にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年5月20日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」からの5回目です。今回は、廃車解体中の車両やグループのバスの話題などを記録していきます。

まずは、ホームドア設置で、4扉のためドアの位置が合わず、前倒しで入れ替えが進められている800形です。
解体中の車両は、いつもながらさみしく感じます。
(写真1 廃車解体中の800形)
廃車解体中の800形

2000形は、先に登場した800形よりも、わずかに早くすべてが引退してしまいました。
草木の間から見ると、より、さみしさが増します。
(写真2 廃車解体中の2000形)
廃車解体中の2000形

その2000形には、車端部にクロスシートが残っていましたので、廃車により、鉄道部品として販売されました。
椅子は、実用的ですので、人気があります。
(写真3 配送準備中の2000形の椅子)
配送準備中の2000形の椅子

ここからは、いつものお約束といった感じの記録になりますが、旧形車の保存車両は、いまところ同じ場所にありました。
(写真4 保存車両)
保存車両

そして、事業用車関連では、保線に使用するマルチプルタイタンパー(08-16U)が、その存在感を示しています。
(写真5 マルチプルタイタンパー)
マルチプルタイタンパー

また、軌陸両用車も、いつもと同じように、展示されていました。
(写真6 軌陸両用車)
軌陸両用車

それから、いったん別の場所に飛びますが、「踏切非常ボタン操作体験」が、物販などが行われるグランドにありました。
(写真7 踏切非常ボタン操作体験)
踏切非常ボタン操作体験

再び、事業用車と同じところにもどり、通路を挟んで反対側に、グループ内の「川崎鶴見臨港バス」が、新しいキャラクターのラッピングバス(神明町営業所・所属)を展示・乗車体験していました。
(写真8 川崎鶴見臨港バス)
川崎鶴見臨港バス

さらに、京浜急行バスは、運転士募集のラッピングでした。
(写真9 京浜急行バス)
京浜急行バス

最後は、名称がかわり、新しくなった久里浜工場の看板で締めくくります。
(写真10 京浜急行電鉄久里浜工場の看板)
京浜急行電鉄久里浜工場の看板

5回にわたって掲載した「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」は、これで終わりです。来年の開催も、楽しみにしています。

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」(JR東日本・JR貨物)は、、鉄道模型の話題をもう一つ先に入れた後に、続きを掲載する予定です。
ブログでいつもお世話になって(相互リンクしていただいて)いる「猫さんと絵と私と」のNEccoSunさんの“猫展 Love Cats Vol.6”へ行ってきました。
いつもと同じく、みなとみらい線(東急線直通)元町・中華街駅から、港の見える丘公園の前を通って、山手111番館へ向かいました。
(写真1 横浜市営バス 20系統とあかいくつ)
横浜市営バス 20系統とあかいくつ

タイミングよく、観光スポット周遊バス「あかいくつ」が、山手111番館の手前で折り返してきました。
(写真2 観光スポット周遊バス あかいくつ 横浜市交通局)
観光スポット周遊バス あかいくつ 横浜市交通局

そして、会場の「山手111番館」です。
天気がとてもよかったので、洋館がよりすてきに見えます。
(写真3 山手111番館)
山手111番館

建物の入口には、“猫展 Love Cats Vol.6”の案内があります。
ちなみに、洋館内の見学は、観光で予約などなしに自由にみることができます。
(写真4 猫展 Love Cats Vol.6)
猫展 Love Cats Vol.6

作品を展示している部屋には、残念ながら少し前に虹の橋を渡ってしまった猫の「春ちゃんのコーナー」がありました。
長いこと、ブログで見ていたかわいい春ちゃんだけにとても残念ですが、きっと、展覧会の開催は喜んでいると思います。
(写真5 会場内の虹の橋を渡ってしまった春ちゃんのコーナー)
会場内の虹の橋を渡ってしまった春ちゃんのコーナー

このほかにも、NEccoSunさんの猫を描くなどした作品がありますが、ブロクで見ているほかのお家の猫さんもみられます。
そして、ここで、NEccoSunさんのご紹介で、「きらちろプラスα」きらちろママさんと出会うことがてきました。
ちょっとしたサプライズがあったわけですが、最後に続きを書くことにします。
(写真6 展示の様子から)
展示の様子から

山手111番館の閉館後は、再び元町・中華街駅へ向かいました。
会場への道のりでの写真のため、実際の順番は逆になりますが、駅と会場の間では、横浜気象台付近など猫に会うことができました。
(写真7 横浜気象台付近のネコ)
横浜気象台付近のネコ

また、期待していなかったいつものところにもいました。
(写真8 いつもの場所のネコ)
いつもの場所のネコ

駅と直結しているアメリカ山公園からは、ベイブリッジもきれいに見えました。
(写真9 アメリカ山公園とベイブリッジ)
アメリカ山公園とベイブリッジ

そんな、元町・中華街駅からは、サプライズの延長戦がはじまります。
(写真10 東京メトロ車両内からの元町・中華街駅 駅名看板)
東京メトロ車両内からの元町・中華街駅 駅名看板

某所で下車して、NEccoSunさん(猫さんと絵と私と)、きらちろママさん(きらちろプラスα)とご一緒させていただいて、会場からのネコに関連する話を中心に、楽しいひと時を過ごさせていただきました。
上記文中のリンクのお二方のブログより、会場の様子や延長戦の様子などが書かれた記事を見ることができます。

