にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~1畳レイアウト部門の3回目です。

1校目は、“江ノ電(江ノ島電鉄)”の沿線をテーマにした「早稲田高校 鉄道研究部」の作品です。
1畳の中に凝縮された湘南の風景がすてきです。
(写真1 早稲田高校 鉄道研究部)
早稲田高校 鉄道研究部

まずは、JR横須賀線との乗換駅にもなっている鎌倉駅です。
特徴のある駅舎も、ミニサイズでまとまっています。
(写真2 JR横須賀線・江ノ島電鉄 鎌倉駅)
JR横須賀線・江ノ島電鉄 鎌倉駅

単線の江ノ電は、各所で対向列車の待ち合わせ(列車交換)を行いますが、そんな様子も見ることができます。
(写真3 対向列車の待ち合わせ)
対向列車の待ち合わせ

また、背後に湘南モノレール(湘南江ノ島駅)が見えるあたりの丘には、江ノ電をはじめとする関連各社のキャラクターも作られています。
(写真4 丘の上の鉄道キャラクター)
丘の上の鉄道キャラクター

1校目は、“路面電車”が通る街の「海城中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
少し前の都電荒川線をモチーフにしたような感じのレイアウトです。
(写真5 海城中学高等学校 鉄道研究部)
海城中学高等学校 鉄道研究部

メインの路面電車は車庫のシーンもあります。
(写真6 路面電車の車庫)
路面電車の車庫

鉄道模型コンテスト2018~1畳レイアウト部門は、まだ、続きます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~1畳レイアウト部門の2回目です。

まずは、スタジオジブリのアニメーション映画“天空の城ラピュタ”をテーマにした「白梅学園青修中高一貫部 鉄道模型デザイン班」の作品です。
(空中)海賊のドーラ一家に追われる炭鉱の街のシーンを再現しています。
(写真1 白梅学園青修中高一貫部 鉄道模型デザイン班)
白梅学園青修中高一貫部 鉄道模型デザイン班

橋の下から空まで、1畳のスペースを十分に生かしています。
(写真2 天空の城ラピュタのシーンから)
天空の城ラピュタのシーンから

ポイントとなるシーンは、詳細に作られています。
(写真3 詳細なシーンの作り)
詳細なシーンの作り

木で組まれた橋など、アニメのシーンを見事に立体化していて、トロッコの車両も実際に走行します。
(写真4 アニメのシーンを見事に立体化)
アニメのシーンを見事に立体化

つづいては、“郷愁の一夏”というタイトルの「鎌倉学園中学高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
地方私鉄のローカルな景色をレイアウトにしています。
(写真5 鎌倉学園中学高等学校 鉄道研究同好会)
鎌倉学園中学高等学校 鉄道研究同好会

路線バスが通過するシーンなど、どこも、のんびりした山の風景を楽しむことができます。
(写真6 のどかな風景)
のどかな風景

鉄道模型コンテスト2018~1畳レイアウト部門は、もう少し続きます。
昔、音楽関係のことをしていたことがあり、その時に使っていたKORGのチューナー AT-1を今も持っています。
鉄道(模型)関係では、経験も道具も使わなくなるかと思っていましたが、時代も変わり、駅メロディーや通称:ドレミファインバーター(車両)など、それらが何かと役に立つことも多々あります。

そんなこともあって、チューナー「AT-1」も使い続けている道具の一つですが、ついに調子が悪くなって、あきらめる前に修理できるかチェックすることにしました。
(写真1 KORG チューナー AT-1)
KORG チューナー AT-1

購入した当時は相対的に高く感じましたし、新たに買うほどの登場機会もないので、ひとまず、開けてみることにします。
(写真2 コルグ チューナー AT-1を開ける)
コルグ チューナー AT-1を開ける

昔の製品ですので、ねじを外せば、すんなりと開けることができます。
(写真3 AT-1の内部)
AT-1の内部

基板を外して、大体の仕組みを把握して、怪しいところを順にチェックしていきます。
(写真4 AT-1の基板)
AT-1の基板

結果的には、電池のスナップ(接触不良)だけが問題でしたので、手持ちのものと交換するだけで、問題なく使えるようになりました。
(写真5 故障部分の電池スナップ)
故障部分の電池スナップ

