にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の8回目です。

はじめは、“金閣寺-思い出に映る日本の美”というタイトルの「青陵中学校・高等学校 鉄道自動車部」の作品です。
水面とレールの兼ね合いもよく、まさに“美”を感じます。
(写真1 青陵中学校・高等学校 鉄道自動車部)
青陵中学校・高等学校 鉄道自動車部
※コンテストの参加団体名表記は、「青陵中学校高等学校 鉄道自動車部」となっています。

別の角度から見てもリアルで、しっかりと作られています。
(写真2 金閣寺)
金閣寺

つぎは、“都電荒川線(東京さくらトラム)”をイメージした「東京都立産業技術高等専門学校 荒川キャンパス 鉄道ジオラマ同好会」の作品です。
路面電車の軌道区間の沿線をモジュールにしています。
(写真3 東京都立産業技術高等専門学校 荒川キャンパス)
東京都立産業技術高等専門学校 荒川キャンパス

線路わきには、いろいろな建物があり、中には、建設中のシーンもあります。
(写真4 鉄道ジオラマ同好会の作品から)
鉄道ジオラマ同好会の作品から

また、学校は、グランド中が見える教室もすてきです。
(写真5 教室の中)
教室の中

つづいては、駅前に“観覧車”のある「日本大学豊山高等学校 日大豊山有志」の作品です。
駅名は“希望ヶ丘NT”となっていますが、実際の情景からも、相鉄線の希望ヶ丘駅とは関係ないようです。
なお、本物の葉っぱを使っているのではないかと思われる木の作り方も面白いところです。
(写真6 日本大学豊山高等学校 日大豊山有志)
日本大学豊山高等学校 日大豊山有志

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだたくさんの作品があります。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」から、モデラー出展の3回目です。

今回は、出展ブース斜めお隣の「黒柳鉄道」の皆さんで、戦後の昭和時代を象徴するレトロなジオラマです。
(写真1 第19回 国際鉄道模型コンベンション~黒柳鉄道)
第19回 国際鉄道模型コンベンション~黒柳鉄道

茶色い(ぶどう色の)旧形国電や、それから改造された配給車など、古い街並みがなつかしさを感じさせます。
(写真2 昭和な情景と配給車)
昭和な情景と配給車

広いレイアウトの奥には、目立つ色の箱根登山鉄道の電車も見えます。
(写真3 旧形国電と箱根登山鉄道)
旧形国電と箱根登山鉄道

登山電車が走っているのは、平地ばかりではなく、高低差のある山の情景もあるためです。
(写真4 山から見下ろした風景)
山から見下ろした風景

ロープウェイもあって、実際の高さをより感じさせます。
(写真5 ロープウェイ)
ロープウェイ

びっしりと詰まった情景から、平地に目を向けると、線路際に建つ家々とそこに暮らす人々の姿があります。
(写真6 線路際に建つ家々)
線路際に建つ家々

釣り堀などもあり、どのシーンも本当に細かいところまで仕上げてあります。
(写真7 釣り堀)
釣り堀

駅も何か所かありますが、都会の駅から地方の駅まで、いろいろな様子を楽しむことができます。
このほかにも、小動物なども配置されていたり、遊び心たっぷりの大きなジオラマです。
(写真8 駅とガソリンスタンド)
駅とガソリンスタンド

第19回 国際鉄道模型コンベンション~モデラー出展よりは、ご紹介できるのは一部ではありますが、もう少し続きます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の7回目です。

1校目は、信越本線の“古津~新津付近”をイメージした「開智日本橋学園中学校・高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
踏切付近の情景は、かなり、しっかりと作られています。
(写真1 開智日本橋学園中学・高等学校 鉄道研究同好会)
開智日本橋学園中学校・高等学校 鉄道研究同好会
※コンテストの校名表記は、「開智日本橋学園中学校・高等学校 鉄道研究同好会」となっています。

田園風景の広がるところの直線区間がモジュールとなっています。
(写真2 信越本線のモジュールから)
信越本線のモジュールから

接続部分に作られている家も、雪の感じがリアルです。
(写真3 雪が積もる家)
雪が積もる家

2校目は、わたらせ渓谷鉄道の“水沼駅”をモデルにした「立教池袋中学校・高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
温泉のある駅の再現にもこだわっています。
(写真4 立教池袋中学校・高等学校 鉄道研究同好会)
立教池袋中学校・高等学校 鉄道研究同好会

