にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
前面に塗装の剥がれや小傷のあって格安だった車両、KATO(鉄道模型・Nゲージ)のクハ103-300は、補修完了後、JRマークと自作の方向幕なども貼り終えました。
これにより、山手線103系は、国鉄・JR仕様が揃いました。
(写真1 KATO 103系 山手線 国鉄とJR仕様の先頭車)
KATO 103系 山手線 国鉄とJR仕様の先頭車

この編成は、103系ATC車山手線色10両セットをベースに、JRマークを貼ったATC準備車からの改造車両と今回の補修車両の両先頭車を差し替えることにより、国鉄・JR双方の時代を楽しむことができます。
(写真2 KATO 103系ATC車山手線と差し替え用先頭車)
KATO 103系ATC車山手線と差し替え用先頭車

なお、以前掲載した補修車両のクハ103-300は、JRマーク(今回は、TOMIXの旧製品)と自作方向幕のシールも貼り、さらに見栄えが変わったと思います。
(写真3 補修してJRマークと自作方向幕のシールを貼った車両)
補修してJRマークと自作方向幕のシールを貼った車両

また、車両の差し替えが便利になるように、12両収納できるウレタンにしたケースに収納しました。
(写真4 KATO 103系ATC車山手線色10両セット+2両)
KATO 103系ATC車山手線色10両セット+2両

これで、国鉄とJRの両方に対応した103系高運転台車の編成は、京浜東北線に続き、2路線目となりました。
昨日、照明の故障で撮影が延期となった103系の話題は、前日記事の通り、無事に修理ができましたので、掲載できることになりました。

さて、モハ103+モハ102のユニットに続き、TOMIXの足回りを使う方法を検討している“グリーンマックス(鉄道模型・Nゲージ)の
エボリューションキット103系”のクモハ103形・初期型冷改車(京浜東北線)について、部品取り用になるかと安価で入手したモハ103(山手線)がユニットを組めずに余っているため、この時とばかりに、足回りを専用で使う検討に入りました。
(写真1 GM EVO クモハ103と TOMIX モハ103)
GM EVO クモハ103と TOMIX モハ103

そんなことから、少しの間借りていたクモハ103の床下や台車は、TOMIXのクモハ103 形・初期型非冷房車にもどしました。
(写真2 TOMIX クモハ103 初期型非冷房車)
TOMIX クモハ103 初期型非冷房車

そこで、クモハ103と共通仕様のモハ103床下パーツを使いますが、一つだけちがうところがあり、中間車であるモハ103には、手ブレーキの大鎖車(パーツ)が取り付けられていません。
(写真3 TOMIX クモハ103とモハ103の床下機器)
TOMIX クモハ103とモハ103の床下機器

この表現がなくても、すごく違和感があるわけではないので、そのままでよいとも思いますが、だいぶ前になりますけれど、新しい(床下)セットと交換したKATOのクハ103高運転台の古い床下がいくつか残っていますので、ここからもらって使えないかと考えています。
(写真4 KATO クハ103の床下)
KATO クハ103の床下

このほかに、補修用に入手しておいた分売パーツの配管付きステップや先頭車用のカプラーがありますので、これらを使えば、さらに、EVOキットのよさが表現できるのではないかと期待しています。
(写真5 TOMIX 分売パーツのステップやカプラー)
TOMIX 分売パーツのステップやカプラー

これまでに試していない部分もあることから、うまくいくかはわかりませんが、とりあえずこの方針で、作業を進めてみようと思っています。
鉄道模型などの撮影に、メインで使用している照明の1つが、103系(京浜東北線)の撮影をしようとしたこところ、突然点かなくなってしまいました。
蛍光灯が切れたという感じではないので、急遽、分解して故障個所を見つけることにしました。

まずは、電子回路が収まっている胴体部分を開けました。
ここの開け方がなかなかわからず、ちょっとてこずりましたが、力を入れながらスライドすることで、ようやく回路が出てきました。
(写真1 デスクスタンドライトの回路)
デスクスタンドライトの回路

日本の大手メーカーの名がついた製品ですので、基板上の回路そのものが故障している確率はかなり低いので、タッチセンサのあたりからチェックしていきます。
(写真2 タッチセンサ)
タッチセンサ

