にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の23回目です。

1校目は、“祭りでにぎわう地方の町”というタイトルの「神奈川県立神奈川工業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
朝・昼・夜を演出するためのLED点灯切り替えスイッチなども備えています。
(写真1 神奈川県立神奈川工業高等学校 鉄道研究部)
神奈川県立神奈川工業高等学校 鉄道研究部

電柱などから、人々の配置まで、街全体に動きを感じられる表現となっています。
(写真2 祭りでにぎわう地方の町)
祭りでにぎわう地方の町

このモジュールは“地方”がテーマとなっていますが、地元の東急線や京急線などのイメージもどこかに感じられる気がします。
(写真3 モジュール全体)
モジュール全体

2校目は、“瀬戸内の希望”というタイトルの「広島城北中学・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
瀬戸大橋をモデルに、3Dプリンターも駆使してつくられています。
(写真4 広島城北中学・高等学校 鉄道研究部)
広島城北中学・高等学校 鉄道研究部

道路の下には、鉄道も通る本四連絡橋を、限られたスペースの中で上手に再現しています。
(写真5 瀬戸大橋)
瀬戸大橋


3校目は、“神と共にある駅”というタイトルの「甲南高等学校中学校 鉄道研究部」の作品です。
屋根を突き抜ける御神木のある阪急電鉄の駅をモデルにしたものです。
(写真6 甲南高等学校中学校 鉄道研究部)
甲南高等学校中学校 鉄道研究部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、まだ、つづきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の22回目です。

はじめは、“JR城端線城端駅”をモデルにした「湘南工科大学附属高等学校鉄道研究部」の作品です。
駅の近くには、建築限界を測る車両もあります。
(写真1 湘南工科大学附属高等学校鉄道研究部)
湘南工科大学附属高等学校鉄道研究部

ホームの手前には、釣りをしている人々がいます。
ここの小石の積み方は、いい感じになっていると思います。
(写真2 釣りをしている人々など)
釣りをしている人々など

また、モデルともなっている城端駅は、中まで作っているということを見てもらえるように、屋根がずらされていました。
(写真3 JR城端線城端駅)
JR城端線城端駅

つぎは、“5月(休日のひととき)”というタイトルの「星翔高等学校 機械研究部」の作品です。
新緑の季節の温かい休日のひとときを表現しています。
(写真4 星翔高等学校 機械研究部)
星翔高等学校 機械研究部

のんびりとした風景の中には、牛の乳搾りをしている様子などもありました。
(写真5 牛の乳搾りをしている様子)
牛の乳搾りをしている様子

つづいては、“自然を体感できるレイアウト”というテーマの「栃木県立宇都宮高等学校 地理部」の作品です。
JR両毛線をモデルにして作られていて、送電線や草木の表現などもすてきです。
(写真6 栃木県立宇都宮高等学校 地理部)
栃木県立宇都宮高等学校 地理部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、つづきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の21回目です。

1校目は、“JR京浜東北線王子駅”を再現した「神奈川大学付属中・高等学校 技術家庭科部」の作品です。
JR線の下を、都電荒川線(東京さくらトラム)がくぐるシーンとなっています。
(写真1 神奈川大学付属中・高等学校 技術家庭科部)
神奈川大学付属中・高等学校 技術家庭科部

角度を変えてると、新幹線ほか、JR各線が高架線上を通っているのが、よくわかります。。
(写真2 JR京浜東北線王子駅)
JR京浜東北線王子駅

2校目は、“JR上越線土樽駅”をテーマにした「藤沢翔陵高等学校 地歴・交通研究部」の作品です。
市販の情景パーツを使いつつ、ホームなどは自作となっています。
(写真3 藤沢翔陵高等学校 地歴・交通研究部)
藤沢翔陵高等学校 地歴・交通研究部

