にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
中央線の車両が所属するJR東日本の豊田車両センターは、一般公開なども行われることから人気の場所の一つですが、周辺に大きな変化が起きています。
(写真1 豊田車両センター 2018年1月)
豊田車両センター 2018年1月

それは、中央線をまたぐ道路の建設が進み、これまで更地だったところに大きな橋脚が出来上がってきました。
(写真2 新しい道路の橋脚)
新しい道路の橋脚

ここは、豊田車両センターの裏側でもあり、撮影スポットとしても知られている中央線の平山第三踏切の脇です。
(写真3 踏切を通過する武蔵野線205系)
踏切を通過する武蔵野線205系

踏切の先にも、橋脚がつくられていて、あっという間に道路ができそうな感じになってきました。
おそらく、このあたりの風景が大きく変わることになるかと思います。
(写真4 平山第三踏切)
平山第三踏切

ちなみに、なぜここに行ったかといいますと、ブログなどでお世話になっている「ロケッこがゆく」のrockeccoさんが、雪が積もったので、ご家族とご近所の皆さん向けに、鉄道おもちゃの“プラレール”を広げます!ということで、お誘いをうけて近くまで出かけたからでした。
(写真5 雪の中のプラレール)
雪の中のプラレール

ラッセル車や現美新幹線など、雪にピッタリの車両が走行します。
そして、雪像も楽しみにしていたのですが、そちらは、流石に解けてしまったとのことでした・・・。
(写真6 プラレール 現美新幹線)
プラレール 現美新幹線

また秋に、センターまつりに行くことができれば、またちがった景色を見ることになると思います。
所用で東海道新幹線を利用して大阪へ行った際に、神戸・京都なども含め、鉄道も楽しんできた話題の23回目です。

次の目的地へ向かうため、阪急電車の河原町駅へと向かうことになりました。
(写真1 阪急 河原町駅)
阪急 河原町駅

阪急京都線に少し乗ることになります。
(写真2 車内ドア上部のLCD)
車内ドア上部のLCD

さて、その前は、前回の続きになりますが、京阪電車の神宮丸太町駅で下車していました。
(写真3 鴨川の案内)
鴨川の案内

駅前で、鴨川に架かる丸太町橋を渡って、用件のある場所へ向かいました。
(写真4 丸太町橋)
丸太町橋

途中、京都市交通局の市バスもたくさん通ります。
(写真5 京都市バス)
京都市バス

やはり、鴨川の景色はすてきだと思いつつも、空がとても怪しくなっていました。
しかしながら、何とか京阪の駅まではもどることができて、祇園四条駅へ向かい、そこで、阪急(河原町駅)に乗り換えとなったというわけです。
(写真6 鴨川)
鴨川

“関西へ2017年春”は、あと少し続きます。
所用で東海道新幹線を利用して大阪へ行った際に、神戸・京都なども含め、鉄道も楽しんできた話題の22回目です。

八幡市駅(石清水八幡宮)を後にして、再び、京阪電車に乗って「神宮丸太町」駅へ向かいます。
(写真1 神宮丸太町駅)
神宮丸太町駅

あまり車両がいないのは残念ですが、途中、車両基地を見たりしながら目的地へ向かいます。
(写真2 京阪電車の車両基地)
京阪電車の車両基地

神宮丸太町駅の直前に乗ったのは、京阪5000系です。
(写真3 京阪5000系)
京阪5000系

昇降する座席を持つ、特徴ある車両です。
(写真4 京阪5000系 昇降する座席)
京阪5000系 昇降する座席

ラッシュ時にドアを開閉する際には、座席位置が上がる仕組みです。
(写真5 京阪5000系 ラッシュ時の座席位置)
京阪5000系 ラッシュ時の座席位置

神宮丸太町駅で下車して、次の目的地へ向かいます。
(写真6 神宮丸太町 駅名看板)
神宮丸太町 駅名看板

“関西へ2017年春”は、鴨川を見ながら要件を済ませて、阪急電車へとつづきます。
所用で東海道新幹線を利用して大阪へ行った際に、神戸・京都なども含め、鉄道も楽しんできた話題の21回目です。

石清水八幡宮からのもどりは、男山ケーブル線を使わずに、徒歩にて表参道を通って(裏参道もあり)駅へ向かいます。
(写真1 八幡市駅を通過する3000系)
八幡市駅を通過する3000系

美しい竹林は、八幡市やボランティアの協力により、整備されています。
(写真2 竹林)
竹林

また、山から降りていく途中では、木々の間からきれいな景色が見られます。
(写真3 木々の間から見える景色)
木々の間から見える景色

山を降り、少し駅方面へ歩きますと、すてきな「安居橋」があります。
(写真4 安居橋)
安居橋

放生川に掛かる橋で、さざなみ公園として整備された川沿いに駅方面へ向かいます。
(写真5 放生川)
放生川

途中、やはた走井餅老舗や、駅前のモニュメントを見て、再び、京阪電車の八幡市駅ホームにもどってきました。
(写真6 京阪2400系)
京阪2400系

“関西へ2017年春”は、京阪電車で神宮丸太町駅へつづきます。
今日までは、正月三が日ということで、初詣に行かれた方も多いと思いますので、昨日に続きますが、所用で東海道新幹線を利用して大阪へ行った際に、神戸・京都なども含め、鉄道も楽しんできた話題の20回目です。

徒然草などでも有名な、石清水八幡宮ですけれど、実は初めての訪問となります。
(写真1 石清水八幡宮 本社)
石清水八幡宮 本社

はじめての八幡様は、石清水八幡宮の勧請元の、宇佐神宮(大分県宇佐市)で、子供の頃より何回かお参りしています。
また、神奈川県民ですから、石清水八幡宮から勧請した鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)は、数え切れないほど行っていますけれど、石清水八幡宮(京都府八幡市)は、この歳になってようやくお参りすることができました。
(写真2 石清水八幡宮の案内)
石清水八幡宮の案内

初の石清水八幡宮に、おみくじを引いたり、いろいろとワクワクしていたところ、何かが始まる気配です。
(写真3 何かが始まる気配)
何かが始まる気配

御本殿から神職の方々が大勢出てきました。
(写真4 本殿から神職の方々が出くるところ)
本殿から神職の方々が出くるところ

そして、神職の行列となり、すてきなシーンを見ることができました。
この間に、不思議なことがあって、いろいろと感動しました。
(写真5 神職の行列)
神職の行列

このあと、石翠亭でお食事をいただいて、ネコのお見送り付きで、石清水八幡宮をあとにします。
(写真6 石清水八幡宮の鳥居)
石清水八幡宮の鳥居

次回の関西へ2017年春は、石清水八幡宮から別ルートで、京阪電車・八幡市駅までのもどりを予定しています。