桜が咲くシーズンの川と踏切付近のシーンは、春らしく明るい感じがしてきれいです。
作品には“山桜と水観の小駅”というタイトルがつけられています。
(写真5 桜が咲く踏切付近)
桜が咲く踏切付近

3校目は、“京の街の入口”というタイトルの「京都市立京都工学院高等学校 鉄道研究部」の作品です。
留置線に留まる複数の電車や新幹線と、京阪電車が交差する迫力のあるシーンとなっています。
(写真6 京都市立京都工学院高等学校 鉄道研究部)
京都市立京都工学院高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだまだ続きます。
箱根登山鉄道を中心に、あじさいの季節となった“箱根”(神奈川県足柄下郡箱根町)、2018年6月の話題の続き11回目です。

芦ノ湖の箱根海賊船から元箱根港で下船して向かったのは、箱根神社です。
ここも、以前とはちがい、日本人を探すのが大変なくらい、アジアを中心とした外国の人ばかりでした。
(写真1 箱根神社)
箱根神社

かながわの名木100選にも選ばれている立派な「矢立のスギ」などもあり、景色のよさや空気の澄み具合は格別です。
(写真2 かながわの名木100選 矢立のスギ)
かながわの名木100選 矢立のスギ

箱根神社を中心に、箱根を案内する「箱根ジオパーク」という案内板もあります。
(写真3 箱根ジオパーク案内板)
箱根ジオパーク案内板

久しぶりに箱根神社にも足を運ぶことができて一安心といった感じで、時間もいい時間になりましたから、箱根湯本駅までバスに乗ろうとしましたら、またまた、海外からの観光の方でいっぱいで、何本もバスを待たなくてはなりませんでした。
そこで、あまり並んでいなくて、ちょうど入ってきた強羅駅行きのバスに乗車することにしました。2回目の強羅駅となります。
ちなみに、このバスは、アジア以外の方も多かったですけれど、やはり日本語を話さない人ばかりです…。
(写真4 芦ノ湖・元箱根)
芦ノ湖・元箱根

ある意味、もう一度箱根登山鉄道を楽しめるということで、しばらくバスに揺られて、強羅駅に到着しました。
すでに、お店の前に猫の姿がなかったのは残念ですが、遅くならないように帰宅を急ぎます。
(写真5 箱根登山鉄道 強羅駅)
箱根登山鉄道 強羅駅

改札を通ると、そこで待っていた車両はは、唯一の吊り掛け(駆動)式の編成、103‐107でした。
今回は、ケーブルカーには乗車せずにお別れとなり、強羅駅を後にします。
(写真6 箱根登山鉄道 事業用車とモハ103)
箱根登山鉄道 事業用車とモハ103

2018年初夏の箱根の話題は、次回が最終回となります。また、鉄道模型コンテストの話題の続きも掲載の予定です。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の6回目です。

まずは、“和の街~京の風物詩~”というタイトルの「関東学院六浦中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
京都をイメージした街は、たくさんの人々で賑わっています。
(写真1 関東学院六浦中学校・高等学校 鉄道研究部)
関東学院六浦中学校・高等学校 鉄道研究部

また、和風の店舗などには、それに合うようにLEDの照明が点灯して、より雰囲気を出しています。
(写真2 照明がきれいな店)
照明がきれいな店

モジュール全体を見ると、川に架かる鉄橋のシーンもあります。
(写真3 和の街をイメージするジオラマ全体)
和の街をイメージするジオラマ全体

手前側は、寺院と踏切、そして、駅の一部である改札付近のみが作られています。
(写真4 駅付近の様子)
駅付近の様子

つぎは、“会津鉄道”をテーマにした「茨城県立並木中等教育学校 鉄道研究同好会」の作品です。
かやぶき屋根の湯野上温泉駅をモチーフにしています。
(写真5 茨城県立並木中等教育学校 鉄道研究同好会)
茨城県立並木中等教育学校 鉄道研究同好会

桜のシーズンを表現したモジュールとなっています。
(写真6 会津鉄道をテーマにした作品から)
会津鉄道をテーマにした作品から

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、別の話題などを入れて、しばらく続きます。