雪の微妙な感じが、各所で上手に表現されています。
(写真4 変電所付近の雪解け)
変電所付近の雪解け

3校目は、“ベトナムのメコン川に鉄道が走ったら”というタイトルの「芝中学芝高等学校 技術工作部」の作品です。
船が主な交通手段のところに、鉄道を通したイメージを作ったものです。
(写真5 芝中学芝高等学校 技術工作部)
芝中学芝高等学校 技術工作部

4校目は、モジュール上に“石が散りばめられている”空想的な「滝中学校・高等学校 滝ジオラマづくりグループ」の作品です。
自然の表現が独特で気になる作品ではないかと思います。
(写真6 滝中学校・高等学校 滝ジオラマづくりグループ)
滝中学校・高等学校 滝ジオラマづくりグループ

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、さらに、つづきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の20回目です。

今回は2校です。まずは、“塩江温泉”をイメージしたという「八洲学園高等学校 創造分野アートプログラム」の作品です。
なかでも、ここの桜をメインにしています。
(写真1 八洲学園高等学校 創造分野アートプログラム)
八洲学園高等学校 創造分野アートプログラム

全体を走行する列車のため、モデルの地域に関係なく小田急の車両が通過していきますが、橋や桜ととてもマツチしています。
(写真2 塩江温泉のイメージのモジュールより)
塩江温泉のイメージのモジュールより

川から見る桜も、とてもすてきです。
(写真3 桜と川)
桜と川

また、カーブ区間の線路沿いに咲く桜も、本当にきれいに見えます。
(写真4 桜と線路)
桜と線路

コーナーのモジュールとして、よくできていますけれど、見る角度によっていろいろな楽しみがあり、今回は5枚の写真を掲載しました。
(写真5 モジュール全体)
モジュール全体

そして、つぎは、1枚でも、すごいインパクトのある“秩父神社”をテーマにした「埼玉県立秩父農工科学高等学校 電気システム科 課題研究 鉄道班」の作品です。
ユネスコ無形文化遺産に登録された「秩父夜祭」を表現しています。
また、大きな鳥居も、作品に力を与えているような気がします。
(写真6 埼玉県立秩父農工科学高等学校 電気システム科)
埼玉県立秩父農工科学高等学校 電気システム科

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、まだ、つづきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の19回目です。

はじめは、“中央本線と猿橋の宿場町”というタイトルの「東京都立戸山高等学校 地理歴史部」の作品です。
1900年代前半の大月市(山梨県)猿橋付近を表現したものです。
(写真1 東京都立戸山高等学校 地理歴史部)
東京都立戸山高等学校 地理歴史部

刎橋や鉄橋のほか、猿橋宿や民家にはドラマがあります。
(写真2 猿橋の宿場町)
猿橋の宿場町

2校目は、鶴見線の“新芝浦駅”を再現した「正則学園高等学校 鉄道同好会」の作品です。
支線の終点である海芝浦駅のひとつ手前の駅で、専用線への引き込み線などにも目を向けています。
(写真3 正則学園高等学校 鉄道同好会)
正則学園高等学校 鉄道同好会

3校目は、“昭和の風情残る二子玉川”というタイトルの「城西大学附属城西高等学校 科学部」の作品です。
東急田園都市線の二子玉川駅~用賀駅間を表現しています。
(写真4 城西大学附属城西高等学校 科学部)
城西大学附属城西高等学校 科学部

4校目は、“東海道 旧戸塚大踏切”というタイトルの「日本大学藤沢高等学校 鉄道研究部」の作品です。
開かずの踏切だった頃の東海道線戸塚駅付近を、コーナーのモジュール上に作ったものです。
(写真5 日本大学藤沢高等学校 鉄道研究部)
日本大学藤沢高等学校 鉄道研究部

5校目は、“失われた技術(テクノロジー)”というタイトルの「多摩大学目黒中学・高等学校 クラフト部」の作品です。
線路のサイドにある木々の中に古い車両があり、朽ちた様子で表現しています。
(写真6 多摩大学目黒中学・高等学校 クラフト部)
多摩大学目黒中学・高等学校 クラフト部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、もうしばらく続きます。