あと、気になるところとしては、底面が接していることを確認するスイッチなど、物理的に動く個所を点検していきます。
(写真3 スイッチ)
スイッチ

基板回路の周辺は、とくに問題がなさそうだったので、まさかと思いつつも、蛍光灯付近も分解することにしました。
そうしましたら、かなり予想に反して、太いコードが完全に断線していました。
経年でねじが緩み、本来の角度よりも首を振るようになって、無理がかかっていたようでした。
(写真4 断線箇所)
断線箇所

そこで、はんだ付けを行い、もう一方の線と共に、断線箇所を強化しました。
そして、確認のため、プラグをコンセントに差して、ショートさせないように注意をしながら、タッチセンサに触ったところ、無事点灯し復活しました。
(写真5 蛍光灯点灯確認)
蛍光灯点灯確認

だいぶ使ってきていますが、今ここで買い替えになると、鉄道模型の車両がケースで買えるくらい費用がかかりますので、直って助かりました。
なお、各所のねじも締め直し、掃除もしましたから、これで、まだまだ活躍してくれると思います。
KATO(鉄道模型・Nゲージ)103系高運転台非ATC車の中央・総武線各駅停車(カナリア色)は、先に準備のできていてる“中野”ゆき表示の相方となる“千葉”ゆきの方向幕をつける予定の車両を待っているところでした。

この度、ジャンク品ではありますが、組み合わせるパーツがそろいましたので、製作を開始することにしました。
(写真1 KATO 103系高運転台非ATC車 カナリア)
KATO 103系高運転台非ATC車 カナリア

ひとつ数十円程度のジャンクパーツですので、それなりに問題があります。
また、修正に不安のあるボディなどは、複数集まってからとしました。

さて、ボディを例に作業箇所をいくつか書き出すと、まず、車体に反りがあったりしますので、輪ゴムやマスキングテープで固定して、数週間放置します。
(写真2 KATO 103系高運転台非ATC車の反りを直す)
KATO 103系高運転台非ATC車の反りを直す

また、塗装に拭いただけでは落ちない汚れなどがあったりもしますので、コンパウンドや目の細かい紙やすりで削り取り、少量の同色やクリヤーで再塗装します。
(写真3 塗装汚れの除去)
塗装汚れの除去

このほか、へこみなどがあるものなどは、接着剤やパテで埋めたり修正してから、再塗装となります。
こんな感じて、たいていは、どれかまたは全部が使えるようになるので、少しずつ作業を進めていきます。
(写真4 へこみなど)
へこみなど

なお、先にあって、掲載済みの「中央・総武線各駅停車」も、屋根上の再塗装を除いては、そんなに手を入れていませんが、パーツは組みなおして構成したものです。
(写真5 相方の完成を待つ中央・総武緩行線用の103系)
相方の完成を待つ中央・総武緩行線用の103系

パーツが安価な代わりに手がかかりますが、どのみち、再塗装したりして改造車両にしてしまうものは、コレクター品として成立しないもののほうが気が楽で、再生する喜びもありますので、使い分けて楽しんでいます。

2両目の先頭車の作業が進みましたら、また、掲載する予定です。
4棟同時製作中のグリーンマックス(鉄道模型・Nゲージ)の公団住宅(現:集合住宅)の製作は、仕上げ段階のひとつで、反りを直しているところです。
(写真1 グリーンマックス 公団住宅 反りを直す)
グリーンマックス 公団住宅 反りを直す

先行して製作していた分を、浮いているところを輪ゴムで抑えて放置していたら、反りがとれてきました。
浮く場所がなくなってくると、接着剤で固定する部分を減らすことができるので、メンテナンスが簡単になります。
(写真2 グリーンマックス 公団住宅 製作中 ベランダ側)
グリーンマックス 公団住宅 製作中 ベランダ側

それから、前回、検討中のベランダ窓は、結局、全部を1部屋ごとに分けて貼ることにしました。
全体を1枚のままでも問題なさそうでしたが、手間がかかりつつも、なんとなくこの結論となりました。
(写真3 無塗装キット 公団住宅 ベランダ側の窓)
無塗装キット 公団住宅 ベランダ側の窓

次は、塗装の仕上げ塗りをして、そろそろ、完成となる見込みです。