にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
再び、更新間隔が開いてしまい、申し訳ありませんでした。

さて、なんとか合間を縫って、KATO(鉄道模型・Nゲージ)103系高運転台非ATC車カナリア色 中央・総武線各駅停車の方向幕製作(自作)を行いました。
今回作ったのは、「中野」と「千葉」で、先頭車両がまだ1両なので、千葉のお披露目は別の機会にします。
(写真1 KATO Nゲージ・103系 中央・総武緩行線用方向幕)
KATO Nゲージ・103系 中央・総武緩行線用方向幕

運行番号も合わせて、作業を行っていますので、次回は、JRマークの貼り付けか、南武線の中間車と同じく屋根の塗装を行うことになると思います。
(写真2 KATO 103系高運転台非ATC車 次の作業目標)
KATO 103系高運転台非ATC車 次の作業目標

まずは、行先方向幕と運行番号が入ることで、それらしくなってきました。
いろいろと忙しく、疲労もひどかったため、せっかくのご訪問に申し訳ありませんでしたが、数日間、更新をお休みさせていただきました。いつも、ありがとうございます。

ここから、本題です。
激安にも拘わらず、たばこのヤニ汚れのひどい中古品のため、しばらく複数売れ残っていたTOMIX(鉄道模型・Nゲージ)のポイントを、清掃して使えるか試そうと入手しました。
結論から先に書きますと、思っていた以上の成果を得られて、使えるポイントが増えたので、TOMIX・E233系1000番台 京浜東北線とKATO・E231系500番台 山手線を使って、車庫のように配線してみました。
(写真1 ポイントを通過するTOMIX・E233系とKATO・E231系)
ポイントを通過するTOMIX・E233系とKATO・E231系

まずは、先行して清掃を行ったものと、開封しただけのポイントを並べての比較で、色の違いがはっきりとしています。
また、清掃前のポイトンは、顔を近づけなくても、強烈なにおいが襲ってきます。
(写真2 ヤニで汚れたポイントと清掃後のポイント)
ヤニで汚れたポイントと清掃後のポイント

そして、ここから手順になりますが、ポイントの清掃には、ケースで実績のある液体洗濯洗剤を使いました。
デリケートな構造で、電気も通すポイントは、洗剤と水でジャブジャブ洗うわけにはいきませんので、綿棒とウエットティッシュで、丁寧にこすりながら、汚れをふき取っていきます。
(写真3 液体洗濯洗剤)
液体洗濯洗剤

表面がきれいになったら、裏面や、ポイトンを分解して内部も清掃します。
せっかくふたを開けたので、内部の金属部分には接点剤を塗って、通電をよくして錆びも防止します。
(写真4 ポイントを分解して内部の清掃と点検)
ポイントを分解して内部の清掃と点検

そして、どうにもならなかったのは、駆動ユニットのコードです。ヤニを含めた悪臭は、残念ながら、洗濯洗剤でも落とすことができませんでした。
そのため、自作の切替機のコネクタとして使った延長コードの残りで、ポイント側のコネクタ+コードがたくさんありますので、基板からハンダを溶かしてコードを抜いて、未使用部分のものと交換します。
なお、作業のために基板を外すことができますが、コイルから基板まできている線がとても細いので、切らないように注意が必要です。
(写真5 コードの付け替え)
コードの付け替え

清掃が完了すると、臭いもなくなり、色もきれいになりました。
動作と通電のチェックを行って、問題ないことを確認します。
(写真6 ポイントの清掃完了)
ポイントの清掃完了

隙間もしっかりと清掃することと、4つも手がけたことから、多少時間はかかりましたけれど、一度にポイントを増やすことができましたので、やりがいがありました。
今後、車庫や駅などのイメージ作りに役立っていくと思います。
新たに、KATO(鉄道模型・Nゲージ)103系非ATC車カナリア色が加わりました。
中央・総武緩行線にしようと考えているところです。
(写真1 KATO 103系非ATC車カナリアとオレンジ)
KATO 103系非ATC車カナリアとオレンジ

編成は、10両すべてそろえるのではなく、すでにある、南武線(ATC車)の編成と中間車を共用するつもりです。
(写真2 KATO 103系非ATC車 総武線予定と南武線)
KATO 103系非ATC車 総武線予定と南武線

中央快速線や南武線と同じく、屋根上の塗装や方向幕のシールを作って、仕上げていく予定です。
(写真3 KATO 103系高運転台非ATC車とATC車)
KATO 103系高運転台非ATC車とATC車

作業が進みましたら、また、掲載します。
自作室内灯の取り付けを進めている鉄道模型(Nゲージ)は、KATO E231系500番台山手線の8両まで、作業が終わりました。
(写真1 KATO E231系500番台山手線 自作室内灯)
KATO E231系500番台山手線 自作室内灯

窓が、濃いめのグリーンのKATO製には、これまでと同じく、色温度が高くなるように、白色LEDの光り方を調整しています。
(写真2 KATO E231系500番台 自作室内灯・中間車)
KATO E231系500番台 自作室内灯・中間車

なお、あと3両(モハE23-500、モハE230-500、サハE231-500)は、車両自体が無いため、入手してからの作業となります。
(写真3 KATO E231系500番台 10号車)
KATO E231系500番台 10号車

始発列車の時間帯のような風景など、室内灯の点灯化で、いろいろなシーンが楽しめます。
(写真4 KATO E231系500番台山手線 室内灯点灯)
KATO E231系500番台山手線 室内灯点灯

これで、ほとんどの車両の室内灯点灯化が済みましたので、細かい調整や特殊な車両のライト点灯化を進めて行く予定です。
TOMIX (鉄道模型・Nゲージ)木造駅舎セットを入手しました。
昔からある情景パーツの一つで、現在も発売されているものです。
(写真1 TOMIX 木造駅舎セットと建物コレクション)
TOMIX 木造駅舎セットと建物コレクション

木造駅舎セットは分割できますが、基本はホームの高さまで、先に階段をあがるものとなっています。
(写真2 木造駅舎セットと鉄コレ静岡鉄道)
木造駅舎セットと鉄コレ静岡鉄道

列車がいると改札から見えるシーンもすてきです。
(写真3 改札から見える静岡鉄道モハ20)
改札から見える静岡鉄道モハ20

プラットホーム側から見ても、癒される雰囲気です
(写真4 木造駅舎ホーム側)
木造駅舎ホーム側

はじめの写真は、セットを分割したものですが、改札を通ってから階段をあがるというイメージもいいなと感じます。
(写真5 ホームへのイメージ)
ホームへのイメージ

付属のシールの駅名は、“井中駅”で、田舎のイメージはぴったりな定番商品だと思います。
(写真6 木造駅舎セットの付属品)
木造駅舎セットの付属品

固定のジオラマ製作開始までには少し時間が必要ですが、置いてみるだけでも楽しめますので、これまでのように少しずつ集めていくつもりです。