にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
このイベントも掲載がだいぶ開いてしまいましたが、2017年12月9日(土)に、JR総武線両国駅3番線で開催れた「B.B.BASE 車両展示会」の続き3回目・最終回です。

209系2200番台の“B.B.BASE”の前には、キャンペーンガールも配置するという力の入れようです。
(写真1 B.B.BASEとキャンペーンガール)
B.B.BASEとキャンペーンガール

背後に見える車両は、ドアや窓が一部塞がれていますが、大きなディスプレイなどが設置されていたりします。
(写真2 大きなディスプレイ)
大きなディスプレイ

ちなみに、側面の行先表示器は、フルカラーへの変更はなく、そのまま従来の3色表示でした。
(写真3 LED行先表示器)
LED行先表示器

あと、この展示会では、見学者通路の仕切りまで、特別な幕が用意されました。
(写真4 見学者通路の仕切り)
見学者通路の仕切り

両国駅3番線の江戸の街が描かれた華やかなホームや駅名標も、お祝いムードを盛り上げくれます。
(写真5 両国駅3番線の駅名標)
両国駅3番線の駅名標

JR千葉支社マスコットキャラクター“駅長犬”と、B.B.BASEの案内板も、千葉らしい配色でよい感じです。
(写真6 イベントの案内板)
イベントの案内板

運行開始も、もう間もなくとなりました。
登場時は、何かと評判のよろしくなかったか209系(0番台)も、リニューアルするごとに、魅力的になっていると思います。
2017年12月9日(土)に、JR総武線両国駅3番線で開催れた「B.B.BASE 車両展示会」の続き2回目です。

まだ、そんなに遅い時間ではありませんが、冬で日中の時間が最も短い時期ですので、すでに夕日になりかけています。
(写真1 B.B.BASE 両国駅)
B.B.BASE 両国駅

さて、この車両の特徴である設備のサイクルラックには、実際に自転車を収納しての展示で、イメージがはっきりとわかります。
(写真2 サイクルラックに収納された自転車)
サイクルラックに収納された自転車

サイクルラックへの搭載方法については、ステッカーを貼って案内しています。
(写真3 サイクルラックの使用方法)
サイクルラックの使用方法

このほか、旅を快適にする設備として、2100番台と同様にトイレがつけられました。
(写真4 トイレ)
トイレ

また、洗面台もシンブルできれいです。
(写真5 洗面台)
洗面台

モハ208の側面は、ドアや窓が広範囲で塞がれています。
(写真6 モハ208の側面)
モハ208の側面

B.B.BASE 車両展示会は、あと1回つづきます。
「都営フェスタ2017 in 浅草線」と同じ2017年12月9日(土)に、JR総武線両国駅3番線では、「B.B.BASE 車両展示会」が開催されました。
(写真1 B.B.BASE 車両展示会 総武線両国駅)
B.B.BASE 車両展示会 総武線両国駅

B.B.BASEは、「BOSO BICYCLE BASE」を略したもので、サイクリストを対象にしたイベント列車がお披露目されました。
(写真2 B.B.BASEと総武緩行線)
B.B.BASEと総武緩行線

0番台から、2100番台(この編成は2200番台)へと改造された209系は、すでに房総地区で活躍していますが、内装・外装ともにさらに大幅にリニューアルされて格好いい車両になりました。
(写真3 B.B.BASE 209系2200番台 側面)
B.B.BASE 209系2200番台 側面

車両の側面には、もちろんJRマークが付いています。
(写真4 JRマーク)
JRマーク

また、号車表示をデザイン化して、大きく、はっきりと分かるようになっています。
(写真5 号車表示のデザイン)
号車表示のデザイン

車内の様子も、驚くほどのすてきなデザインとなっています。
(写真6 車内の様子)
車内の様子

B.B.BASE 車両展示会は、実際に自転車を乗せた車内の様子へとつづきます。
2017年8月26日(土)に、東京都品川区にあるJR東日本の東京総合車両センターにて、夏休みフェア2017が開催されました。
このイベントの様子を記録している続きの5回目・最終回です。