いつものことですが、捨てる前に、ちょっと悪あがきをしてみるのも、いいかもしれないと思うところです。
(写真6 交換した電池スナップと006P電池)
交換した電池スナップと006P電池

直ったところで思い出したのは、当時は電源アダプターを買おうとは考えませんでしたが、しかしながら、電池の消費も激しかったので、今なら買わなくても9Vの電源が余っていると張り切ったところ、最近すっかり見ないと思っていた“センターマイナス”(極性)でした。
(写真7 センターマイナスのアダプター表示)
センターマイナスのアダプター表示

そのままでは使えませんので、信号機関連の製作後にばらした部品を使って、極性変換コードを自作しました。
これで、+-(極性)を入れ替えることができ、動作も確認してひと安心です。
(写真8 自作の極性変換コード)
自作の極性変換コード

おまけですが、ヴァイオリン ピッチパイプも一緒にしまっていました。
こちらは、チューナーとちがって、最近は全然でもありませんし、今のところ使う予定もありませんが、まだきれいなものなので、一緒に取っておくことにします。
(写真9 ヴァイオリン ピッチパイプ)
ヴァイオリン ピッチパイプ

はじめにも触れましたけれど、鉄道(鉄道模型)にかかわっている限り、これからもチューナーは、時折、あると便利なことがあるはずなので、大切に使っていきたいと思います。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の48回目・最終回です。

まずは、“ギリシャの夏”というタイトルの「東京都立三鷹中等教育学校 鉄道研究同好会」の作品です。
アテネの市街地を通る鉄道風景を表現したものです。
(写真1 東京都立三鷹中等教育学校 鉄道研究同好会)
東京都立三鷹中等教育学校 鉄道研究同好会

沿線の建物がとてもよい雰囲気を出しています。
また、日本の貨物列車ではありますが、妙にマッチしているようにも感じます。
(写真2 アテネの市街地のモジュールから)
アテネの市街地のモジュールから

つぎは、JR中央線“国立駅”を再現した「桐朋高等学校 交通研究部 鉄道研究班」の作品です。
学校の最寄り駅であり、旧駅舎の再築をきっかけとして、モジュールの製作に取り組んだとのことです。
(写真3 桐朋高等学校 交通研究部 鉄道研究班)
桐朋高等学校 交通研究部 鉄道研究班

ホームのつくりや機器類の箱など、細かなところにも力が入っています。
(写真4 JR中央線国立駅)
JR中央線国立駅

最後は、“山奥の線路”というタイトルの「桐朋高等学校 交通研究部 鉄道研究班」の作品です。
夏休みの思い出を、モジュールにて表現しています。
(写真5 帝京中学校・高等学校 模型同好会)
帝京中学校・高等学校 模型同好会

一見合わなそうなE235系の山手線が、出展作品全体を通る車両として通過していきますけれど、同系列は他線にも導入されるようですので、そんな光景が見られることもあるのかもしれません。
(写真6 山奥の線路のモジュールにE235系が通過)
山奥の線路のモジュールにE235系が通過

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、48回にわたり掲載してきましたが、これで終わりとなります。
写真が撮れているものは、すべての参加団体(校)を掲載しています。しかしながら、出展はとても多く、限られた時間の中であるため、残念ながらご紹介ができなかった団体がありましたら、どうかご容赦いただければと思います。

鉄道模型コンテスト2018については、他の部門の掲載(一部は、続き)も予定てします。
あまり無理をしていはいけないところですけれど、やはり好きなことはチャンスがあればということで、簡単な作業として、少し前に手に入れていたジャンク車両のTOMIX(鉄道模型・Nゲージ)モハ209-0の調整をしました。
6編成目用、または5編成目の予備車して活用するつもりです。
(写真1 TOMIX 209系0番台 京浜東北線)
TOMIX 209系0番台 京浜東北線

車両の清掃のほか、パンタグラフ(PS28)やカプラーを取り付けたり、小傷の補修などして完了です。
(写真2 TOMIX モハ209-0 6編成目用)
TOMIX モハ209-0 6編成目用

6編成目は、基本的にイベント用の短い編成のままで構わないので、無理やり10両を目指しませんが、ユニットにはしたいところなので、機会があれば、モハ208-0は手に入れようかと思いました。