密連型ダミーカプラーからになりますが、2つ入っていて、付属のねじで簡単に止めることができます。
ただし、金属製かつ未塗装なので、このままでは完成になりません。
(写真2 カツミ 1/80 16.5mm ダミーカプラー 密連型)
カツミ 1/80 16.5mm ダミーカプラー 密連型

つぎに、TOMIXの1/80用の密連形TNカプラーです。
ダミーではなく、実際に連結できますし、その間隔も狭くリアル感も十分ですが、床下の板など大掛かりに手を入れ(改造し)ないと取り付けは難しく、今回は候補から外れることになりそうです。
(写真3 TOMIX 1/80 16.5mm TNカプラー 密連形)
TOMIX 1/80 16.5mm TNカプラー 密連形

塗装などをしている時間が取れそうにないため、残念ながらイベントまでには取り付けが間に合いそうにないなそうになく、そのま見本として展示して、後日、続きを進めていくことになりそうです。
2018年5月20日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」からの5回目です。今回は、廃車解体中の車両やグループのバスの話題などを記録していきます。

まずは、ホームドア設置で、4扉のためドアの位置が合わず、前倒しで入れ替えが進められている800形です。
解体中の車両は、いつもながらさみしく感じます。
(写真1 廃車解体中の800形)
廃車解体中の800形

2000形は、先に登場した800形よりも、わずかに早くすべてが引退してしまいました。
草木の間から見ると、より、さみしさが増します。
(写真2 廃車解体中の2000形)
廃車解体中の2000形

その2000形には、車端部にクロスシートが残っていましたので、廃車により、鉄道部品として販売されました。
椅子は、実用的ですので、人気があります。
(写真3 配送準備中の2000形の椅子)
配送準備中の2000形の椅子

ここからは、いつものお約束といった感じの記録になりますが、旧形車の保存車両は、いまところ同じ場所にありました。
(写真4 保存車両)
保存車両

そして、事業用車関連では、保線に使用するマルチプルタイタンパー(08-16U)が、その存在感を示しています。
(写真5 マルチプルタイタンパー)
マルチプルタイタンパー

また、軌陸両用車も、いつもと同じように、展示されていました。
(写真6 軌陸両用車)
軌陸両用車

それから、いったん別の場所に飛びますが、「踏切非常ボタン操作体験」が、物販などが行われるグランドにありました。
(写真7 踏切非常ボタン操作体験)
踏切非常ボタン操作体験

再び、事業用車と同じところにもどり、通路を挟んで反対側に、グループ内の「川崎鶴見臨港バス」が、新しいキャラクターのラッピングバス(神明町営業所・所属)を展示・乗車体験していました。
(写真8 川崎鶴見臨港バス)
川崎鶴見臨港バス

さらに、京浜急行バスは、運転士募集のラッピングでした。
(写真9 京浜急行バス)
京浜急行バス

最後は、名称がかわり、新しくなった久里浜工場の看板で締めくくります。
(写真10 京浜急行電鉄久里浜工場の看板)
京浜急行電鉄久里浜工場の看板

5回にわたって掲載した「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」は、これで終わりです。来年の開催も、楽しみにしています。

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」(JR東日本・JR貨物)は、、鉄道模型の話題をもう一つ先に入れた後に、続きを掲載する予定です。
ブログでいつもお世話になって(相互リンクしていただいて)いる「猫さんと絵と私と」のNEccoSunさんの“猫展 Love Cats Vol.6”へ行ってきました。
いつもと同じく、みなとみらい線(東急線直通)元町・中華街駅から、港の見える丘公園の前を通って、山手111番館へ向かいました。
(写真1 横浜市営バス 20系統とあかいくつ)
横浜市営バス 20系統とあかいくつ

タイミングよく、観光スポット周遊バス「あかいくつ」が、山手111番館の手前で折り返してきました。
(写真2 観光スポット周遊バス あかいくつ 横浜市交通局)
観光スポット周遊バス あかいくつ 横浜市交通局

そして、会場の「山手111番館」です。
天気がとてもよかったので、洋館がよりすてきに見えます。
(写真3 山手111番館)
山手111番館

建物の入口には、“猫展 Love Cats Vol.6”の案内があります。
ちなみに、洋館内の見学は、観光で予約などなしに自由にみることができます。
(写真4 猫展 Love Cats Vol.6)
猫展 Love Cats Vol.6

作品を展示している部屋には、残念ながら少し前に虹の橋を渡ってしまった猫の「春ちゃんのコーナー」がありました。
長いこと、ブログで見ていたかわいい春ちゃんだけにとても残念ですが、きっと、展覧会の開催は喜んでいると思います。
(写真5 会場内の虹の橋を渡ってしまった春ちゃんのコーナー)
会場内の虹の橋を渡ってしまった春ちゃんのコーナー

このほかにも、NEccoSunさんの猫を描くなどした作品がありますが、ブロクで見ているほかのお家の猫さんもみられます。
そして、ここで、NEccoSunさんのご紹介で、「きらちろプラスα」きらちろママさんと出会うことがてきました。
ちょっとしたサプライズがあったわけですが、最後に続きを書くことにします。
(写真6 展示の様子から)
展示の様子から

山手111番館の閉館後は、再び元町・中華街駅へ向かいました。
会場への道のりでの写真のため、実際の順番は逆になりますが、駅と会場の間では、横浜気象台付近など猫に会うことができました。
(写真7 横浜気象台付近のネコ)
横浜気象台付近のネコ

また、期待していなかったいつものところにもいました。
(写真8 いつもの場所のネコ)
いつもの場所のネコ

駅と直結しているアメリカ山公園からは、ベイブリッジもきれいに見えました。
(写真9 アメリカ山公園とベイブリッジ)
アメリカ山公園とベイブリッジ

そんな、元町・中華街駅からは、サプライズの延長戦がはじまります。
(写真10 東京メトロ車両内からの元町・中華街駅 駅名看板)
東京メトロ車両内からの元町・中華街駅 駅名看板

某所で下車して、NEccoSunさん(猫さんと絵と私と)、きらちろママさん(きらちろプラスα)とご一緒させていただいて、会場からのネコに関連する話を中心に、楽しいひと時を過ごさせていただきました。
上記文中のリンクのお二方のブログより、会場の様子や延長戦の様子などが書かれた記事を見ることができます。

毎年楽しませていただいていますが、今年は、さらにすてきな場となり感謝しています。
次の機会も、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、猫展 Love Cats Vol.6は、8日(火)まで開催されています。※NEccoSunさんは不在の予定だそうです。
また、周辺の公園は、バラの花などきれいにたくさん咲いていますので、観光などもよいかと思います。