毎年楽しませていただいていますが、今年は、さらにすてきな場となり感謝しています。
次の機会も、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、猫展 Love Cats Vol.6は、8日(火)まで開催されています。※NEccoSunさんは不在の予定だそうです。
また、周辺の公園は、バラの花などきれいにたくさん咲いていますので、観光などもよいかと思います。
昨日(2018年5月5日)、JR横浜線新横浜駅付近(新横浜駅-小机駅間)にて、線路内火災(発煙)が発生しました。
ちょうど、相鉄・東急直通線工事の記事用に、新横浜駅で写真を撮っていて、少し前から煙が気になっていたところに、消防車のサイレンが聞こえてきましたので、駅に近いところということもあり、現場に向かってみました。
(写真1 横浜線線路内火災 消防到着)
横浜線線路内火災 消防到着

火災現場には、すでに警察官が到着し、周囲の交通整理を始めていました。
また、横浜市の消防や消防団が到着すると、すぐに消火活動の準備がはじまりました。
(写真2 消防による消火活動開始)
消防による消火活動開始

そのころ、一足先に到着したとみられるJR(駅)係員による消火も行われていましたが、消化器ではほとんど効果がなく、風に煽られ火の勢いが増していました。
(写真3 JR係員による消火)
JR係員による消火

そんな様子は、運転見合わせとなっていた横浜線の新横浜駅ホームからも、乗客が消火活動を見守っていました。
(写真4 新横浜駅ホームから様子を見守る乗客)
新横浜駅ホームから様子を見守る乗客

なお、火災が広がっていく先には、監視要員の姿も見られましたが、風が吹くと一気に燃え上がるので、注意していないと危険だと思いました。
(写真5 火災状況の監視)
火災状況の監視

まもなく、消防のホースでの放水もはじまり、幸いなことに、一気に火が消し止められていきます。
鎮火状態になってかも、念入りに水をまいていました。
このあと、現場検証が行われるようでしたが、次の予定もあり、すでに、時間を割いてしまっているので、その場を離れることにしました。
(写真6 消防のホースでの消火活動)
消防のホースでの消火活動

駅からは、次の目的地へバスで向かいましたが、現場付近を通過した際には、横浜線の運転が再開されていました。
(写真7 横浜線運転再開)
横浜線運転再開

ちなみに、動画も少しだけ撮りましたけれど、消防による手際のよい消火活動の様子がわかります。
早々に鎮火でき、本当に何よりだと思いました。やはり、火災は怖いものです。
いつもとは少しちがう時間に、バスターミナル(新川崎交通広場)からJR横須賀線新川崎駅へ向かったところ、単機の電気機関車が向かってくるのに気が付きました。
(写真1 単機のEF652065)
単機のEF652065

国鉄色のため、より気になったのかもしれませんが、「EF652065」でした。
(写真2 EF652065 新鶴見機関区付近)
EF652065 新鶴見機関区付近

新川崎駅に隣接する新鶴見機関区は、いろいろな機関車がとまっているのと、昭和な雰囲気が残っていて不思議な感じです。
(写真3 新鶴見機関区)
新鶴見機関区

そして、初めての掲載ではありませんが、新川崎駅には、何度見ても気になる背の低い5灯式信号機があります。
(写真4 新川崎駅の信号機)
新川崎駅の信号機

しかしながら、駅名標だけは、しっかりと新しいものになっています。
(写真5 JR横須賀線新川崎駅 駅名標)
JR横須賀線新川崎駅 駅名標

たまたま、単機の電気機関車を見ただけですが、なんか新鮮な気分の新川崎駅でした。
記事としても、久しぶりに鉄道模型以外の話題となりました。
本日(2018年3月2日)、乗車していた東海道線の列車が多摩川の橋梁上で緊急停止し、その後、沿線火災のため、川崎駅でしばらく運行を見合わせることとなってしまいました。
(写真1 東海道線・京浜東北線の沿線火災現場 鶴見川付近)
東海道線・京浜東北線の沿線火災現場 鶴見川付近

はじめに、列車が急停車した際には、となりに京浜東北線の列車も並び、詳しい状況がわかるまでしばらく動きませんでした。
その後、防護無線の発報理由が、川崎駅~鶴見駅間の沿線火災とわかり、目前の川崎駅までは行くことができるとのことで、そこまでは運転再開となりました。
(写真2 川崎駅の東海道線)
川崎駅の東海道線

川崎駅に到着すると、運転再開の見通しが立たないということで、京浜急行線への振替輸送の案内が始まりました。
しかし、混みそうな振替を利用せずに、新しくできた自由通路を見て運転再開を待つことにしました。
(写真3 運転見合わせの案内)
運転見合わせの案内

そろそろ、運転を再開するのではないかと、改札内にもどってきましたが、まだ、めどが立っていない状況でした。
(写真4 川崎駅の京浜東北線)
川崎駅の京浜東北線

京浜東北線のホームでは、 北行列車に終電のような・蒲田ゆきの表示が出ていました。
(写真5 終電のような北行・蒲田ゆきの表示)
終電のような北行・蒲田ゆきの表示

この時点では、乗り換えた京浜東北線の車内は人がほとんどいなかったため、あと1時間くらいならと決めて待っていたところ、運転再開見込み時刻が案内されました。
結果的には、それよりもさらに30分遅れでの再開となり、ようやく横浜方面にすすめることとなりました。
(写真6 車内の運行案内表示)
車内の運行案内表示

なお、火災現場に一番近かった、京浜東北線・南行列車は一番最後の運転再開で、かなりスピードを落としていました。
(写真7 JR東日本の車)
JR東日本の車

ちなみに、火災があった場所は鶴見川付近で、東海道線と京浜東北線の線路間の雑草がかなり広範囲に渡って燃えていました。
そういえば、このあたりは、少し前に架線切断事故があったあたりではないかと・・・。
(写真8 鶴見川付近)
鶴見川付近

列車が運行見合わせになったのは大変でしたが、民家などの火災ではなく、よかったと思います。