E235系が量産されるようになり、E231系500番台も転属が多くなってきそうです。
このため、山手線や中央・総武緩行線用の車両も手が入れられます。
(写真1 E231系500番台)
E231系500番台

同じ建物の中では、いくつかの催し物があり、その一つが「ドア開閉操作体験」です。
(写真2 ドア開閉操作体験)
ドア開閉操作体験

こんな、モックアップが家にあると楽しいそうですけれど、なかんなかそうもいきません・・・。
(写真3 側引戸モックアップ)
側引戸モックアップ

そんなことから、年に一度、イベントでいろいろと体験できるのは、とてもありがたいと思います。
各コーナーとも人気で、終わりの方になっても、待ち時間がかなりあります。
(写真4 待ち時間表示)
待ち時間表示

もとの場所にもどりますが、パンタグラフの展示や、上げ下げの体験などもありました。
(写真5 パンタグラフ)
パンタグラフ

展示といえば、ちょっと地味ですが、最近はとても静かになったコンプレッサーなども、気になるところです。
(写真6 コンプレッサー)
コンプレッサー

このほか、入場中の電車を前に、本物の運転台で運転ゲームができるのは、とても豪華な感じがします。
(写真7 運転台操作体験)
運転台操作体験

最後は、入口付近の京浜東北線で活躍したクハ901-1号車(901系/209系)で締めくくります。
(写真8 クハ901-1号車)
クハ901-1号車

今年は、途中で(あるところの)お手伝いをすることになったので、トイ・トレイン(プラレール)や鉄道模型のコーナーなどは、見ることができませんでしたが、十分に楽しませていただきました。

プラレールといえば、物販コーナー某所で、新品が半値以下の1200円で売られていました。限定ものが余りだしているという話も聞きますので、プラレールアドバンスもほぼ休止状態ですし、今後が気になることろです。

また、来年も、東京総合車両センターへ出かけることができるといいなと思っています。
2017年8月26日(土)に、東京都品川区にあるJR東日本の東京総合車両センターにて、夏休みフェア2017が開催されました。
このイベントの様子を記録している続きの4回目です。

たくさん製造されているE233系の中でも、東京メトロ千代田線や小田急線に乗り入れることから、幅広ではなく、209系0番台をイメージするようなE233系2000番台の先頭車両が1両で展示されていました。
(写真1 E233系2000番台)
E233系2000番台

側面からも見ても、とても美しいスタイルです。
(写真2 E233系2000番台 側面)
E233系2000番台 側面

E233系2000番台の近くには、イベントではなじみのある黄色い運搬車(ノントラ)もお供します。
(写真3 車両移動用の運搬車)
車両移動用の運搬車

そして、これらの先に見えていたのは、トラバーサーです。
また、この奥では、中央線のE233系を使用した車掌体験が行われていました。
ちなみに、トラバーサーというと、京急の久里浜工場のイメージが強いのは不思議なものです。
(写真4 トラバーサーとE233系の車掌体験)
トラバーサーとE233系の車掌体験

さらに、この場所に向かう途中には、カーテン越しにぼんやりと見えるE231系0番台もいい感じでした。
(写真5 E231系0番台)
E231系0番台

ここで、ぐるっと回ってきて、先ほどのE233系2000番台の並びになりますが、台車組立作業実演が行われていました。
(写真6 台車組立作業実演の案内)
台車組立作業実演の案内

大きなクレーンが動き、上の方で操作している様子が見えます。
(写真7 台車組立作業実演の様子)
台車組立作業実演の様子

台車の展示の展示もあり、構造がよくわかります。
(写真8 台車の展示)
台車の展示

東京総合車両センター 夏休みフェア2017の話題は、あと1~2回くらいでまとめる予定です。